丹羽長国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
丹羽 長国
Niwa Nagakuni.JPG
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保5年4月14日1834年5月22日
死没 明治37年(1904年1月15日
改名 保蔵(幼名)、長国
別名 五郎左衛門
戒名 長壽院殿
墓所 青山新墓地
官位 従四位下左京大夫侍従
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂慶喜
陸奥二本松藩
氏族 丹羽氏
父母 父:丹羽長富 母:松尾氏女
兄弟 長国稲葉正邦水野勝知
正室:戸田氏正の娘
娘(丹羽長裕室)、娘(稲葉正邦養女)、娘(丹羽長徳室)、娘(丹羽長保室)
テンプレートを表示

丹羽 長国(にわ ながくに)は、陸奥二本松藩の第11代藩主

生涯[編集]

天保5年(1834年)4月14日、二本松藩主・丹羽長富の六男として生まれる。幼名は保蔵。弘化3年(1846年)12月18日、従五位下越前守に叙任する。弘化4年12月16日、従四位下に昇進する。安政5年(1858年)10月11日、父長冨の隠居により、家督を継いだ。同年12月16日、侍従に任官する。文久3年(1863年)10月25日、上洛し、参内する。元治元年(1864年)4月9日、幕府から京都警備を命じられる。同年、従四位上に昇進する。慶応元年(1865年)9月5日、幕府から冬期の京都の警備を命じられる。

慶応4年(1868年)、二本松藩は奥羽越列藩同盟に加わり、官軍である明治新政府軍と戦ったが、各地で敗戦した。7月29日、二本松城は陥落した(二本松の戦い)。藩主長国は米沢藩に逃れた。9月10日、二本松藩は新政府に降伏し、藩主長国は謹慎を命じられた。10月23日、東京の前橋藩邸に移される。12月7日、新政府から隠居を命じられた。また、領地10万700石のうち5万700石を没収された。なお、家督は養子長裕が継いだ。

明治2年9月28日1869年11月1日)、謹慎を解かれた。明治35年(1902年)5月3日、養孫にあたる長保の死去により、家督を再び相続して子爵を襲爵した[1][2]。なお、長保は、長裕の実弟であった。明治37年(1904年1月15日に死去した。享年71(満69歳没)。跡を養子の長徳が継いだ。

なお、長国の長女峯は丹羽長裕夫人、五女鉏子は丹羽長徳夫人、六女花子は丹羽長保夫人となった。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』下巻、333-334頁。
  2. ^ 『官報』第5647号、明治35年5月5日。
  3. ^ 『官報』第1828号「叙任及辞令」1889年8月2日。

参考文献[編集]


先代:
丹羽長保
丹羽子爵家
第14代:1902年 - 1904年
次代:
丹羽長徳
日本の爵位
先代:
丹羽長保
子爵
二本松丹羽家第3代
1902年 - 1904年
次代:
丹羽長徳