園祥子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小菊典侍・園祥子

園祥子(その さちこ、1867年12月23日慶応3年11月28日) - 1947年昭和22年)7月7日)は、明治天皇側室伯爵園基祥の次女。宮中では小菊典侍(こぎく てんじ)と呼ばれた。

明治天皇との間に久宮静子内親王(夭折)・昭宮猷仁親王(夭折)・常宮昌子内親王竹田宮恒久王妃)・周宮房子内親王北白川宮成久王妃)・富美宮允子内親王朝香宮鳩彦王妃)・満宮輝仁親王(夭折)・泰宮聡子内親王東久邇宮稔彦王妃)・貞宮多喜子内親王(夭折)の2男6女を儲ける。

明治天皇の皇后は一条美子(昭憲皇太后)だが、皇后には懐妊の兆候がなく、明治天皇はこのままでは皇統断絶に繋がると考え、7人の側室を置くことを決めた。そのなかの一人が園祥子である。

明治天皇は園祥子を最も寵愛したと言われている。

明治天皇の崩御後は貞明皇后の女官長となり、若君(後の三笠宮崇仁親王)の出産に立ち会った。

子孫[編集]

葉室光子 (1853-1873)
 
 
 
 
 
稚瑞照彦尊 (1873・第一皇子・死産 )
 
 
 
 
 
 
橋本夏子 (1856-1873)
 
 
 
 
 
 
稚高依姫尊 (1873・第一皇女・死産 )
 
 
 
 
 
 
 
柳原愛子 (1855-1943)
 
 
 
 
 
 
 
 
梅宮薫子内親王 (1875-1876・第二皇女・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
建宮敬仁親王 (1877-1878・第二皇子・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
明宮嘉仁親王 (1879-1926・第三皇子・大正天皇)
 
明治天皇
 
 
 
 
 
 
滋宮韶子内親王 (1881-1883・第三皇女・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
増宮章子内親王 (1883・第四皇女・夭折 )
 
 
 
 
千種任子 (1856-1944)
 
 
 
 
 
 
久宮静子内親王 (1886-1887・第五皇女・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭宮猷仁親王 (1887-1888・第四皇子・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
常宮昌子内親王 (1888-1940・第六皇女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
竹田宮恒久王[1]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
周宮房子内親王 (1890-1974・第七皇女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北白川宮成久王[2]
 
 
 
 
 
 
 
富美宮允子内親王 (1891-1933・第八皇女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
朝香宮鳩彦王[3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
満宮輝仁親王 (1893-1894・第五皇子・夭折 )
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
泰宮聡子内親王 (1896-1978・第九皇女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東久邇宮稔彦王[4]
 
 
 
 
 
 
 
貞宮多喜子内親王 (1897-1899・第十皇女・夭折)
 
 
 
園祥子 (1867-1947)


  1. ^ 北白川宮能久親王の第一王子
  2. ^ 北白川宮能久親王の第三王子
  3. ^ 久邇宮朝彦親王の第八王子
  4. ^ 久邇宮朝彦親王の第九王子