池田政範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田政範
時代 江戸時代後期
生誕 寛政8年2月7日1796年3月15日
死没 天保15年3月27日1844年5月14日
改名 全之丞、政範
別名 帯刀(通称)
戒名 大円院殿
官位 従五位下丹波守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
備中生坂藩
氏族 池田氏(輝録流)
父母 池田政恭
兄弟 政範長貞政徳
松平直周娘誠
女子二人、政和
テンプレートを表示

池田 政範(いけだ まさのり)は、江戸時代後期の大名通称は帯刀。備中国生坂藩6代藩主。官位従五位下丹波守

略歴[編集]

5代藩主・池田政恭の長男として誕生。幼名は全之丞。

文政5年(1822年)11月21日、父の隠居により家督を継ぐ。天保10年(1839年)正月23日、養嗣子の政和に家督を譲って隠居し、天保15年(1844年)3月27日に49歳で死去した。法名は大円院殿。

系譜[編集]