竹原芳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
どんぐり (女優)から転送)
たけはら よしこ
竹原 芳子
竹原 芳子
Zepp DiverCityにて(2018年11月)
本名 竹原 芳子[1]
別名義 どんぐり
西天満亭 どんぐり
葵樹 泉
生年月日 (1960-02-10) 1960年2月10日(62歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府
身長 147 cm
血液型 B型
職業 女優
お笑いタレント
ジャンル 舞台映画
活動期間 2010年 - (お笑い)
2016年 - (女優)
主な作品
映画
カメラを止めるな!
テレビドラマ
ルパンの娘
探偵・由利麟太郎
テレビ番組
片っ端から喫茶店
ウェブドラマ
くちびるWANTED
ハリウッド大作戦!
CM
J:COM「わたしの見たい!!があるTV。」
テンプレートを表示

竹原 芳子(たけはら よしこ、1960年2月10日[2][3] - )は、日本の女優、元お笑いタレント大阪府出身[2]。旧芸名:どんぐり[4]

アマチュア落語家として活動する際の高座名は西天満亭どんぐり[5]

経歴[編集]

短期大学卒業後の[6]20歳のときに証券会社に入社[7]。21歳のときに1982年に創立したばかりの吉本総合芸能学院(NSC)大阪校1期生の募集を見て応募しようとしたが周囲の反対があって会社を辞められずに断念[7][8][9]。証券会社では営業職として働いたのち、40歳のときからは裁判所の臨時の事務官として働いて人生を送った[6][8][10]

裁判所勤務時に自分の話が相手にうまく伝わっていないことがあったことから話し方教室に通い[10]、そのつながりで2007年頃にNHK文化センター落語教室にも通い始める[11]。落語を習ったことをきっかけに表現することの楽しさに目覚め[11]、裁判所勤務のままアマチュア落語家として高座に上がるようになる[5]

50代になった2010年に、「ここから第二の人生だと思ってやりたかったことをもう1回やろう」という動機で[10][12]、約30年前に断念していたNSC大阪校に33期生として入所[5](同期はコロコロチキチキペッパーズ霜降り明星など[7])。どんぐりという芸名でピン芸人として活動[9][5]。しかし、次第に芸人活動からは離れていき、落語家を志して落語教室を通っていたときの講師だった桂文華に弟子入りを志願するが、年齢を理由に断られる[10]

55歳になった頃に芝居の勉強をしたいと考えワークショップに通い始め[10]2016年からは間寛平が座長を務める「劇団間座」の公演に参加し、女優活動を開始[13]。ここでは葵樹泉の名義を使用し、旗上げ公演『恋の虫』に出演[14]。以降、同劇団の『発明王』『クリスマスコメディ』に出演。

2017年ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第6弾で製作された『退屈な日々にさようならを』の舞台挨拶を観たことをきっかけに、本名の竹原芳子名義で同プロジェクト第7弾に参加[6]。そこで制作された『カメラを止めるな!』にて長編映画初出演を果たし、メインキャストの中でも登場シーンは少なめだったものの特徴的な見た目と耳に残る大阪弁で観客に強い印象を与える[15]2018年9月13日、8年間所属したよしもとクリエイティブ・エージェンシーを離れ、映画24区に所属する[2][15][16]。映画24区所属を機に、「子供からお年寄りまで覚えてもらいやすい名前に」という理由で[17]芸名を再びどんぐりに戻している[10][15]。その際「竹原どんぐり」にしようかと考えたが、竹原ピストルと被るのではと懸念し断念した。

50代になってから芸能活動を始めて活躍を見せたことから注目を集め、2019年6月8日には、かつて自身も受講していたNHK文化センター梅田教室にて講演会「どんぐりの挑戦 〜落語から始まった、遅咲きの人生〜」を開催[18]

同年6月5日発売の海蔵亮太のデビュー曲『愛のカタチ』でミュージックビデオに初出演かつ初主演。認知症の女性という難しい役柄を好演し、海蔵からも「どんぐりさんの演技が、より物語に深みを与えて下さった」と評された[19]。更に2019年7月期の木曜劇場ルパンの娘』(フジテレビ系)で、主人公の祖母・三雲マツ役にて初の連続ドラマレギュラー出演を果たす。レギュラー出演が決まったときは「ドッキリカメラではないかと思った」という[20]。そんな発言があったからか、8月24日放送の『ドッキリGP』では、『ルパンの娘』共演の小沢真珠加藤諒とともに、目の前に元谷芙美子アパホテル社長)が突然現れる「アパドッキリ」を仕掛けられた[21]

契約満了のため、同年9月12日をもって所属していた映画24区を退所[22]

2020年11月開始の関西ローカル番組『片っ端から喫茶店』(テレビ大阪)でレギュラー出演[23]

2021年3月31日、再び本名の竹原芳子を活動名義とすることを発表した[24]

2022年1月、自身初の著書『還暦のシンデレラガール』をサンマーク出版より出版[4][25]

人物・エピソード[編集]

趣味は山歩き、神社仏閣巡り[2]。特技は落語河童真似下駄縄跳びエアーシンクロナイズドスイミング、舌鼓といった特徴的なものを挙げている[2]。よしもと所属後もアマチュア落語家としての活動を続け、2015年3月15日開催「神戸おこし亭アマチュア落語コンテスト THE落語女王2015」では「親子酒」を披露し審査員特別賞を受賞した[26]。食べ物の好みは、大の好き、あんこ好き[27]

身長が低かったり、が小さかったりが広かったりする容姿や、関西弁を操る個性的な声が特徴。これらの特徴は竹原にとってはコンプレックスだったが、落語を習ったことでそれが持ち味となり、のちのお笑い活動や女優活動に活かされている[10][16][28][29]。特にお笑い活動時は小動物的な動きとして身長の低さを活かしたり、額を特徴としたネタを披露したりしていた[30]。また、そのインパクトのある見た目とは対照的に、役者としては安定した人間味のある芝居をこなすと映画24区所属時のプロフィールで紹介されていた[2]

映画『カメラを止めるな!』では他のメインキャストに比べ竹原の出番はやや少なめだったが、映画を観た人からは「インパクトがすごかった」「どこから連れて来たんだ」とよく言われたと監督の上田慎一郎は語っている[31]。同映画を取り上げたテレビ番組では竹原について、西川貴教は「週刊ヤングマガジンぐらいにしか出てこないキャラ」、清水ミチコは「AIだと思った」と感想を述べた[32]

シネマプロジェクトのオーディションに応募する際、履歴書ではなくそのチラシの裏に名前を書いてファクスで送信した[10][33]。また、オーディション参加の時点には、劇団間座でのの役しか演じたことがなく、オーディションの場では思い切り蛾を披露してみせた。ブレーキのない、底抜けに明るい点が監督の上田に気に入られ採用となった[31]。「劇団間座」での経験が活きたことから座長の間寛平には感謝の気持ちを持っている[12]

50歳になったとき「ここから第二の人生だ」と思ったきっかけは、1996年NHK大河ドラマ秀吉』で、渡哲也演ずる織田信長が「人間50年…」と言って炎の中で死ぬシーンが脳内に焼き付いていたことから。「私、織田信長だったら死んどるで」「ここから第二の人生やん」と思って、一度は断念していたお笑いの世界に飛び込むこととなった[10][12]

裁判所勤務時代に落語を習っていた頃、発表会のための高座名が必要になった際、同じく教室の人から「あんたの名前考えたある。『原亭どんぐり』どうや?」と言われ、「どんぐり」の部分を採用して「西天満亭どんぐり」とした[24]。その後の芸人時代、このときの高座名から芸名を「どんぐり」としたが、これは何かインパクトのある芸名が必要という相談になったときに、NSCの同期生だった芸人の堀川絵美が「どんぐりっぽくないですか」と言ったことがきっかけになっていると堀川の談による[34]

女優活動が本格化してからアマチュア落語家としての活動は控えられていたが、2022年7月公開のフランス映画キャメラを止めるな!』のシネマ・ロサでの舞台挨拶にて、7年ぶりに「天満亭どんぐり」として登場し、小話を披露した[35]

出演[編集]

映画[編集]

短編映画[編集]

  • ぱん。(2016年、監督:阪元裕吾・辻凪子) - 店長の妻 みさえ 役 ※「葵樹泉」名義
  • 8年と1泊2日(2018年、監督:東かほり) - 旅館の女将 役 ※「たけはらよしこ」名義[40]
  • カメラを止めるな!リモート大作戦!(2020年、監督:上田慎一郎) - 笹原芳子 役[41]

テレビドラマ[編集]

ウェブドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

インターネットテレビ[編集]

舞台[編集]

  • 劇団間座「恋の虫」(2016年12月24日・25日、HEP HALL) - 蛾 あいこ 役[63] ※「葵樹泉」名義
  • 劇団間座「発明王」(2017年9月17日・18日、ABCホール) - 人造人間1号 役 ※「葵樹泉」名義
  • NGK30周年記念公演「間寛平クリスマスコメディ feat.劇団間座 〜ホーリーナイト アーヘーナイト〜」(2017年12月24日、なんばグランド花月) - 電機屋店員 役 ※「葵樹泉」名義

公演中止[編集]

CM[編集]

MV[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年11月4日のイベント上映を経て劇場公開。
  2. ^ 2018年12月1日「MOOSIC LAB 2018」での上映を経て劇場公開。
  3. ^ 日本語版の吹き替えも担当。
  4. ^ ウェブ配信後、ENBUゼミナール配給で2019年3月21日より劇場公開。
  5. ^ ウェブ配信後、『東京03とスタア』ミニコーナーとしてテレビ放送。

出典[編集]

  1. ^ どんぐり - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2018年10月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f どんぐり”. 映画24区. 2019年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月19日閲覧。
  3. ^ プロフィール”. どんぐりの今日のデコ板. 2013年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月18日閲覧。
  4. ^ a b 50歳で一念発起 女優・竹原芳子さん”. 産経ニュース (2022年4月6日). 2022年4月6日閲覧。
  5. ^ a b c d とびだしNSC!(7/2 O.A)”. いえすの ”す”. YES-fm (2010年7月12日). 2018年9月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年9月18日閲覧。
  6. ^ a b c CAST”. 映画『カメラを止めるな!』公式サイト. ENBUゼミナール. 2018年9月18日閲覧。
  7. ^ a b c d “どんぐり:「カメ止め」女優 NSCでダウンタウンと同期になるはずだった?”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年5月30日). https://mantan-web.jp/article/20190529dog00m200054000c.html 2019年5月30日閲覧。 
  8. ^ a b c “コロチキナダルが浜田に悪口を!? Mattの顔遍歴や“カメ止め”どんぐりの波乱万丈人生も 『ダウンタウンDX』”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2019年5月30日). https://music-book.jp/music/news/news/261606 2019年5月30日閲覧。 
  9. ^ a b 「あらびき団」2011年8月9日(火)放送内容”. 価格.com. テレビ紹介情報. 2018年9月18日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i どんぐり (2018年10月13日). 「カメ止め」で怪演! 50歳すぎて役者を目指した個性派女優の数奇な半生. インタビュアー:土井大輔. DANRO (朝日新聞社).. https://www.danro.bar/article/11877175 2018年10月13日閲覧。 
  11. ^ a b 上田慎一郎監督による長編映画『カメラを止めるな!』(仮)への製作上映支援プロジェクト!”. MotionGallery. 2018年9月18日閲覧。
  12. ^ a b c “カメ止めでブレーク!どんぐり「寛平さんに感謝」”. SANSPO.COM. (2020年6月11日). https://www.sanspo.com/article/20200611-US566PVTN5MMDDJWCBL7QXRACA/ 2020年6月11日閲覧。 
  13. ^ 間寛平、カメ止め女優との意外な関係明かす「うまいこといったらいいな」 - トレンドニュース”. trendnews.yahoo.co.jp. 2018年9月30日閲覧。
  14. ^ “寛平マラソン2019、今回はひな祭り3・3開催でっせ~!”. サンケイスポーツ. (2018年8月30日). https://www.sanspo.com/article/20180830-XEYBU4ZYERNSLAPSBUTE5IZ444/2/ 2018年9月18日閲覧。 
  15. ^ a b c “カメ止めの適当P役女優「素は遠慮がち」”. Lmaga.jp. (2018年10月16日). https://www.lmaga.jp/news/2018/10/50317/ 2018年10月17日閲覧。 
  16. ^ a b 「カメラを止めるな!」出演女優、所属事務所が次々決定”. 映画.com (2018年9月18日). 2018年9月18日閲覧。
  17. ^ a b “「カメ止め」出演女優・どんぐり、芸人時代の一発芸に有吉「女バカリズムだ」”. お笑いナタリー. (2018年12月8日). https://natalie.mu/owarai/news/311339 2018年12月9日閲覧。 
  18. ^ NHK文化センター梅田教室:どんぐりの挑戦 ~落語から始まった、遅咲きの人生~”. NHKカルチャー. 2019年4月26日閲覧。
  19. ^ a b “カメ止め女優・どんぐりがMV初主演、海蔵亮太の「愛のカタチ」新MVで笑いと涙の名演技”. SPICE (イープラス). (2019年5月30日). https://spice.eplus.jp/articles/239829 2019年5月30日閲覧。 
  20. ^ “深田恭子主演『ルパンの娘』泥棒一家“Lの一族”に渡部篤郎、小沢真珠、栗原類、どんぐり、麿赤兒”. TVLIFE web (学研プラス). (2019年6月1日). http://www.tvlife.jp/entame/227192 2019年6月1日閲覧。 
  21. ^ a b 【公式】木10『ルパンの娘』 [@lupin_no_musume] (2019年8月20日). "其の三💎 小沢真珠 さん・加藤諒 さん・どんぐり さん" (ツイート). Twitterより2019年8月21日閲覧
  22. ^ どんぐり(竹原良子) [@YoshikoTakehar1] (2019年9月15日). "私、どんぐり は、9月12日を持ちまして、映画24区との契約期間が満了し、専属契約を終了しました。" (ツイート). Twitterより2019年9月15日閲覧
  23. ^ “テレビ大阪で妙な番組がスタート⁉大阪の喫茶店をしらみつぶしに紹介する「片っ端から喫茶店」11月6日(金)放送開始!YouTubeではさらに深く喫茶店を掘り下げます” (プレスリリース), テレビ大阪株式会社, (2020年11月4日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000787.000020945.html 2021年2月2日閲覧。 
  24. ^ a b 2021年3月31日 どんぐり は、竹原芳子 に改名しました。”. Instagram (2021年3月31日). 2021年4月1日閲覧。
  25. ^ “「カメ止め」出演、58歳でブレーク 竹原芳子さんの人生論”. 毎日新聞. (2022年2月22日). https://mainichi.jp/articles/20220221/k00/00m/040/160000c 2022年2月22日閲覧。 
  26. ^ 本選会の結果一覧”. 落語女王2015 本選会ご案内. 三ノ宮南 まちづくり協議会. 2018年9月24日閲覧。
  27. ^ 中島慶子 (2019年5月17日). “女優のどんぐりさんが手みやげに推薦!寶菓匠 菅屋の金覆輪(きんぷくりん)。”. クロワッサン オンライン. マガジンハウス. 2018年9月24日閲覧。
  28. ^ 【映画情報】カメラを止めるな!”. asobist.com. シネマピア. コダマコーポレーション (2018年4月25日). 2018年9月24日閲覧。
  29. ^ “カメ止め一同しゅはまの掛け声で“一ポンッ締め””. 日刊スポーツ. (2018年9月6日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201809060000923.html 2018年9月24日閲覧。 
  30. ^ ゆりちゃん (2010年12月28日). “■どんぐり■”. ネタ-ウォーズ~~. 2018年9月24日閲覧。
  31. ^ a b “ネタバレ注意!「カメラを止めるな!」上田慎一郎がキャスト13人を語る”. 映画ナタリー. (2018年8月31日). https://natalie.mu/eiga/news/297240 2018年9月24日閲覧。 
  32. ^ “【エンタがビタミン♪】『カメラを止めるな!』女性プロデューサー役に注目 西川貴教「ヤンマガのキャラ」清水ミチコ「AIだと…」”. Techinsight. (2018年8月20日). http://japan.techinsight.jp/2018/08/miyabi08201148.html 2018年9月24日閲覧。 
  33. ^ チーム『カメ止め!』感染者(編)、2018、「愛すべき全キャストインタビュー」、『映画『カメラを止めるな!』アツアツファンブック 『カメラを止めるな!』を止めるな!熱狂のポンデミック』、KADOKAWA p. 43
  34. ^ 【ぴいぷる】堀川絵美、憧れの舞台へ発車オーライ!バスガイドで磨いた声量、吉本で鍛えられた度胸”. 夕刊フジ (2020年7月1日). 2020年7月3日閲覧。
  35. ^ “仏映画「キャメラを止めるな!」出演竹原芳子「勢いでやってます。人生のキャメラを止めるな!」”. 日刊スポーツ. (2022年7月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202207260001316.html 2022年7月27日閲覧。 
  36. ^ どんぐり(竹原良子) [@YoshikoTakehar1] (2019年9月8日). "何処かにいますので、私も探していただけると嬉しいです。 #かぐや様は告らせたい" (ツイート). Twitterより2019年9月15日閲覧
  37. ^ “松坂桃李主演「あの頃。」にぱいぱいでか美、増子直純、MONO NO AWARE、ニーネら出演”. 映画ナタリー. (2021年1月5日). https://natalie.mu/music/news/411351 2021年10月25日閲覧。 
  38. ^ “『ルパンの娘』映画化決定!!” (日本語) (プレスリリース), 東映, (2020年12月3日), https://www.toei.co.jp/release/movie/1223706_979.html 2020年12月4日閲覧。 
  39. ^ “フランス版『キャメラを止めるな!』竹原芳子も登場の予告完成 来月カンヌでプレミア上映”. クランクイン!. (2022年4月27日). https://www.crank-in.net/news/106918/1 2022年4月29日閲覧。 
  40. ^ クリエイターコースプログラム”. ムビハイ 18. 映画学校のニューシネマワークショップ(NCW). 2018年9月19日閲覧。
  41. ^ “チーム「カメ止め」 顔合わさず短編 上田慎一郎監督”. 東京新聞. (2020年4月30日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/7150 2020年6月1日閲覧。 
  42. ^ “「カメ止め」女優・どんぐりが厚生労働大臣役!『リーガルV』で米倉涼子と初共演”. TV LIFE. (2018年12月6日). http://www.tvlife.jp/entame/200575 2018年12月6日閲覧。 
  43. ^ 【公式】ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」 [@damekoi_abctv] (2018年12月7日). "深夜のダメ恋図鑑 最終回のゲスト解禁②!" (ツイート). Twitterより2018年12月9日閲覧
  44. ^ 金曜8時のドラマ「執事 西園寺の名推理2」第2話(テレビ東京、2019/5/3 20:00 OA)の番組情報ページ”. テレビ東京. 2019年5月4日閲覧。
  45. ^ “渡部篤郎、深キョンと9年ぶり共演で初の親子役 曲者ぞろいの“泥棒一家”が解禁”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2136643/full/ 2019年6月1日閲覧。 
  46. ^ ““Lの一族”が帰ってくる!「ルパンの娘」続編決定に深田恭子「大好きなドラマに再び出演、本当に幸せ」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年7月23日). https://thetv.jp/news/detail/238845/ 2020年7月23日閲覧。 
  47. ^ “深キョン感激!『ルパンの娘』が帰ってくる「皆さんと再会できるうれしさでいっぱい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年7月23日). https://www.sanspo.com/article/20200723-5OD5YYQOQBNHHPNPDRBU6M3FTQ/ 2020年7月23日閲覧。 
  48. ^ “「ルパンの娘」続編もトレンド入りスタート!深田恭子のアクションにファン沸騰「華ちゃん、お帰り!」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年10月16日). https://thetv.jp/news/detail/246031/ 2020年10月16日閲覧。 
  49. ^ 『このミス』大賞ドラマシリーズオフィシャル [@konomys_dramas] (2019年7月19日). "そうなんです!今夜の「時空探偵おゆう 大江戸科学捜査」には、どんぐりさんも出演!!" (ツイート). Twitterより2019年7月19日閲覧
  50. ^ 探偵・由利麟太郎:田辺誠一が吉川晃司の旧友役 新川優愛、吉谷彩子、佐野岳、高岡早紀らがゲスト出演” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2020年5月23日閲覧。
  51. ^ YoshikoTakehar1の2020年8月16日のツイート2020年8月17日閲覧。
  52. ^ 【千鳥】恐るべし・・・海鮮居酒屋283(ツバサ)!”. GAOVARA (ガオバラ) (2010年7月11日). 2018年9月14日閲覧。
  53. ^ “【エンタがビタミン♪】指原莉乃『カメラを止めるな!』キャスト陣の登場に「たくさん出てきてびっくり」”. Techinsight. (2018年8月14日). http://japan.techinsight.jp/2018/08/maki08141024.html 2018年8月15日閲覧。 
  54. ^ 知ったら戻れないセカイ”. フジテレビ. 2018年12月19日閲覧。
  55. ^ 「『カメラを止めるな!』世界を席巻!? 映画祭アツアツ珍道中inインドネシア」TOKYO MXにて12/25(火)24時より放送!”. 映画『カメラを止めるな!』公式サイト. ENBUゼミナール (2018年12月20日). 2018年12月20日閲覧。
  56. ^ 2019年3月2日の放送内容”. 2019年5月30日閲覧。
  57. ^ ダウンタウンDX★Matt謎の充電期間&すしざんまい木村社長の壮絶過去![字[デ]|番組表]”. 日本テレビ (2019年5月30日). 2019年5月28日閲覧。
  58. ^ 【公式】『逃走中』 [@tosochu_fujitv] (2019年11月16日). "11月23日(土⁾よる7時~" (ツイート). Twitterより2019年11月18日閲覧
  59. ^ “南キャン山里×どんぐりタッグ「違和感満載」”. Lmaga.jp. (2020年1月4日). https://www.lmaga.jp/news/2020/01/84883/ 2020年5月24日閲覧。 
  60. ^ “『相席食堂』"カメ止め"女優参戦!芸人の顔も持つどんぐりが忍者姿で相席ロケ”. ウォーカープラス. (2020年8月24日). https://www.walkerplus.com/article/1005936/ 2020年8月24日閲覧。 
  61. ^ “『田中圭24時間テレビ』田中直樹、どんぐり、名取裕子、橋本環奈、眞島秀和、松本まりか、水野美紀、満島真之介の出演が決定”. AbemaTIMES. (2018年12月12日). https://times.abema.tv/articles/-/5398836 2021年10月12日閲覧。 
  62. ^ “田中圭が『カメ止め』女優・どんぐりと熱烈キス! 「すごいものを見た」とファン騒然”. ABEMA TIMES. (2018年12月16日). https://times.abema.tv/articles/-/5423014/ 2022年9月3日閲覧。 
  63. ^ 満員御礼!大成功を収めた劇団間座の旗揚公演「恋の虫」”. よしもとニュースセンター. 吉本興業 (2016年12月26日). 2018年9月24日閲覧。
  64. ^ “佐々木蔵之介×森新太郎「佐渡島他吉の生涯」追加キャストに石田明・壮一帆ら”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年1月7日). https://natalie.mu/stage/news/362279 2020年2月27日閲覧。 
  65. ^ miyabi (2018年11月22日). “【エンタがビタミン♪】三浦春馬と新井浩文の共演CM 「塩ふってます」の店員は『カメ止め』の個性派女優!”. Techinsight. http://japan.techinsight.jp/2018/11/miyabi11221706.html 2018年11月27日閲覧。 
  66. ^ “「カメラを止めるな!」メンバーが揃って、TVCMに初登場!上田監督とキャスト陣の4Kトーク&ライブイベントも!!” (プレスリリース), 株式会社ジュピターテレコム, (2018年11月15日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000783.000007676.html 2018年11月16日閲覧。 
  67. ^ “カオナビの新CM「キミがいっぱい」篇 放映開始” (プレスリリース), 株式会社カオナビ, (2018年11月26日), https://corp.kaonavi.jp/news/detail/20181126-2/ 2018年11月26日閲覧。 
  68. ^ “竹原芳子&濱津隆之がWEB版CMに 『キャメラを止めるな!』前日譚&日本語吹替版冒頭特別映像解禁”. クランクイン!. (2022年7月15日). https://www.crank-in.net/news/110895/1 2022年7月28日閲覧。 
  69. ^ “「カメ止め」女優・どんぐりがMV初出演、海蔵亮太「愛のカタチ」で”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2019年5月30日). https://natalie.mu/music/news/333589 2019年5月30日閲覧。 

外部リンク[編集]