上杉憲基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上杉 憲基(うえすぎ のりもと、元中9年/明徳3年(1392年) - 応永25年1月4日1418年2月9日)は、室町時代中期の守護大名。関東管領上野伊豆守護。山内上杉家出身で上杉憲定の長男、佐竹義人の兄。養子(『寛政重修諸家譜』によると猶子)に憲春(犬懸上杉家、禅秀の子)、憲実越後上杉家)。官位は安房守左京亮

生涯[編集]

応永19年(1412年)、父の死により家督を継ぐ。応永22年(1415年)、上杉氏憲(禅秀)が鎌倉公方足利持氏と対立して関東管領を罷免された後、持氏から関東管領に任じられた。しかし翌23年(1416年)、これに不満を抱いた禅秀の反乱(上杉禅秀の乱)が起こり、憲基はこの戦いに敗れて伯父の越後守護上杉房方を頼って落ち延びた。その後、4代将軍足利義持や房方、今川範政らの力を借りて再起を果たし、応永24年(1417年)に禅秀らを滅ぼしている。

しかし戦後、乱の一因を成した責任をとって、同年4月に関東管領職を辞任して剃髪し、伊豆三島に隠棲したが、同年6月に関東管領職に再任されている。しかし翌年1月4日、27歳の若さで死去した。法号は宗徳院心元海印。関東管領は従弟(房方の子)の憲実が継いだ。