アパッチプロレス軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アパッチプロレス軍(アパッチプロレスぐん)は、日本プロレス団体

WEW[編集]

  • 2002年3月、冬木弘道がプロレス団体「WEW」を設立。その目的を冬木は「荒井(元FMW代表取締役社長)の構想のなかにあった「WEWの名での新団体設立」を形にした」などとしていた。
  • 5月5日川崎球場で旗揚げ戦を開催。
  • 2003年3月19日、冬木が病死により解散。

冬木軍プロモーション[編集]

第1次アパッチプロレス軍[編集]

旗揚げ[編集]

  • 2004年金村キンタローがプロレス団体「アパッチプロレス軍」を設立。
  • 8月30日後楽園ホールで旗揚げ戦を開催。
  • 2007年12月、所属選手と上層部の意見が対立して後楽園ホール大会の発表とチケット発売が大幅に遅れてしまい後楽園ホールから撤退せざるを得なくなる。

活動休止[編集]

活動再開[編集]

  • 6月、ロゴマークを一新して活動再開。小幡優作新宿鮫が退団して金村が設立したXWFに入団。
  • 9月22日、新木場1stRING大会でミスター雁之助を主将とするユニット「FMWレジェンド軍」との抗争と新たなデスマッチファイターの発掘を軸に活動するも観客動員数の低迷や求心力の著しい低下など金村の事件による影響は大きかった。
  • 12月、運営会社のCF企画が撤退したため年内の活動停止が発表されたが佐々木を中心とした新体制の下で活動を継続していくことを発表。
  • 2009年1月16日、新体制の下で新木場1stRING大会を開催。
  • 5月22日、新木場1stRING大会の全試合終了後に金村がリングへ乱入して会場が混乱状態となる。これは全くアングルもなかったため不審者として会場からつまみ出される。また同大会に金村と共にプロレスリングZERO1佐藤耕平TEAM MAKEHEN橋本友彦が観戦していた。後に佐藤はZERO1から厳重注意されて謝罪コメントを出して橋本は週刊プロレスモバイルで金村と佐藤とは偶然居合わせたとコメントして謝罪。
  • 6月14日小幡優作が退団。

解散[編集]

第2次アパッチプロレス軍[編集]

復活[編集]

ルール[編集]

2009年1月16日の第1次アパッチプロレス軍の興行から行われた。第2次アパッチプロレス軍では行われていない。

アパッチルール
  • 場外カウントなし。
  • 決着はリング内のみ。
  • レフェリーが特に危険とみなさない限り、あらゆる反則、凶器攻撃が許可される。
アパッチ式デスマッチルール
  • レフェリーが特に危険とみなした反則、凶器攻撃も全て許可される。

タイトル[編集]

所属選手[編集]

スタッフ[編集]

レフェリー[編集]

リングアナウンサー[編集]

ゼネラルマネージャー[編集]

過去の所属選手、スタッフ[編集]

第1次アパッチプロレス軍
第2次アパッチプロレス軍

外部リンク[編集]