河越城の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河越城の戦い
戦争戦国時代
年月日天文15年4月20日(1546年5月19日
場所武蔵国河越城
結果北条軍の勝利
交戦勢力
北条軍Mitsuuroko.svg 山内上杉家上杉氏竹に雀
扇谷上杉家上杉氏竹に雀
足利古河公方Kamon ashikagafutatuhiki.png
指導者・指揮官
北条氏康Mitsuuroko.svg
北条綱成Mitsuuroko.svg
多目元忠
千葉利胤
上杉憲政上杉氏竹に雀
上杉朝定上杉氏竹に雀
足利晴氏Kamon ashikagafutatuhiki.png
戦力
1万1000
(河越城3000
北条軍8000)
8万
損害
若干名 1万3000

河越城の戦い(かわごえじょうのたたかい)は、戦国時代に、武蔵国の枢要な城であった河越城の争奪を巡って、河越城周辺で争われた一連の戦いをいう。

北条早雲の嫡男、後北条氏の2代目当主北条氏綱は武蔵国征服のため、武蔵国を支配していた上杉氏の居城・河越城に侵攻、1524年大永4年)から4度にわたる争奪戦が展開された。

「河越城の戦い」で特に有名なのが、関東の政局を決定した大きな戦いとなった5度目の天文15年(1546年)の戦いで、日本三大奇襲(日本三大夜戦)の一つ「河越夜戦」(かわごえよいくさ)である。本稿では河越夜戦について詳述する。

河越夜戦は、北条氏康軍と上杉憲政上杉朝定足利晴氏の3者連合軍が武蔵国河越城(現在の埼玉県川越市)の付近で戦闘し、北条軍が勝利を収めた戦いである。

背景[ソースを編集]

室町時代後期から、関東地方の覇権を巡り、古河公方関東管領が対立し(享徳の乱)、さらに関東管領の上杉氏の内部において関東管領を世襲する本家筋の山内上杉家相模武蔵を地盤に力をつけた庶家の一つ扇谷上杉家とが対立(長享の乱)してきた。その間隙を縫い、扇谷上杉家領であった相模において北条早雲が台頭、扇谷方の大森氏三浦氏を滅亡させるなど勢力を広げた。早雲の子の北条氏綱は、永正の乱で古河公方、関東管領双方が内紛で混乱する中、武蔵に進出し、江戸城、次いで天文6年に武蔵の枢要の地であり扇谷上杉家の当主上杉朝定の居城・河越城を落とし、扇谷上杉家を滅亡寸前まで追いつめていた。

しかし、氏綱が没し、跡を継いだ嫡男北条氏康は継承早々に一大危機を迎える。天文14年(1545年)7月下旬、今川義元が関東管領の上杉憲政と内通して背後から挙兵、駿河の北条領に侵攻する。氏康は駿河に出陣するものの武田氏までもが出陣してきたために状況は不利であり、更に在陣中に両上杉の大軍によって河越城が包囲されたという状況が知らされた。そのため10月下旬に武田晴信(信玄)の斡旋で義元に譲歩することで屈辱的ながらも和睦を成し遂げた(第二次河東一乱)。11月初旬には誓紙を交換した後に条件が履行され、氏康は挟撃されている絶体絶命の危機の中で西方を収め、関東方面へ転戦できる状況を得た。

関東方面では氏康の妹婿であった古河公方の足利晴氏は、関東管領(山内上杉家)に支援され、路線を変更して兵を動員、山内上杉家と扇谷上杉家の両上杉家も和睦し、三氏は同盟を締結して武蔵を確保するため共通の敵・北条氏への総反撃を決定、一部の北条方の武士を除く関東の武士すべてに号令をかけ、上杉憲政、上杉朝定、足利晴氏それぞれが自ら自軍を率いて、北条氏の拠点・河越城の奪還を開始した。

戦いの経過[ソースを編集]

この戦いの模様を伝える当時の史料は少なく、以下は主に後世成立の史料や軍伝・軍記による。

天文14年9月26日1545年10月31日)、関東管領の山内上杉家(上杉憲政)、扇谷上杉家(上杉朝定)、古河公方の足利晴氏、その他関東諸大名連合軍は約80,000の大軍をもって北条氏の河越城を包囲した(一説によれば関東の全ての大名家が包囲軍に参加して、加わらなかったのは下総千葉利胤のみだったともいわれている)。山内憲政は城の南に陣を張り、扇谷朝定は城の北、など三方を包囲した。河越城は氏康の義弟・北条綱成が約3,000の兵力で守備していたが、増援がなければ落城は時間の問題であったため、今川との戦いを収めた氏康は本国から約8,000の兵を率いて救援に向かった。またこの間太田資顕(全鑑)の調略に成功し、河越城へのルートを確保している。食糧を十分に蓄え籠城した綱成は半年も耐え抜き、戦況は数ヵ月間膠着状態であった。この間、長陣に飽きて上杉方の戦意は低下し、軍律は弛緩していた。氏康の救援軍にいた福島勝広(北条綱成の弟)が使者を申し出て、単騎で上杉連合軍の重囲を抜けて河越城に入城、兄の綱成に奇襲の計画を伝えた。

氏康は上杉軍に対して偽りの降伏を申し出て詫び状を出し続ける。まず、足利晴氏に対して、諏訪左馬助に依頼し、「城兵を助命してくれれば城は明け渡す」と申し入れ、上杉方には常陸小田政治の家臣である菅谷貞次に依頼し、「綱成を助命してくれるならば開城し、今までの争いについても和議の上、我らは公方家に仕える」と申し入れた。だが上杉軍は受け入れず、逆に北条軍を攻撃したが、氏康は戦わずに兵を府中まで引いた。これにより上杉軍は北条軍の戦意は低いと判断し、自軍の兵士が多いということもあって楽勝気分が漂う。

天文15年4月20日(1546年5月19日)の夜、氏康は自軍8,000を四隊に分け、そのうち一隊を多目元忠に指揮させ、戦闘終了まで動かないように命じた。そして氏康自身は残り三隊を率いて敵陣へ向かう。子の刻、氏康は兵士たちにを脱がせて身軽にさせ、上杉連合軍に突入すると、上杉軍は大混乱に陥り、扇谷上杉軍では当主の上杉朝定、難波田憲重が討死、山内上杉方では上杉憲政はなんとか戦場を脱出し上州平井に敗走したが、重鎮の本間江州倉賀野行政が退却戦で討死した。氏康はなおも上杉勢を追い散らし敵陣深くに切り込むが、戦況を後方より見守っていた多目元忠は危険を察し、法螺貝を吹かせて氏康軍を引き上げさせた。城内で待機していた「地黄八幡」綱成はこの機を捉えて打って出ると、足利晴氏の陣に「勝った、勝った」と叫びながら突入し、既に浮き足立っていた足利軍も散々に破られて古河へ遁走した。連合軍の死傷者は13,000人から16,000人と伝えられている。

参戦武将[ソースを編集]

北条軍[ソースを編集]

本隊[ソースを編集]
河越城[ソースを編集]

両上杉・足利連合軍[ソースを編集]

山内上杉軍[ソースを編集]
扇谷上杉軍[ソースを編集]
足利軍[ソースを編集]

戦いの影響[ソースを編集]

この戦いの結果、当主を失った扇谷上杉家は滅亡、本拠平井城へ敗走した関東管領の山内上杉家も戦いを契機にこの後急速に勢力を失い、信濃村上義清らと上信同盟を結び、後北条氏の攻勢に対抗しようとしたことから、信濃侵攻を目指す武田氏と対決に繋がり、小田井原の戦いに敗れた上杉憲政は居城の平井城を追われ、越後長尾景虎(のちの上杉謙信)を頼ることになる。

同じく敗走した古河公方の足利晴氏もこの直後に御所を包囲され降伏、隠居し、長男であった藤氏ではなく、北条氏出身の母をもつ次男の義氏に家督を譲らざるをえなくなり、自身は幽閉を余儀なくされた。

一方、北条家は関東南西部で勢力圏を拡大し、戦国大名としての地位を固めることになる。甲相駿三国同盟の締結により駿河今川家甲斐武田家との対立に終止符を打つと、関東制覇を目指し越後の上杉家長尾氏)や常陸佐竹家安房里見氏との抗争を始めてゆく。

この戦いによって、関東公方たる足利家と、その執事である関東管領の権威と軍事力は決定的に失墜し、代わりに後北条氏をはじめとする戦国大名が躍進したことは、関東・東国において室町時代の枠組みが消滅したことを意味している。

河越夜戦に関する議論[ソースを編集]

河越城の戦いは、約10倍の兵力差を覆しての勝利として、戦史上高く評価されているものの、不明な点も多く更なる研究が待たれる合戦である。

篭城戦の有無について
  • 上杉・足利連合軍の動員数や、夜戦であったのかについては不明な点があるが、連合軍側が北条軍より数的優位であったことと、大規模戦闘があったことについては史料や検証で確認されている(『高白斎記』天文十五年条、足利晴氏「毛呂氏宛書状」、北条氏康「古河公方宛書状」・「上原出羽守(太田資顕重臣)宛書状」[1])。
  • 戦闘の経過については、のちにではあるが氏康が「両口において同時に切り勝ち」を書き残していることから、篭城側と後詰め側で何らかの連携があったとされる[2]
  • 河越夜戦の激戦地と伝えられる東明寺(川越市志多町)の境内には、河越夜戦跡の碑が建てられ、将兵の遺骸を納めた富士塚が残る。宝暦年間に掘ったところ髑髏が500体ばかり出たという。塚の上には稲荷諏訪天満宮がある。これは難波田憲重が河越夜戦で東明寺口の古井戸に落ちて死んだため、霊を祀ったものである。当時、東明寺は広大な寺領があり、その門前町は鎌倉時代より賑わった。そこが戦場になったことから、古くは「東明寺口合戦」とも言われた。明治期の道路工事でも一帯からは夥しい人骨が出ている。もっとも、こうした人骨を河越夜戦の犠牲者とするのは夜戦の実在を前提とした話であり、中世河越の外れにあった東明寺周辺に鎌倉の由比ヶ浜静岡県一の谷墳墓群遺跡のような大規模な墳墓群が形成されていたと考えるのが自然であるとする反論もある[3]
包囲崩壊の原因について
  • その一方で、河越城の戦いは大規模な籠城戦のなか、ゲリラ的な襲撃はあったものの、白兵戦のような大規模な衝突は存在しなかったとする見方もある。その根拠として後北条氏側においてこの合戦に関する感状が存在しないこと、上杉朝定が死亡したする記録はあるもののその死の状況を示す記録はなく戦病死による可能性も否定できないこと、北条氏康の書状でも山内上杉氏の陣地があった河越郊外の砂窪(川越市砂久保)で3000名を討ち取ったことやこの戦いを仕掛けたとされる難波田弾正(憲重)を討ち取ったことは記されているものの、城そのものの攻防戦については触れられていないことが挙げられている。この説によれば、河越城の北条軍が上杉軍に包囲されて籠城戦に入ったことは事実であるが、上杉朝定の急死で包囲軍が崩壊したのが実情で、大規模な夜戦の描写は『北条五代記』『関八州古戦録』など後世の軍記物による創作であると推定されている[3]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西股総生「河越夜戦」
  2. ^ 山口博『北条氏康と東国の戦国世界』夢工房、2004年、p29。
  3. ^ a b 城郭研究会(代表:黒嶋敏)「中世の河越城-その成立と景観-」(初出:『史友』31号(青山学院大学史学会、1999年)/所収:黒田基樹 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第五巻 扇谷上杉氏』(戒光祥出版、2012年)ISBN 978-4-86403-044-1

参考文献[ソースを編集]

河越城の戦いを題材とした作品[ソースを編集]

河越城の戦いを軸とクライマックスに北条氏康と北条綱成の青春と友情を描いている。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]