上杉房顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
上杉房顕
時代 室町時代中期
生誕 永享7年(1435年
死没 寛正7年2月12日1466年2月26日
別名 龍春(幼名)、八郎(通称)
戒名 大光院清岳道純
官位 兵部少輔
幕府 室町幕府関東管領
氏族 山内上杉家
父母 父:上杉憲実
兄弟 憲忠房顕、周清、法興、周泰
娘(宇都宮正綱継室)、養子:顕定

上杉 房顕(うえすぎ ふさあき)は、室町時代中期の武将守護大名関東管領山内上杉家当主。上杉憲実の次男で憲忠の弟。

永享の乱結城合戦に勝利した上杉憲実は房顕以外の子供を全て出家させた。房顕はしばらく従兄の越後守護上杉房朝の元に留め置かれたが文安元年(1444年)に父から越後と丹波の所領を与えられ、上洛して8代将軍足利義政の近臣として仕えた[1]享徳3年12月27日(1455年1月15日)に兄が鎌倉公方足利成氏によって暗殺されると、その弟に当たるという経緯などから享徳4年(1455年)3月に新たな関東管領に任命され、成氏征討軍の大将として関東へ下向して同年4月頃に上野平井城へ入った(享徳の乱)。

それ以降は鎌倉から古河へと拠点を変えた成氏と何度も交戦したが、長禄3年(1459年)には武蔵太田庄の戦いで成氏軍の前に大敗を喫した。寛正4年(1463年)には、房顕の右腕であった山内上杉家の家宰の長尾景仲が病没し、房顕は関東管領からの辞意を表明したが、幕府に拒絶された。寛正7年(1466年)、五十子にて陣没した。享年32。関東管領は従甥の顕定が継いだ。

房顕の度重なる敗退は、関東管領家の衰退にもつながったのである。

脚注[編集]

  1. ^ この時代の関東管領は鎌倉公方から与えられた官途名を称していたが、京都で成長した房顕は正式な任官を受けており、享徳3年12月29日付の後花園天皇による兵部少輔任官の口宣案(『上杉文書』))が伝えられている(木下聡「山内上杉氏における官途と関東管領職の問題」(初出:『日本歴史』第685号、2005年/所収:黒田基樹 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第一二巻 山内上杉氏』(戒光祥出版、2014年)ISBN 978-4-86403-108-0))。

関連項目[編集]