増宮章子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

増宮章子内親王(ますのみや ふみこないしんのう、1883年明治16年〉1月16日 - 1883年9月8日)は明治天皇の第7子/第4皇女子。生母は花松権典侍千種任子千種有任の長女)。滋宮韶子内親王の同母妹。死因は慢驚風症(脳膜炎[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連作品[編集]

  • 転生内親王は上医を目指す(佐藤庵、2018年 - ):2018年に過労死した研修医が増宮章子内親王に転生し、夭折せずに成長して活躍する。