井口省吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井口 省吾
Iguchi Shogo.jpg
生誕 1855年9月20日
日本の旗 駿河国
死没 (1925-03-04) 1925年3月4日(69歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1877 - 1920
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

井口 省吾(いぐち しょうご、安政2年8月10日1855年9月20日) - 大正14年(1925年3月4日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大将日清戦争日露戦争期を代表する軍人の一人である。駿河国出身。

経歴[編集]

歩兵第九聯隊大津分営に兵卒として入営し、翌年、陸軍士官学校を受験している。

陸軍士官学校(旧2期)、陸軍大学校(1期)を経てドイツ留学。日露戦争時には満州軍総司令部参謀となり、奉天会戦などの作戦指揮にあたった。児玉源太郎は口癖のように、「俺には普賢菩薩文殊菩薩がついている。」と井口と松川敏胤の両名を頼りにしていたという。またドイツ留学の経験を生かし、いろいろな訳書を行った。明治39年(1906年)に功二級金鵄勲章、大正3年(1914年)に勲一等瑞宝章を受章している。反長州閥として知られ、東條英機の父である東條英教とは親友であった。

年表[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  2. ^ 『官報』第4027号「叙任及辞令」1896年11月30日。
  3. ^ 『官報』第4302号「叙任及辞令」1897年11月1日。
  4. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。
  5. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  6. ^ 『官報』第539号「叙任及辞令」1914年5月18日。
  7. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  8. ^ 『官報』第1930号「叙任及辞令」1919年1月11日。
  9. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等旭日大綬章受章者一覧(戦前の部)

文献[編集]

  • 井口省吾文書研究会『日露戦争と井口省吾』原書房、1994年。
  • 波多野勝編『井口省吾伝』現代史料出版、2002年。ISBN 4-87785-098-8

関連項目[編集]


先代:
内山小二郎
第15師団長
第5代:1912年11月27日 - 1915年1月25日
次代:
由比光衛
先代:
安東貞美
朝鮮駐剳軍司令官
第4代:1915年1月25日 - 1916年8月18日
次代:
秋山好古