上杉憲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上杉憲章

上杉 憲章(うえすぎ のりあき、明治9年(1876年11月26日- 昭和28年(1953年1月2日は、日本華族伯爵米沢上杉家15代当主。

来歴・人物[編集]

最後の米沢藩主・上杉茂憲の長男として生まれた。明治15年(1882年)7月、沖縄県令であった父茂憲に従い、沖縄県に転居する。明治16年5月、父茂憲とともに東京に戻る。同年、学習院初等学科に入学する。明治27年、学習院中等学科に入学する。早稲田大学に入学し、東京外国語学校に転学する。明治37年から明治40年までイギリス・ケンブリッジ大学に留学した。帰国後、宮内省御用掛となる。鷹司熙通の長女・房子と結婚したが、大正7年(1918年12月17日に早世したため、近藤廉平の三女・貴子と再婚した。大正8年、家督を相続した。

長男・定憲は大正8年(1919年11月6日に8歳で、次男・資憲は大正4年(1915年6月27日に生後9ヶ月で早世したため、三男・隆憲が父の跡を継ぎ米沢上杉家の当主となった。五男・昭雄は憲章の実弟で米沢新田藩上杉家当主・上杉勝憲の養嗣子となり勝昭と改名した。

宇宙工学者の上杉邦憲は憲章の嫡孫にあたる(邦憲は隆憲の長男)。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第4021号「叙任及辞令」1896年11月21日。
  2. ^ 『官報』第6135号「叙任及辞令」1903年12月12日。
  3. ^ 『官報』第5398号「宮廷録事」1945年1月16日。

参考文献[編集]

  • 『上杉家年表』上杉隆憲、上杉家管理事務所、1993年。


日本の爵位
先代:
上杉茂憲
伯爵
米沢上杉家第2代
1919年 - 1947年
次代:
(華族制度廃止)