池田厚子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
厚子内親王
池田家
Ikeda Atsuko.JPG
1952年(昭和27年)頃
続柄 昭和天皇第4皇女子

称号 順宮(よりのみや)
身位 内親王降嫁
敬称 殿下 → 降嫁
お印 菊桜[1]
出生 (1931-03-07) 1931年3月7日(90歳)
日本の旗 日本東京府宮城内産殿
配偶者 池田隆政
父親 昭和天皇
母親 香淳皇后
役職 伊勢神宮祭主
日本赤十字社岡山県支部有功会名誉会長
テンプレートを表示

池田 厚子(いけだ あつこ、1931年昭和6年〉3月7日 - )は、日本の元皇族神社本庁総裁。旧名、順宮厚子内親王(よりのみや あつこないしんのう)。厚子御称号順宮お印菊桜[1][2]。旧岡山藩池田家第16代当主池田隆政の妻。伊勢神宮祭主1988年 - 2017年)。勲等勲一等

昭和天皇香淳皇后の第4皇女。第126代天皇・徳仁秋篠宮文仁親王の伯母。第125代天皇・明仁常陸宮正仁親王の姉。

略歴[編集]

生い立ち[編集]

1937年(昭和12年)、呉竹寮の姉妹:左から和子内親王成子内親王、厚子内親王

1931年昭和6年〉3月7日午後0時2分、昭和天皇香淳皇后の第4皇女(第4子)として誕生[3]。御七夜3月13日午前9時に浴場の儀、午前11時に侍従長鈴木貫太郎が遣わされて命名の儀が執り行われ[4]、「順宮厚子」と命名された[5]

学齢期以降、両親の元を離れ呉竹寮で姉妹と共に養育される。学習院初等科女子学習院(在学中に新学制により学習院女子中等科学習院女子高等科となる)を経て、学習院女子短期大学文科に入学。2年次に家庭生活科に転科し、同科を卒業。なお学習院時代の同窓生に久我美子[注釈 1]がいる。

この間、弟継宮明仁親王(第125代天皇、現上皇)の家庭教師であった米国人作家E・G・ヴァイニング夫人から、学校の授業だけでなく、英語の教育を受けた。ヴァイニング夫人は、学校の授業で生徒たちに英語名を与えており、厚子内親王の英語名は『パトリシア』だった[7]。ヴァイニング夫人は、女子高等科1年生頃の厚子内親王の学級で、初めて授業をしたとき、一目で内親王だと分かったとしたうえで、その様子を次のように記している。

(引用註:一目で分かった理由は)皇太子殿下に似ておられたし、いかにも幸福そうでいらっしゃったからである。服装は他の生徒と同じであったが、着ておいでになる紺のサージもいたんでいず、靴も立派だった。髪は捲毛で、人並みすぐれて肌が白く、内気な、真面目な微笑をなさる方であった。科学とバレーボールが好きで、着物のことにはあまり関心をもっておられなかった。 — E・G・ヴァイニング文春学藝ライブラリー皇太子の窓』 p.78-79


婚礼前後[編集]

1952年(昭和27年)10月10日、結婚後に取材を受ける池田夫妻

1951年(昭和26年)春、中国・四国地方を訪問した際に岡山県岡山市池田動物園や池田牧場を視察した[8]。その後、後楽園荒手茶寮にて動物園と牧場の経営者である池田隆政と面会の機会が設けられ、隆政の精悍な姿が厚子内親王に強い印象を与えた[8]。これはマスメディアに知られない形での、実質的なお見合いであった[9]。隆政は備前岡山藩主の家系で、厚子内親王とは曾祖父久邇宮朝彦親王を同じくする又いとこ(はとこ)同士であった。

5月に入り、稲田周一侍従次長が隆政と面会し、香淳皇后が厚子内親王に意思を確認したことは、国民に「本人たちの自由意思を尊重した」と受け止められた[9]。東京と岡山は遠く、姉宮の和子内親王時ほど頻繁に会うことはできなかったが、二人は文通を交わした[9]。また隆政は取材の直接的な質問に対して、厚子内親王のことを「エゝ、好きですね」と答え、厚子内親王も会うたびに「お互いの理解と愛情が深まる」と発言したと報じられた[9]

その後、6月末に正式に見合いの場が設けられて婚約が内定。仲人にあたったのは松平康昌

同年5月17日に祖母・皇太后節子(貞明皇后)が崩御してから2か月足らずの時期であったが、実父である昭和天皇は、第1期の服喪期間の50日間が過ぎた7月10日田島道治宮内庁長官に命じて順宮厚子内親王と池田隆政との婚約が内定した旨を公式に発表させた。なお、1947年(昭和22年)に廃止された皇室服喪令によれば、祖母である貞明皇后に対する皇女厚子内親王の服喪期間は150日であった(最長は昭和天皇などで1年間となる)。服喪期間中に、さらには皇族会議も経ず、昭和天皇自らの裁可による婚約発表は異例であった。

華族とはいえ内親王の結婚相手が、首都から遠距離にある岡山県、しかも農場主というのは極めて異例なことであった。しかし「岡山(=地方定住)」「牧畜業」というキーワードにより、 皇族・内親王と言う高貴な存在が、国民の身近に「降り」てきた象徴的な出来事として受け止められた[10]。牧場主の妻となる覚悟について母后から問われた厚子内親王は、キッパリと「はい」と答えたという[8]

1952年(昭和27年)4月、厚子内親王は新居を確認するため2泊3日で岡山県を訪問した[9]。この際、二人の仲睦まじく微笑ましい姿が盛んに撮影され、報じられた[9]。この後、皇族全員の喪が明けた同年1952年(昭和27年)5月24日に納采の儀、9月16日に告期の儀が執り行われた。婚礼準備に際しても、姉宮同様、質素ぶりが強調されて報じられた[11]朝鮮戦争による好景気(朝鮮特需)によって国民生活も豊かになりつつあったが、それでもなお一般女性に比して豪奢であると批判もあり[注釈 2]、皇室の民主化と再権威化の矛盾が表面化しはじめていた[13]

10月10日に隆政へ降嫁し、皇籍を離脱(臣籍降下)した。皇居前広場にはバスツアーの観光客をはじめ5000人が、高輪の光輪閣前には3000人が詰めかけて厚子内親王を祝福する熱狂ぶりであった[14]。婚礼には、姉鷹司和子の時と同じく、天皇・皇后が揃って参列する予定であったが、父天皇は風邪のため出席を断念した[15]。また、このとき皇后は初めて公の場で和服を着用[16]し、慶事の話題に花を添えた[15]

夫妻は婚礼から5日後に寝台列車で岡山に向かったが、東京駅でも盛大な見送りがあり「もみくちゃにされた」と報じられた[14]。岡山県では三木行治知事が厚子を特別扱いすべきではないと表明していたにも関わらず、岡山駅には1万人が集う熱狂的な奉迎が行われ、オープンカーによるパレードも車が立ち往生する混乱となった[14]。あまりの熱狂ぶりに、10月下旬には隆政自身が、以後の招待を辞退する旨を記者会見を開いて表明した[14]

降嫁後[編集]

2009年平成21年)11月3日、伊勢神宮祭主として宇治橋渡始式に臨む

池田隆政と厚子夫妻は、1953年(昭和28年)2月に有限会社池田産業を設立。1960年(昭和35年)5月には株式会社池田動物園となり、隆政は園長に就任している。

1964年(昭和39年)4月29日には勲一等宝冠章受章。日本赤十字社岡山県支部有功会名誉会長[17]などを務める。

1965年(昭和40年)頃、敗血症を患い、岡山大学医学部附属病院に長期入院。すでに長姉の東久邇成子で死去しており、身を案じた天皇・皇后は頻繁に岡山県へ見舞いのため行幸した。回復後は天皇・皇后の他、実弟である皇太子明仁親王・同妃美智子ら皇族が岡山県を訪問した際に、厚子が案内役を務めることもあった[18]

姉の鷹司和子の退任を受け、1988年(昭和63年)より伊勢神宮祭主を務める。2012年平成24年)4月26日、補佐役に姪の黒田清子が臨時祭主に就任した[19]。同年7月、隆政と死別。

2017年(平成29年)6月19日付で、伊勢神宮祭主を退任し、神宮祭主には黒田清子が就任したことが公表された[20]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『思い出の昭和天皇-おそばで拝見した素顔の陛下』光文社1989年(平成元年)- 他の皇族・元皇族らと共著。

家族[編集]

系譜[編集]

池田厚子 父:
昭和天皇
祖父:
大正天皇
曾祖父:
明治天皇
曾祖母:
柳原愛子
祖母:
貞明皇后
曾祖父:
九条道孝
曾祖母:
野間幾子
母:
香淳皇后
祖父:
邦彦王(久邇宮)
曾祖父:
朝彦親王久邇宮
曾祖母:
泉萬喜子
祖母:
俔子
曾祖父:
島津忠義
曾祖母:
山崎寿満子
 
 
 
 
 
 
 
 
歴代天皇
 
歴代皇后
 
親王
 
内親王女王
 
臣籍降下
 
 
 
 
大正天皇(明治天皇の子)
 
貞明皇后(大正天皇の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇(大正天皇の子)
 
香淳皇后(昭和天皇の妻)
 
秩父宮雍仁親王(大正天皇の子)
 
雍仁親王妃
勢津子
(秩父宮雍仁親王の妻)
 
高松宮宣仁親王(大正天皇の子)
 
宣仁親王妃
喜久子
(高松宮宣仁親王の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三笠宮崇仁親王(大正天皇の子)
 
崇仁親王妃
百合子
(三笠宮崇仁親王の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東久邇成子
(照宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
久宮祐子内親王(昭和天皇の子)
 
鷹司和子
(孝宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
池田厚子
(順宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
上皇
明仁
(昭和天皇の子)
 
上皇后
美智子
(上皇明仁の妻)
 
常陸宮正仁親王(昭和天皇の子)
 
正仁親王妃
華子
(常陸宮正仁親王の妻)
 
島津貴子
(清宮)
(昭和天皇の子、臣籍降下)
 
近衞甯子(三笠宮崇仁親王の子、臣籍降下)
 
寬仁親王(三笠宮崇仁親王の子)
 
寬仁親王妃
信子
(寬仁親王の妻)
 
桂宮
宜仁親王
(三笠宮崇仁親王の子)
 
千容子(三笠宮崇仁親王の子、臣籍降下)
 
高円宮憲仁親王(三笠宮崇仁親王の子)
 
憲仁親王妃
久子
(高円宮憲仁親王の妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天皇
徳仁
(明仁の子)
 
皇后
雅子
 
皇嗣秋篠宮文仁親王(明仁の子)
 
皇嗣妃文仁親王妃紀子(秋篠宮文仁親王の妻)
 
黒田清子
(紀宮)
(明仁の子、臣籍降下)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彬子女王(寬仁親王の子)
 
瑶子女王(寬仁親王の子)
 
 
 
 
 
承子女王(高円宮憲仁親王の子)
 
千家典子(高円宮憲仁親王の子、臣籍降下)
 
守谷絢子(高円宮憲仁親王の子、臣籍降下)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敬宮愛子内親王(徳仁の子)
 
 
 
小室眞子(秋篠宮文仁親王の子)
 
佳子内親王(秋篠宮文仁親王の子)
 
悠仁親王(秋篠宮文仁親王の子)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 久我侯爵家の令嬢。厚子内親王の結婚時に度々取材に応じている[6]
  2. ^ 1959年(昭和34年)3月5日、衆議院内閣委員会において木原津與志議員(日本社会党)は「こういう現実の国民生活の中で、皇女がお嫁に行かれるのについて貨車何両も連ねた嫁入り道具を持っていかれるということは、同じ婚礼でありながらあまりに差がひど過ぎるという声が当時民間にあった」と批判したが、宇佐美毅宮内庁長官(当時)は「人目を驚かすような御準備ができるはずもございません」と完全に否定している[12]

出典[編集]

  1. ^ a b 1952年昭和27年)9月3日 朝日新聞「お支度もすべて簡素に 菊桜を御移植」
    なお「菊桜」は、サトザクラの一種
  2. ^ 『華ひらく皇室文化』 2018 p.6-7
  3. ^ 昭和6年宮内省告示第4号(『官報』号外、昭和6年3月7日)(NDLJP:2957722/16
  4. ^ 『官報』号外「宮廷録事」、昭和6年3月13日(NDLJP:2957727/16
  5. ^ 昭和6年宮内省告示第6号(『官報』号外、昭和6年3月13日)(NDLJP:2957727/16
  6. ^ 森 2014 p.41
  7. ^ ヴァイニング 2015 p.77
  8. ^ a b c 昭和の母皇太后さま 2000 p.189
  9. ^ a b c d e f 森 2014 p.43
  10. ^ 森 2014 p.44-43
  11. ^ 森 2014 p.33
  12. ^ “衆議院:内閣委員会”. 第14号. 第31回国会. (1959-3-5). https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=103104889X01419590305 
  13. ^ 森 2014 p.33-32
  14. ^ a b c d 森 2014 p.42
  15. ^ a b 昭和の母皇太后さま 2000 p.190
  16. ^ 彬子女王 2018 p.20
  17. ^ 岡山県赤十字有功会のご案内”. 2021年8月14日閲覧。
  18. ^ 池田動物園をおうえんする会>池田動物園の誕生
  19. ^ : 中日新聞臨時神宮祭主に黒田清子さん三重(CHUNICHI Web)” (2012年5月8日). 2012年6月6日閲覧。
    天皇家長女、黒田清子さんが就任 「伊勢神宮の臨時祭主」 どんな役職なのか J-CASTニュース” (2012年5月8日). 2012年6月6日閲覧。
  20. ^ 伊勢神宮祭主に黒田清子さん共同通信(2017年6月20日), 2017年6月20日閲覧。
  21. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」昭和16年(1941年)10月23日。

参考文献[編集]

  • 女性自身編集部 編『昭和の母皇太后さま : 昭和天皇と歩まれた愛と激動の生涯 : 保存版』光文社、2000年7月。ISBN 4334900925
  • 森暢平「昭和20年代における内親王の結婚:「平民」性と「恋愛」の強調」『成城文藝』、成城大学、2014年12月、 50-24頁、 NAID 110009879052
  • E・G・ヴァイニング皇太子の窓』小泉一郎訳、文藝春秋文春学藝ライブラリー〉、2015年4月20日。ISBN 978-4168130441 ※原著初版は1951年
  • 小松大秀監修『明治150年記念 華ひらく皇室文化 −明治宮廷を彩る技と美−』青幻社、2018年4月。ISBN 978-4861526442

外部リンク[編集]