上杉宗憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
上杉宗憲
Uesugi Munenori.jpg
上杉宗憲像(上杉家歴代藩主像より、上杉博物館蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 正徳4年1月12日1714年2月26日
死没 享保19年5月13日1734年6月14日
改名 憲英→宗憲
戒名 桂徳院殿法印権大僧都岳心
官位 従四位下侍従弾正少弼
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗
出羽米沢藩
氏族 上杉氏
父母 父:上杉吉憲、母:山中氏(祥寿院)
兄弟 宗憲宗房畠山義紀重定
正室:山内豊隆娘・整
養子:宗房

上杉 宗憲(うえすぎ むねのり)は、江戸時代中期の大名出羽国米沢藩6代藩主。

経歴[編集]

5代藩主・上杉吉憲の長男として誕生。生母は側室・山中氏(祥寿院)。

『上杉家御年譜』では正徳1714年)正月12日生まれとし、『寛政重修諸家譜』では宝永6年(1709年)としているが、前者の方が有力である。享保7年(1722年)5月1日の父・吉憲の死により、同年6月18日に家督を継ぐ。叔父で米沢新田藩主の上杉勝周が後見する。翌享保8年(1723年)11月11日に元服し、8代将軍徳川吉宗偏諱を受けて宗憲に改名した。従四位下・侍従兼弾正大弼に叙任。

享保15年(1730年)頃より、清野秀佑が台頭してくる。享保18年(1733年)に幕府から江戸城普請の任を命じられ、領内に臨時の御用金や家臣の俸禄を貸し上げて調達して対応、藩財政の窮乏がさらに進んだ。なお、享保19年(1734年)5月初旬に病に倒れ、同年5月13日に米沢にて死去した。享年22。墓所は米沢市。嗣子が無かったため、弟・宗房末期養子として跡を継いだ。

出典[編集]