建宮敬仁親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

建宮敬仁親王(たけのみやゆきひとしんのう、1877年(明治10年)9月23日 - 1878年(明治11年)7月26日[1])は、日本皇族第122代明治天皇第二皇子。母は柳原愛子で、第123代大正天皇同母兄第124代昭和天皇伯父第125代天皇明仁大伯父第126代天皇秋篠宮文仁親王の曾祖伯父。

生涯[編集]

長兄が死産であったことから皇太子となるべき立場にあり、御名及び御称号からもそのことがうかがえるが、夭折した。1877年9月29日命名の太政官布告が出されている[2]。叙・三品。

お印は不詳。

住居として桃華殿を賜っている。この建物は1978年明治神宮社殿の東方に桃林荘として移築され、都選定歴史的建造物に指定されている。

葉室光子 (1853-1873)
 
 
 
 
 
稚瑞照彦尊 (1873・第一皇子・死産 )
 
 
 
 
 
 
橋本夏子 (1856-1873)
 
 
 
 
 
 
稚高依姫尊 (1873・第一皇女・死産 )
 
 
 
 
 
 
 
柳原愛子 (1855-1943)
 
 
 
 
 
 
 
 
梅宮薫子内親王 (1875-1876・第二皇女・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
建宮敬仁親王 (1877-1878・第二皇子・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明宮嘉仁親王 (1879-1926・第三皇子・大正天皇)
 
明治天皇
 
 
 
 
 
 
滋宮韶子内親王 (1881-1883・第三皇女・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
増宮章子内親王 (1883・第四皇女・夭折 )
 
 
 
 
千種任子 (1856-1944)
 
 
 
 
 
 
久宮静子内親王 (1886-1887・第五皇女・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭宮猷仁親王 (1887-1888・第四皇子・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
常宮昌子内親王 (1888-1940・第六皇女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹田宮恒久王[3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
周宮房子内親王 (1890-1974・第七皇女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北白川宮成久王[4]
 
 
 
 
 
 
 
富美宮允子内親王 (1891-1933・第八皇女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝香宮鳩彦王[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
満宮輝仁親王 (1893-1894・第五皇子・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
泰宮聡子内親王 (1896-1978・第九皇女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東久邇宮稔彦王[6]
 
 
 
 
 
 
 
貞宮多喜子内親王 (1897-1899・第十皇女・夭折)
 
 
 
園祥子 (1867-1947)

脚注[編集]

  1. ^ 明治11年7月27日太政官布告
  2. ^ 明治10年9月29日太政官布告第69号
  3. ^ 北白川宮能久親王の第一王子
  4. ^ 北白川宮能久親王の第三王子
  5. ^ 久邇宮朝彦親王の第八王子
  6. ^ 久邇宮朝彦親王の第九王子