水野忠敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
水野忠敬
Mizuno Tadanori(Numadu).jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 嘉永4年7月10日1851年8月6日
死没 明治40年(1907年8月17日
改名 吉太郎(幼名)、忠敬
戒名 興徳院
墓所 東京都文京区小石川の伝通院内真珠院
官位 従四位下、出羽守、羽後
幕府 江戸幕府
駿河沼津藩主→上総菊間藩
氏族 水野氏
父母 父:水野忠明、養父:水野忠誠
正室:松平正和の三女・鍈子[1]
忠亮(長男)、銓子(南部利克正室)
貞子(水野直正室)、進子(松平保男正室)[1]

水野 忠敬(みずの ただのり)は、駿河沼津藩の第8代藩主。のちに上総菊間藩主。沼津藩水野家15代。

経歴[編集]

嘉永4年7月10日、沼津藩水野家の分家旗本(浜町水野氏)の水野忠明の次男として生まれる。慶応2年(1866年)に本家の第7代藩主水野忠誠が死去したため、その養子として家督を継いだ[1]。慶応3年4月4日1867年5月7日)に出羽守に叙任し、江戸城大手門番を務めた。慶応4年(1868年)からの戊辰戦争では新政府に協力した。

同年7月、徳川家達が東海に入ってきたため、上総菊間藩に移封となる。明治2年3月4日1869年4月15日)に羽後守に転任する。6月19日7月27日)には版籍奉還により藩知事となり、明治4年7月14日1871年8月29日)の廃藩置県で免官となった。

1884年(明治17年)7月8日、子爵を叙爵[2]。1907年(明治40年)8月17日に死去した。享年57。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』下巻、676-677頁。
  2. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。

参考文献[編集]


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
沼津水野家初代
1884年 - 1907年
次代:
水野忠亮