池田斉敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田斉敏
Ikeda Naritoshi.jpg
池田斉敏像(林原美術館蔵)
時代 江戸時代後期
生誕 文化8年4月8日1811年5月29日
死没 天保13年1月30日1842年3月11日
改名 治五郎・丈之助(幼名)、島津久寧(初名)、池田為政、斉敏
戒名 雄国院殿威山常光大居士
墓所 岡山県岡山市中区円山の曹源寺内池田家墓所
官位 従四位下伊予守左近衛権少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
備前岡山藩
氏族 島津氏池田氏(利隆流)
父母 島津斉興弥姫
池田斉政
兄弟 島津斉彬斉敏、順姫、候姫、智姫、
諸之助、島津久光、珍之助、唯七郎ら
池田斉政次女・金子丹羽長貴
慶政宇多子
テンプレートを表示

池田 斉敏(いけだ なりとし)は、江戸時代後期の大名備前岡山藩7代藩主。岡山池田宗家9代。

生涯[編集]

文化8年4月8日(1811年5月29日)、薩摩藩主・島津斉興の次男[1]として江戸屋敷で生まれる。生母は斉興の正室・周子鳥取藩主・池田治道の四女)。初名は島津 久寧(ひさやす)[1]。岡山藩第6代藩主・池田斉政(正室の伊渡子は周子のおばにあたる)の嫡男であった斉輝文政2年(1819年)に23歳で早世し、その後養子となった甥の斉成も文政9年(1826年)8月に早世したため、同年10月に斉政の養嗣子に迎えられ[1]池田 為政(ためまさ)と名乗る。

文政12年2月7日(1829年3月11日)、斉政の隠居により家督を継いだ。将軍徳川家斉の偏を受け斉敏(「敏」は養祖父池田敏政の1字)に改名した。

代の井田法に倣い、後楽園内に井田を縮尺再現するなどし、民政に尽力した。嗣子のいなかった斉敏は、大叔父にあたる奥平昌高の十男・七五郎(後の慶政)を仮養子として、天保13年1月30日(1842年3月11日)に岡山において死去した[1]。享年32。七五郎は斉敏と異なり、それまでの池田家一族とは直接の血縁関係がなかったため、支藩の鴨方藩主・池田政善の娘宇多子を斉敏の養女とし、婿養子として七五郎を迎える手順をとった。この手続きを完了するまで斉敏の死亡は隠されており、4月2日にようやく喪が発せられた。

逸話[編集]

  • 岡山市を代表する土産菓子大手まんぢゅうは、斉敏が藩主であった天保8年(1837年)に誕生し、斉敏自身がその名を与えたといわれる。
  • 斉敏の一周忌に、同母兄の島津斉彬は追悼文を送ったという(「島津斉彬傳」)。
曹源寺の斉敏夫妻の墓。左(手前)が斉敏の墓。

系譜[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 池田斉敏” (日本語). コトバンク. 2020年7月19日閲覧。

外部リンク[編集]