上杉斉憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
上杉斉憲
Uesugi Narinori.jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政3年5月10日1820年6月20日
死没 明治22年(1889年5月20日
改名 鶴千代・篤千代(幼名)→斉憲→斉定、曦山(号)
別名 米沢中将、通称:喜平次
墓所 東京都港区興禅寺
官位 式部大輔従四位上弾正大弼左近衛権中将従三位
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂慶喜明治天皇
出羽米沢藩
氏族 米沢上杉家
父母 父:上杉斉定、母:畠山義周
兄弟 斉憲、男子二人、勝道板倉勝顕正室、秋月種殷継室、
青雲院(池田政和正室)、
良(秋元志朝正室)、山崎治正正室
正室山内豊資娘・貞姫
継室松平頼恕娘・郁姫
側室鈴木政備娘・磐
茂憲(長男)、勝賢(四男)、
吉井信謹(五男)、松平忠敬(六男)、丹羽長裕(九男)、
丹羽長保(十一男)、亀雄(十三男)、相良頼基正室(後飛鳥井雅望室→山内豊範継室)、池田政礼正室、
小笠原忠忱正室、細川立興

上杉 斉憲(うえすぎ なりのり)は、江戸時代後期の大名出羽国米沢藩12代藩主。

生涯[編集]

文政3年(1820年)5月10日、米沢藩11代藩主・上杉斉定の長男として生まれた。母は畠山義周の娘で側室ながら上杉家の血を引く[1]。父同様、11代将軍徳川家斉偏諱を受けて斉憲と名乗った。のちに父と同名の斉定とも名乗っている。

天保7年(1836年)10月23日、従四位下・侍従兼式部大輔に叙任。天保10年(1839年)4月3日、家督を継ぐ。同年同月11日、弾正大弼に転任。侍従如元。安政3年(1856年)に海外防備による出費のために藩士の知行借り上げを復活。同年12月16日、左近衛権少将を兼任。侍従を去る。

安政6年(1859年)には種痘を藩内に推奨した。文久3年(1863年)には徳川家茂の京都上洛に御供して二条城警護にあたり、9月22日、左近衛権中将に転任。弾正大弼如元。元治元年(1864年)5月1日、従四位上に昇叙。左近衛権中将兼弾正大弼如元。

藩政改革に努め、軍隊の洋式訓練方法を取り入れるなど、藩政に大きな成功を収め、慶応2年(1866年)にはこの功績を賞され3万石の加増を受けている。上杉家の領地が増やされるのは実に2世紀半ぶりのことで、豊臣政権時代に越後国から会津に加増転封になって以来のことである。この一事が非常な喜びとなったか、かつての名君・上杉治憲(鷹山)に次ぐ名君とまで呼ばれた。開明的な人物で、開国にも積極的だったという。慶応4年(1868年)、戊辰戦争が起きて会津藩と共に米沢藩も討伐の対象とされたが、当初は斉憲は新政府の意向に従って恭順を考えていた。しかし、その嘆願を望んで送った書状を新政府に握りつぶされたため、これに怒って仙台藩と共に奥羽越列藩同盟の盟主となり、新政府軍と戦った。米沢軍は一時は新政府軍を圧倒し、新潟港を奪い返すまでに至ったが、慶応4年(1868年)5月に新発田藩の寝返りもあって新政府軍の猛攻を受け敗走する。

その後、旗色が悪くなったため、やむなく新政府軍に降伏した。そして、それまで味方であった会津と庄内に兵を送ったため、「裏切り者」と称された。明治維新後、奥羽越列藩同盟の盟主であったことを咎められて、領地を14万石に削減されてしまった。また、明治元年12月7日、家督を長男・茂憲に譲り隠居した。慶応4年8月3日、解官。明治2年(1869年)9月28日、従五位に叙位。

明治22年(1889年5月20日、死去。享年70(満68歳没)。

斉憲家臣[編集]

元治元年の江戸武鑑に見られる主要家臣は以下のとおり

家老、奉行、侍頭及び分領家】

本庄弥次郎、長尾権四郎、中条豊前、千坂琢磨色部長門、毛利治部、竹俣美作、市川美濃、清野大学、島津玄蕃、平林内蔵助、竹俣直蔵、広居図書、莅戸孫七郎

【中老】

杉原石見

用人

深澤五平太、甘粕数右衛門(甘粕継成か?)、小倉将監、樋口伊織、額田求馬、木滑要人(城使兼務)、若林作兵衛、登坂八兵衛、

【世子傳役】

松本彦左衛門

【世子附き用人】

大瀧新蔵、増岡孫次郎

【御城使】

額田卯右衛門

関連作品の登場[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 義周の父・畠山義紀は5代藩主・上杉吉憲の三男で、斉憲の両親はまたいとこ同士である。