池田政保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田政保
Masayasu Ikeda.jpg
池田政保
時代 江戸時代後期 - 昭和時代
生誕 元治元年12月10日1865年1月7日
死没 昭和14年(1939年2月10日
改名 満次郎、政保
戒名 高雲院
官位 従五位
主君 明治天皇
備中鴨方藩
氏族 池田氏(利政流)
父母 池田政詮(章政)
兄弟 政保詮政
池田慶政戸田氏良
政鋹
テンプレートを表示

池田 政保(いけだ まさやす)は、備中国鴨方藩10代(最後の)藩主。官位従五位子爵

略歴[編集]

鴨方藩9代藩主で岡山藩10代藩主となった池田章政(政詮)の長男として誕生した。幼名は満次郎。

慶応4年(1868年)3月15日、父・章政が宗家の岡山藩を継承したため、その跡を受けて幼くして鴨方藩主となる。明治2年(1869年)の版籍奉還藩知事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県で免官され、9月に東京へ移った。明治17年(1884年)7月には華族令により子爵となる。

昭和14年(1939年)2月10日、満74歳で死去した。法名は高雲院。

栄典[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『太政官日誌』明治6年、第157号
日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
鴨方池田家初代
1884年 - 1939年
次代:
池田政鋹