スコーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スコーネ旗
スウェーデンにおけるスコーネ地方

スコーネ(Skåne)は、スウェーデン南部イェータランドにあるスコーネ地方を指す場合と、スウェーデンの県の一つであるスコーネ県を指す場合がある。一般にスコーネと言う時にはスコーネ地方を指していることが多い。

中心都市はマルメで、スウェーデンではストックホルムイェーテボリに次ぐ3番目に大きい都市である。他にヘルシンボリ、古都であるルンド[1]クリスティアンスタードなどの都市がある。

方言[編集]

この地方ではスコーネ語(skånska)というスウェーデン語方言のひとつが話されており、この地方の出身者を特徴づけるよりどころともなっている。

歴史[編集]

歴史的にはデーン人の勢力範囲で17世紀まではデンマーク領であったため文化言語などの面でデンマークの影響を強く受けている。スコーネ地方ではスコーネ地方独自の旗が存在し、デンマーク寄りの人々の間では、青地に黄色十字のスウェーデン国旗ではなく、赤地に白十字のデンマーク国旗に似た赤地に黄色十字という旗が掲げられる。スウェーデンの国歌もスコーネでは、一部分を代えて歌われている。

1658年ロスキレ条約によってスコーネはスウェーデンへ割譲されたが、スコーネ領有を巡る両国の争いは、18世紀まで続いた。主な戦争は、16世紀北方七年戦争17世紀トシュティンソン戦争北方戦争スコーネ戦争、そして18世紀大北方戦争である。北方戦争後の係争は、いずれもデンマークが敗退し、スウェーデンの領土が確定した。

スウェーデンへの割譲前後には、スコーネ地方の分離独立主義者によるゲリラ活動が主にスウェーデンに対して行われており、しばらくは不穏な地域でもあった。スウェーデン政府の同化政策により、18世紀には、良きスウェーデン人となっていった。

エーレスンド橋の開通によって、現在では経済的繋がりが今まで以上に強化され、スウェーデンに居住してデンマークで仕事をするスウェーデン人やデンマークに居住してスウェーデンで仕事をするデンマーク人が着実に増加しつつある。現代においては、デンマークと地続きとなり、スウェーデン人の枠を越えた国際関係を築き上げている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デーン人北海帝国の首都はルンドであった。

参考文献[編集]

読書案内[編集]

関連項目[編集]