池田宗政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田宗政
Ikeda Munemasa.jpg
時代 江戸時代中期
生誕 享保12年6月24日1727年8月11日
死没 宝暦14年3月14日1764年4月14日
改名 幼名:峯千代、茂太郎、初名:尚政→宗政
別名 燕々子(号)
戒名 寿国院殿豊山延祥大居士
墓所 岡山県岡山市中区円山の曹源寺
官位 従四位下、伊予左近衛権少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
備前岡山藩
氏族 池田氏
父母 父:池田継政、母:伊達吉村の娘・和子(心定院)
兄弟 池田宗政池田政喬
正室:黒田継高の娘・藤子(宝源院)
治政相良長寛、尚(榊原政敦正室)

池田 宗政(いけだ むねまさ)は、備前岡山藩の第4代藩主。岡山藩池田家宗家6代。

生涯[編集]

第3代藩主・池田継政の長男。母は伊達吉村の娘・和子(心定院)。幼名は峯千代、茂太郎。

幼少期より水戸の鶴千代、加賀の勝丸、出雲の幸千代と共に四君子と称され、聡明で知られた。元文5年(1740年)に元服する。初名は尚政(なおまさ)、のちに将軍徳川吉宗より偏諱を受け宗政に改名する。宝暦2年(1752年)12月6日、父の隠居により跡を継いだ。岡山藩藩学の充実に努めており、また自身は書画に優れ作品を残しているほか、俳諧や和歌もなした。宗政は信仰していた餘慶寺瀬戸内市邑久町北島)に正室・宝源院の打ち掛けを法衣にして寄進している。宝暦14年(1764年)3月14日、父に先立って38歳の若さで病死した。跡を長男・治政が継いだ。

法号は寿国院殿豊山延祥大居士。墓所は曹源寺

曹源寺の宗政夫妻の墓。右が宗政の墓。