この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

千家典子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千家典子
続柄 高円宮憲仁親王第二女子(大正天皇曾孫)
身位 女王降嫁
敬称 殿下→降嫁
お印
出生 (1988-07-22) 1988年7月22日(29歳)
日本の旗 日本 東京都港区愛育病院
配偶者 千家国麿(2014年 - )
父親 高円宮憲仁親王
母親 高円宮妃久子
テンプレートを表示

千家 典子(せんげ のりこ、1988年昭和63年〉7月22日 - )は、日本の元皇族で、出雲大社権宮司千家国麿の妻。結婚前の名と身位典子女王(のりこじょおう)で、皇室典範における敬称殿下高円宮憲仁親王同妃久子の第二女子。姉に承子女王、妹に絢子女王がいる。お印(らん)。栄典宝冠牡丹章(旧勲二等宝冠章に相当)。学位学士心理学)。

略歴

お印に選ばれた(写真はシラン、日本原産)

1988年(昭和63年)7月22日高円宮憲仁親王と同妃久子の第2子(次女)として誕生した[1]。名は憲仁親王が選び、お印は久子妃が選んだ。

松濤幼稚園に通い、学習院初等科女子中等科を経て、2007年(平成19年)3月に学習院女子高等科を卒業した。同年4月に学習院大学文学部心理学科に入学した。大学では臨床心理学等を学んだ。

2008年(平成20年)7月22日で満20歳となり、宝冠牡丹章を受章した。その後、成年皇族として宮中祭祀や式典にも参列している。

2011年(平成23年)3月20日に学習院大学文学部心理学科を卒業した。

2014年(平成26年)5月27日午前、出雲大社禰宜(当時)の千家国麿との婚約が内定したと宮内庁西ヶ廣渉宮務主管が記者会見で発表。同日午後には、宮内庁第一会議室で典子女王及び千家の記者会見が開かれた[2][3]。同年7月4日、納采の儀が執り行われた。同年10月2日午前、結婚を前に皇居宮中三殿にて賢所皇霊殿神殿に謁するの儀(かしこどころこうれいでんしんでんにえっするのぎ)が執り行われ、典子女王は小袿おすべらかしの姿で皇室の先祖と神々に対し結婚と皇籍を離れる旨を報告した[4]

同年10月5日午前7時半ごろ、前日に出雲市に入った典子女王を、宿泊先へ千家国麿の叔父が使者として迎えに行く入第の儀(じゅだいのぎ)が行われ、続いて11:00ごろより、夫となる千家の所属する出雲大社にて結婚式が行われた。出雲大社参道で、典子女王は黄色地に紅の向鸚鵡丸文と萌黄の植物文を散らしたに紫色の袴、国麿は黒の衣冠を身に付け、そのあとに両者の親族である黒留袖の久子妃、振袖の承子女王、絢子女王に夫の千家国麿の両親らが続いて歩き拝殿へ向かった。その後、典子女王が赤い小袿と紫色の長袴に着替え、国麿に続いて拝殿内に入った。なお、この儀式にて着用された小袿は典子女王の祖母である崇仁親王妃百合子貞明皇后から受け継いだもの、長袴は貞明皇后から受け継いだ生地で新たに作られたものと発表されている。儀式は同日正午までに終了した。式後、婚姻届が代理人により出雲市役所大社支所に提出、受理され、皇族の身分を離れ[5]、以後の名は千家典子となった[6][7]

披露宴は同月6日に松江市のホテル一畑で地元関係者向け、8日に東京のホテルで皇太子同妃三権の長らを招いて行われた[8]

結婚にあたっては、法に定められた規定により、国から一時金として1億675万円が彼女に支給された[8]。結婚後、出雲大社宮司の妻を「姫君様」と呼ぶ習慣に伴い、国麿の妻として大社職員らに「若姫君様」と呼ばれ、祭祀や行事の準備などの指示を学ぶことになる[8]

系譜

典子女王 父:
憲仁親王(高円宮)
祖父:
崇仁親王(三笠宮)
曾祖父:
大正天皇
曾祖母:
貞明皇后
祖母:
百合子
曾祖父:
高木正得
曾祖母:
高木邦子
母:
久子
祖父:
鳥取滋治郎
曾祖父:
鳥取為三郎[9]
曾祖母:
鳥取久壽[9][10]
祖母:
鳥取二三子
曾祖父:
友田二郎
曾祖母:
友田盛子


 
 
 
 
 
 
 
 
歴代天皇
 
歴代皇后
 
親王
 
内親王・女王
 
臣籍降嫁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇
 
貞明皇后
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇
 
香淳皇后
 
秩父宮
雍仁親王
 
勢津子
 
高松宮
宣仁親王
 
喜久子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三笠宮
崇仁親王
 
百合子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東久邇成子
(照宮)
 
久宮
祐子内親王
 
鷹司和子
(孝宮)
 
池田厚子
(順宮)
 
今上天皇
 
皇后美智子
 
常陸宮
正仁親王
 
華子
 
島津貴子
(清宮)
 
近衞甯子
 
寬仁親王
 
信子
 
桂宮
宜仁親王
 
千容子
 
高円宮
憲仁親王
 
久子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
皇太子
徳仁親王
 
雅子
 
秋篠宮
文仁親王
 
紀子
 
黒田清子
(紀宮)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彬子女王
 
瑶子女王
 
 
 
 
 
承子女王
 
千家典子
 
絢子女王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敬宮
愛子内親王
 
 
 
眞子内親王
 
佳子内親王
 
悠仁親王
 
 
 
 
 


脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 1988年(昭和63年)7月23日宮内庁告示第4号「憲仁親王妃久子殿下は、愛育病院において御出産、女王が御誕生になつた件」
    1988年(昭和63年)7月29日宮内庁告示第5号「御誕生になつた憲仁親王殿下の第二女子は、御名を典子と御命名になつた件」
  2. ^ 「自然と結婚という話に 高円宮典子さま・千家さん婚約内定」『読売新聞』2014年5月28日東京朝刊1頁参照。ほか、典子女王殿下のご婚約内定について(2014年5月27日)、宮内庁、2014年5月27日閲覧。
  3. ^ 「高円宮典子さま婚約内定 会見で喜び語られる」日本放送協会2014年5月27日
  4. ^ “髪をおすべらかしに…典子さま、お別れの拝礼”. 読売新聞. (2014年10月2日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20141002-OYT1T50053.html 2014年10月5日閲覧。 
  5. ^ 平成26年10月5日宮内庁告示第12号「典子女王殿下が結婚のため皇族の身分を離れられる件」 (PDF) 」 、『官報』号外特第19号、2014年10月5日、 1頁、2014年10月6日閲覧。
  6. ^ この段落の出典。“典子さま、千家さんと結婚 出雲大社で”. 日本経済新聞. (2014年10月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG05H01_V01C14A0000000/ 2014年10月5日閲覧。 
  7. ^ この段落の出典。典子さまと千家さん結婚=皇室離れ、出雲で新生活へ-高円宮ご一家ら出席”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2014年10月5日). 2014年10月5日閲覧。
  8. ^ a b c “典子さまご結婚 女王殿下から宮司を支える妻「姫君様」への道”. サンケイスポーツ. (2014年10月6日). http://www.sanspo.com/geino/news/20141006/sot14100605030003-n3.html 2016年2月7日閲覧。 
  9. ^ a b 『大衆人事録. 第12版 近畿・中国・四国・九州篇』香川五
  10. ^ 或は久嘉 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)下ト一〇一

関連項目

外部リンク