上杉憲賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上杉 憲賢(うえすぎ のりかた、生年不詳 - 永禄3年2月28日(西暦1560年4月6日))は、戦国時代武蔵国大名上杉憲清の子で、深谷上杉氏の当主。次郎、義竹軒、雲岑、静賢。室は高泰姫。子に憲盛

現在の熊谷市久下にあった東竹院を再興した。山内上杉氏に属し、扇谷上杉氏の滅亡後、武蔵国における上杉氏の勢力回復に努め、天文10年(1541年)上野国金山城の横瀬泰繁を攻めた記録が残る。山内上杉氏が河越夜戦で敗れると北条氏康に誼を通じた。家督は子の憲盛が継いだ。