鷹司基輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
鷹司基輝
時代 江戸時代中期
生誕 享保12年2月28日1727年4月19日
死没 寛保3年5月15日1743年7月6日
官位 従二位内大臣
主君 中御門天皇桜町天皇
氏族 鷹司家
父母 父:一条兼香、母:家女房
養父:鷹司房熙
兄弟 一條道香基輝醍醐兼純、ほか
養子:輔平
テンプレートを表示

鷹司 基輝(たかつかさ もとてる)は、江戸時代中期の公家従二位内大臣

一条兼香の子。鷹司房熙の養子となり、鷹司家を継承するも、17歳で急死した。これにより鷹司家は断絶の危機を迎えたが、養子に閑院宮直仁親王第四皇子の淳宮(鷹司輔平)を迎え、危機を免れた。

系譜[編集]

外部リンク[編集]