サイモン・ケリー猪木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サイモン・ケリー・いのき
サイモン・ケリー猪木
生誕サイモン・ケリー
(1973-12-02) 1973年12月2日(47歳)
神奈川県川崎市
職業IGF取締役
活動拠点アメリカ
配偶者猪木寛子
アントニオ猪木(義父)

サイモン・ケリー猪木(サイモン・ケリー・いのき、本名:猪木 サイモン(いのき - )、旧名:サイモン・ケリー1973年12月2日 - )は、日本実業家。元新日本プロレス社長。アントニオ猪木の元娘婿であり、元ミュージカル女優猪木寛子の元夫。元義父であるアントニオ猪木が2010年12月22日放送のはなまるマーケットの中でサイモンが2児の父であることを明かしている。妻との離婚を発表以降はサイモン・ケリーを名乗る。

略歴[編集]

神奈川県川崎市出身。アルゼンチン人の父親と日本人の母親との間に生まれる(ただし父親は離婚で離れ、米国人の父親姓「ケリー」となる)。

アントニオ猪木が経営していたインターナショナルスクールに通い[1]、大学卒業後に電通日本コカ・コーラで勤務した後、1998年4月、U.F.O.アメリカ支部代表。

2000年8月に新日本プロレスに入社。チーフブッカーとなる[2]2002年4月、新日本プロレスロサンゼルス道場広報担当役員。2003年6月、新日本プロレス執行役員。2004年6月、新日本プロレス取締役。2005年5月には新日本プロレス代表取締役社長を歴任。

2007年3月に同社を退社して、義父のアントニオ猪木と共に新団体「イノキ・ゲノム・フェデレーション」(IGF)に合流。渉外を担当して主にアメリカからIGFに選手を送った。

2017年にIGFが事実上活動停止後は、兄弟団体である東方英雄伝のCEOとして活動していたが、2019年1月9日、自身のツイッターにて、2018年一杯でIGF及び東方英雄伝を退社したことを明らかにした[3]

以降、ケンドー・カシン鈴木秀樹をコーチとしてWWEに招聘。NXTジャパン設立、SareeeのスカウトなどフリーランスでありながらもWWEにまつわるネゴシエート業務を行う[4]

2020年、猪木寛子と2016年前後に離婚していたことを公式に発表した[5]

人物[編集]

アントニオ猪木との出会いは幼稚園の頃。のちに夫人となる猪木寛子と同じインターナショナルスクールに通っていた[6]

アントントレーディングで勤務したことがある義理の父親や、妻の母(当時)・倍賞美津子からはプロレスの仕事をすることを猛反対された[6]

2002年5月3日の新日本プロレス30周年記念大会にシークレットゲストとして倍賞美津子を呼んだ仕掛人の一人である[6]

新日本ロス道場を設立し、数々の選手を日本に送り込んだことでも知られ、2020年のインタビューではロッキー・ロメロダニエル・ブライアンカール・アンダーソンなど新日本に来日した外国人選手だけでなく、スティーブ・コリノトム・ハワードザ・プレデターサモア・ジョーなどのZERO-ONE外国人選手や力道山メモリアルに参戦したビッグバン・ジョーンズもサイモンの発掘選手であることをカミングアウトした[2]

脚注[編集]

  1. ^ https://ch.nicovideo.jp/nekketsu/blomaga/ar1104147 サイモン猪木インタビュー
  2. ^ a b サイモン・ケリー インタビュー②「猪木事務所の暴走、ロス道場設立、猪木vsMMAファイター」:Dropkick”. Dropkick:ブロマガ - ニコニコチャンネル (2020年1月10日). 2020年8月28日閲覧。
  3. ^ サイモン・ケリー猪木による2019年1月9日のツイート[1]
  4. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレス」No.2055 2020年3月11日号43頁
  5. ^ 【最終回】サイモン・ケリー「IGFはパン屋になって、みんな幸せになった」:Dropkick”. Dropkick:ブロマガ - ニコニコチャンネル (2020年8月15日). 2020年8月28日閲覧。
  6. ^ a b c サイモン・ケリー「プロレスに関わることは倍賞美津子さんに大反対されました」:Dropkick”. Dropkick:ブロマガ - ニコニコチャンネル (2019年12月13日). 2020年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]