松川敏胤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松川 敏胤
Matsukawa Toshitane.jpg
生誕 1859年12月2日
仙台藩
死没 (1928-03-07) 1928年3月7日(68歳没)
所属組織 日本陸軍
軍歴 1882 - 1923
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

松川 敏胤(まつかわ としたね、安政6年11月9日1859年12月2日) - 昭和3年(1928年3月7日)は、日本陸軍軍人軍事参議官朝鮮軍司令官東京衛戍総督第10第16師団長を歴任し、階級は陸軍大将従二位勲一等功二級に至る。宮城県仙台市出身。

経歴[編集]

仙台藩士・松川安輔の長男として生まれる。藩校養賢堂小学校教員二松学舎を経て、陸軍士官学校で学び、明治15年(1882年)12月25日、陸士を卒業し陸軍歩兵少尉に任官、広島鎮台歩兵第11連隊第1大隊付となる。士官生徒第5期(所謂旧5期)の松川の同期には青島守備軍司令官の由比光衛大将や第5師団小原伝中将第17師団長の星野金吾中将等がいる。

松川は陸軍大学校に進み、明治20年(1887年)12月、外6名の卒業生と共に第3期で卒業、優等の成績を修める。中佐であった明治32年(1899年)6月8日からドイツ公使館附を命ぜらる。明治34年(1901年)11月3日に陸軍大佐に進級。帰国して明治35年(1902年)5月5日から参謀本部第1部長兼東部都督部参謀長を命ぜられる。

明治37年(1904年)6月20日から臨時編成の満州軍作戦参謀として日露戦争に出征、同38年(1905年)1月30日、陸軍少将に進級する。明治39年(1906年)4月25日から参謀本部第1部長兼第5部長に補せられる。同年11月19日に第5部長の兼職を解かれる。明治41年(1908年)12月21日、歩兵第6旅団長に移り、同44年(1911年)9月6日、歩兵第2旅団長に移る。明治45年(1912年)2月14日、第10師団長に進み[1]、同2月24日をもって陸軍中将に進級する。

大正3年(1914年)8月8日から第16師団長に移り、同5年(1916年)8月18日には東京衛戍総督に就任する。大正6年(1917年)8月6日、朝鮮駐剳軍司令官に進み、同7年(1918年)6月1日、軍の呼称変更に合わせて朝鮮軍司令官に就く。同年7月2日陸軍大将に進み、同年7月24日就任の軍事参議官を経て大正11年(1922年)11月24日、待命となり、翌年の3月23日、予備役編入となる。昭和3年(1928年)3月7日死去。

人物[編集]

優秀な人物であり、駐在武官にも任じられている。黒溝台会戦時の判断について賛否があり、司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』での評価についても賛否がある。

栄典[編集]

位階
勲章等
外国勲章等佩用允許

親族[編集]

  • 妻 達子(工学技師片岡敬直の娘)
  • 娘婿 西大条胖(陸軍中将・長女である千代の娘婿)
  • 継嗣 恭佐(満洲国牡丹江林野局営林局長等を歴任した林業技師。ヒバ林研究で名高く、現在実施のヒバ天然林施業を確立)

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第8594号、明治45年2月15日。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 陸軍大将男爵内山小二郎外三名特旨叙位ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A11113162600 
  3. ^ 『官報』第6507号「叙任及辞令」1905年3月13日。
  4. ^ 『官報』第848号「叙任及辞令」1915年6月1日。
  5. ^ 『官報』第1799号「叙任及辞令」1918年8月1日。
  6. ^ 『官報』第3215号「叙任及辞令」1923年4月21日。
  7. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。
  8. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  9. ^ 『官報』第539号「叙任及辞令」1914年5月18日。
  10. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  11. ^ 『官報』第357号「叙任及辞令」1928年3月9日。
  12. ^ 『官報』第5778号「叙任及辞令」1902年10月6日。

参考文献[編集]

  • 小谷野修『男子の処世 奇才戦略家松川敏胤参謀と日露戦争』光人社、1995年。 ISBN 4-7698-0712-0
  • 長南政義「史料紹介 松川敏胤の手帳――満洲軍参謀松川敏胤が語った日露戦争「日露戦争ノ勝敗ヲ逆睹シタルヤ」――」(『國學院法研論叢』第36号、國學院大學大学院法学研究科、2009年3月)
  • 長南政義「史料紹介 陸軍大将松川敏胤の手帳および日誌――日露戦争前夜の参謀本部と大正期の日本陸軍――」(『國學院法政論叢』第30輯、國學院大學、2009年3月)
  • 長南政義「陸軍大将 松川敏胤伝 第一部 --補論:黒溝台会戦と敏胤~満洲軍総司令部の不覚」(『國學院法研論叢』第38号、國學院大學、2011年)


先代:
小泉正保
第10師団長
第5代:1912年2月14日 -1914年8月8日
次代:
山口勝
先代:
長岡外史
第16師団長
第3代:1914年8月8日 - 1916年8月18日
次代:
山口勝
先代:
神尾光臣
東京衛戍総督
第6代:1916年8月18日 - 1917年8月6日
次代:
仁田原重行
先代:
秋山好古
朝鮮駐剳軍 ・朝鮮軍司令官
在任中の1918年6月1日に改称
第6代:1917年8月6日 - 1918年6月1日
初代:1918年6月1日 - 同7月24日
次代:
宇都宮太郎