池田政和 (生坂藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田政和
時代 江戸時代後期
生誕 文政4年9月11日1821年10月6日
死没 安政5年2月4日1858年3月18日
改名 久五郎(幼名)→政和
墓所 岡山県岡山市中区小橋町の国清寺
官位 従五位下山城
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定
備中生坂藩
氏族 池田氏
父母 父:池田喜長、養父:池田政範
兄弟 喜通政和
正室:池田政範養女・青雲院上杉斉定娘)
男子、政礼、土倉某室

池田 政和(いけだ まさかず)は、江戸時代後期の大名備中国生坂藩7代藩主。

文政4年(1821年)、一族で6000石を領した大身旗本池田喜長の次男として誕生した。

生坂藩6代藩主・池田政範には2人の女児しかなかったため、養嗣子として迎えられ、天保10年(1839年)正月23日に政範の隠居によって跡を継いだ。安政元年(1854年)、本家の岡山藩8代藩主・池田慶政と共に房総半島の警備を務めた。安政2年(1855年)12月27日、家督を次男・政礼に譲って隠居した。

安政5年(1858年)2月4日、死去。享年38。