村雨退二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村雨 退二郎(むらさめ たいじろう、1903年3月21日 - 1959年6月22日)は、時代・歴史小説家。

鳥取県出身。本名は坂本俊一郎。独学し『秀才文壇』などに詩を投稿。農民運動に参加するが、1928年三・一五事件で検挙される。出所後は歴史小説を書き、1935年「泣くなルヴィニア」で「サンデー毎日」大衆文芸賞に入選。[1]

著書[編集]

  • 『妖美伝』教育社 新歴史文学選書 1940
  • 『火術深秘録』国文社 1942
  • 『愁風嶺』三邦出版社 1942
  • 『高松美丈夫』那古野書房 1942
  • 『盤山僧兵録』越後屋書房 1942
  • 『法曹奇譚』六合書院 1943
  • 『戊辰の旗』大日本出版閣 1943
  • 『南奇兵隊』聖紀書房 1944
  • 『天明大盗伝』同光社 1951
  • 『日本名婦伝 輝く名婦烈婦』安以行孝絵 偕成社 偉人物語文庫 1954
  • 『悲恋行』豊文社 1954
  • 『春秋しのぶ笠』同光社 1955
  • 『日本名僧伝 名僧名知識列伝』伊藤幾久造絵 偕成社 偉人物語文庫 1955
  • 『武道名試合秘録』鱒書房 歴史新書 1955
  • 応天門』河出新書 1956
  • 『近世暗殺史』鱒書房 歴史新書 1956
  • 『新版武道伝来記』同光社 新鋭書下ろし選書 1956
  • 『立ち涌く雲』同光社 大衆小説名作選 1956
  • 『矢立峠 相馬大作』北辰堂 1956
  • 『快剣示現流』光風社 1957
  • 『史談蚤の市 こぼればなし』北辰堂 1957 のち中公文庫
  • 『天草騒動記』加藤敏郎絵 偕成社 実録時代小説 1958
  • 『史談あれやこれ』北辰堂 1958 のち中公文庫
  • 『明治巌窟王』講談社 1972 のち中公文庫

共著[編集]

  • 『明治・大正・昭和大事件秘録』皆川美彦共著 秀光書房 1936
  • 『考証江戸事典』南条範夫編 人物往来社 1964(村雨の遺稿を南條が整理補筆したもの)
  • 『大衆文学大系 27 (角田喜久雄,山手樹一郎,村雨退二郎)』講談社 1973

脚注[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典