池田慶政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田慶政
Ikeda Yoshimasa.jpg
池田慶政
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政6年7月5日1823年8月10日
死没 明治26年(1893年3月4日
改名 七五郎、奥平昌朝、池田道政、慶政
神号 大名廣足慶政命
墓所 岡山県備前市和意谷池田家墓所
官位 従四位下内蔵頭左近衛権少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定家茂
備前岡山藩
氏族 奥平氏池田氏(利隆流)
父母 奥平昌高
池田斉敏
兄弟 軽姫、奥平昌暢奥平昌猷加藤泰理室、永井尚典室、生駒親愛、鉄姫、
成瀬正住室、稲葉幾通室、慶政
生駒親道島津忠寛室、青木一咸
牧野忠直、フチ、菅沼新八郎室、銈姫、
内藤頼愛室、操姫、鍼姫ら
池田斉敏養女・宇多子(実父池田政善
生駒親忠政時、萬寿子、池田政保夫人、銀子ら
茂政
テンプレートを表示
和意谷池田家墓所四のお山、慶政夫妻の墓。左側が慶政の墓

池田 慶政(いけだ よしまさ)は、江戸時代後期の大名備前岡山藩8代藩主。官位従四位下内蔵頭左近衛権少将。岡山藩池田家宗家10代。

生涯[編集]

文政6年(1823年)、豊前国中津藩奥平昌高の十男として中津藩江戸藩邸で誕生。幼名を七五郎。初名は奥平 昌朝(おくだいら まさとも)、池田家に入ってからは初め道政(みちまさ)とし、のち12代将軍徳川家慶より偏諱を授かり慶政に改名した。

天保13年(1842年)、備前岡山藩主池田斉敏の養嗣子となった。斉敏は、慶政の実父の奥平昌高と同じく薩摩藩島津家の出身で、血縁上は斉敏が慶政の従甥にあたるが、慶政よりは12歳年上である。その1ヵ月後に斉敏が急死したため、斉敏の養女(支藩鴨方藩池田政善の娘)宇多子と結婚した上で家督を相続した。嘉永6年(1853年)、ペリー来航で幕府に対策を諮問された際、「鎖国の祖法をあくまで厳守すべきだ」と主張した。その一方で、幕命に従って藩士を房総半島などに派遣し、海防に当たらせている。

また、塩や砂糖の専売強化や質素倹約令などによる財政政策、洋式軍制の導入などを行なったが、あまりに厳しすぎる改革を行なった上、改革途上で部落差別問題などが起こったため、安政3年(1856年)に藩内で渋染一揆が発生し、加えて強い締め付けの影響で同年中に銀札(藩札)が札潰れ(発行停止)となり、改革は失敗に終わった。このため、勘定方や銀札方に属していた藩士にしわ寄せが来たと言われる。

文久3年(1863年)、病気を理由に家督を水戸藩徳川斉昭の九男であり養嗣子としていた茂政に譲って隠居した。これは、尊王派であった藩士江見陽之進の進言に従ってのことである。晩年は岡山に隠棲し、明治26年(1893年)に71歳で死去した。神号は大名廣足慶政命。墓地は岡山県備前市和意谷池田家墓所

栄典[編集]

系譜[編集]

婿養子であるが、実父の奥平昌高を通じて池田輝政の子孫ではあった[3]。ただし、輝政の娘の子孫である。

池田輝政―茶々姫(京極高広室)―養仙院(松平定頼室)―真修院(島津綱久室)―島津綱貴……島津重豪―奥平昌高―池田慶政

正室の実父池田政善は、生母が池田治政(岡山藩5代藩主)の娘とされていた。ただし表向きのことであり、実際には側室の子であった(池田政善#兄弟の入れ代わりを参照)。男系の血筋では、輝政の兄池田元助の子孫である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『官報』第2546号、「叙任及辞令」1891年12月23日。
  2. ^ 『官報』第2902号「叙任及辞令」1893年3月6日。
  3. ^ 寛政重修諸家譜』に一部基づく(ネット寛政譜3-97、1-154、1-340)。