生駒親愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

生駒 親愛(いこま ちかよし、文政元年9月25日1818年10月24日) - 天保10年5月24日1839年7月4日))は、江戸時代後期の旗本通称は大蔵助。

生涯[編集]

文政元年(1818年)9月25日、奥平昌高の六男として誕生する。交代寄合生駒親孝の養子となった。天保元年(1830年)3月15日、将軍徳川家斉御目見する。同年11月8日、親孝の隠居により家督を相続した。天保10年(1839年)5月24日、死去した。家督は弟(奥平昌高の十一男)の親道末期養子として継いだ。

正室は松平忠馮の娘喜代。

参考文献[編集]

  • 「平成新修旧華族家系大成」(上巻)