松平定頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
松平定頼
時代 江戸時代前期
生誕 慶長12年(1607年
死没 寛文2年1月22日1662年3月12日
戒名 乾光院殿前四品最巌阿尊道英大居士
墓所 東京都港区三田済海寺
官位 従五位下、河内守従四位下、隠岐
幕府 江戸幕府
伊予松山藩
氏族 久松松平家
父母 父:松平定行
母:長寿院殿(島津家久の養女、島津朝久の娘)
正室:京極高広の娘
定盛定長定重、真修院(島津綱久正室)、仙寿院(山内豊昌正室)、娘(黒田之勝正室)、娘(酒井忠直正室)、正寿院(阿部定高正室)

松平 定頼(まつだいら さだより)は、伊予松山藩第2代藩主。定勝系久松松平宗家3代。初代藩主松平定行の長男。

生涯[編集]

万治元年(1658年)2月28日(2月27日とも)、父の隠居により家督および長崎探題職を継承する。その翌年、従五位下から四品に昇叙し、寛文元年(1661年)、河内守から隠岐守に転任。翌年正月22日、江戸松山藩邸三田中屋敷にて落馬、そのまま危篤に陥り死去した。享年56。松山入りはわずか3回であった。院殿号は乾光院殿前四品最巌阿尊道英大居士。遺骸は江戸三田済海寺で荼毘に付され、遺骨が松山古町大林寺、分骨が高野山に葬られた。