鳥取滋治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とっとり しげじろう
鳥取 滋治郎
生誕 1924年2月1日[1]
香川県[1]
死没 (2013-02-10) 2013年2月10日(89歳没)[1]
東京都港区北里研究所病院
死因 急性白血病[1]
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学法学部[1]
肩書き 三井物産海外業務部長[1]
東邦物産専務[1]
東海観光会長[2]
配偶者 鳥取二三子[1]
子供 憲仁親王妃久子[1]
父・鳥取為三郎[3]
母・久壽[3](或は久嘉[4]

鳥取 滋治郎(とっとり しげじろう、1924年大正13年)2月1日 - 2013年平成25年)2月10日)は、日本実業家鳥取綱太郎(元四国コカ・コーラボトリング社長)は実兄。長女の久子は高円宮憲仁親王結婚して憲仁親王妃久子となった。承子女王千家典子守谷絢子は孫。

経歴[編集]

香川県[1]三豊郡笠田村(現三豊市豊中町)出身。鳥取為三郎の二男[4]東京帝国大学法学部を卒業した[1]

東邦物産の専務[1]フランス三井物産社長[5]東海観光会長[2]などを務めた。

晩年は日本学生協会基金で講演を行うなどの活動をしていた[6][7]

2002年の高円宮憲仁親王の葬儀では親族総代を務めた[2]

2013年2月10日に急性白血病のため死去[8]。89歳没。

家族・親族[編集]

鳥取家[編集]

香川県三豊市豊中町東京都
鳥取家は香川県三豊郡笠田村(現三豊市豊中町)の旧家である。
嘉永6年4月生[9] - 没
1886年明治19年)家督相続する[9]農業を営み香川県多額納税者である[9]
1888年(明治21年)2月生[10] - 没
1911年(明治44年)早大商科を卒業し祖業を継ぎ仁尾塩田、讃岐煉瓦各会社の取締役である[10]宗教浄土真宗[10]
  • 母・久壽[3](或は久嘉[4])(香川、岩井徳一の妹[10]
1898年(明治31年)1月生[10] - 没
1919年(大正8年)12月生[10] - 2006年(平成18年)3月2日没[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l “鳥取滋治郎氏死去=高円宮妃久子さまの父”. 時事ドットコム (時事通信社). (2013年2月10日). http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013021000097 2013年2月15日閲覧。 
  2. ^ a b c “鳥取滋治郎氏死去 高円宮妃久子さまの父”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2013年2月10日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/130210/imp13021020570002-n1.htm 2013年2月15日閲覧。 
  3. ^ a b c d e 『大衆人事録. 第12版 近畿・中国・四国・九州篇』香川五
  4. ^ a b c 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)下ト一〇一
  5. ^ 高円宮妃久子さまの父、鳥取滋治郎氏(19日、東京都品川区・桐ヶ谷斎場)
  6. ^ JNSA基金活動報告 : 鳥取様による講演会 JNSA基金
  7. ^ “高円宮妃久子さまの父、鳥取滋治郎氏(19日、東京都品川区・桐ヶ谷斎場)”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2013年2月20日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/130220/imp13022000180000-n1.htm 2013年3月4日閲覧。 
  8. ^ 高円宮妃久子さまの父・鳥取滋治郎さん死去 日テレプラス 2013年2月10日閲覧
  9. ^ a b c d e 『人事興信録. 第8版』(昭和3年)ト六五
  10. ^ a b c d e f g h 『人事興信録. 第13版』(昭和16年)下ト七一
  11. ^ “鳥取綱太郎氏死去/元四国コカ・コーラボトリング社長”. 四国新聞. (2006年3月3日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/okuyami/article.aspx?id=20060303000311 2017年11月30日閲覧。 
  12. ^ 日本経済新聞 昭和59年7月25日 30面