ギロチン・ドロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョニー・ジュースによるダイビング・ギロチン・ドロップ。

ギロチン・ドロップGuillotine Drop)は、プロレス技の一種である。日本名は落とし(あしおとし)。レッグ・ドロップLeg Drop)とも呼ばれる。

概要[編集]

仰向けないしうつ伏せ状態で倒れている相手の喉元や首筋等へ、自身の太ももまたはヒザ裏を落としていく技である。その場でジャンプして決めるものもある。応用として顔面や後頭部、腕や足や腰などにピンポイントで決める場合もある。

日本ではリップ・タイラーが1971年11月の日本プロレスへの初来日時、大木金太郎を相手に初公開した(1971年11月19日、後楽園ホール大会のメインイベントにおけるジャイアント馬場&大木&グレート小鹿ブルーノ・サンマルチノ&ディック・マードック&タイラーの6人タッグマッチ)[1]。このときは「レッグ・ドロップ」と呼称され、それが通り名となったが、この技を同じく得意とするギル・ヘイズ1975年国際プロレスに来日してからは「ギロチン・ドロップ」の名称が日本では一般的となった[1]

フィニッシュ・ホールドとしても、つなぎ技としても古くから多くのレスラーに使用されている。著名な使い手の1人がハルク・ホーガンであり、アメリカでは、この技をフィニッシュ・ムーブとしていた。また、ブルーザー・ブロディも高角度のものを多用した。日本人選手ではジャイアント馬場も使用しており、アントニオ猪木も1977年8月2日に新日本プロレス日本武道館大会で行われたザ・モンスターマンとの異種格闘技戦において、この技で勝利を収めた。女子レスラーではブル中野が使い手として知られる。

主な使用者[編集]

派生技[編集]

ランニング式
助走をつけてからジャンプして決めるギロチン・ドロップ。
ダイビング式
トップロープからジャンプして決めるギロチン・ドロップ。ボビー・イートン(「アラバマ・ジャム」の名称で使用)、サブゥー、日本人選手ではモハメド・ヨネTARU(「タル・ギロチン」の名称で使用)が得意技としていて小橋建太も一時期、フィニッシュ・ホールドとして使用していた。小橋が三冠ヘビー級王座を初めて奪取したとき、この技が決め技となった。なお、サブゥーは相手をテーブルの上に寝かせて、そこに放つこともある。
ブル中野は、1990年11月14日に全日本女子プロレス横浜文化体育館で行われたアジャ・コングとの金網デスマッチにおいて金網の最上部から約4メートルの落差でこの技を放った。
断崖式
ジ・アンダーテイカーは相手の頭を少しリング外に出してエプロンから見舞うものを使用。
スタンディング式
小橋健太、ジョニー・エースは立った状態で前屈みとなった相手に対してジャンプしてギロチン・ドロップを決めた。
前転式
ブル中野、スコーピオは前転してから決める派生技を使用。大一番ではトップロープから前転して放つ場合もあり、ブッカー・Tは「ヒューストン・ハング・オーバー」または「ハーレム・ハング・オーバー」の名称で使用。
雪崩式
デビル雅美はトップロープにいる相手に飛びつき、相手の首に脚を引っ掛けながら同体で落下した後に頭部をリングに叩きつけつつ脚でギロチン・ドロップのダメージを与える雪崩式を得意技としていた。その後、春山香代子が、この技を引き継いでいる。
ドロップ・ザ・ボム(DTB)
スコーピオが全日本プロレスプロレスリング・ノアに参戦していたときの、ここぞというときに使用した秘密兵器的技。トップロープから360度回転してから決めるギロチン・ドロップ。
ホグロック
ビッグ・ショーの得意技。ファイナル・カットの要領で浴びせて倒す。
ブーン・ドロップ
コフィ・キングストンの得意技。「ブーン、ブーン(Boom Boom)」と見得を切ってから両脚を揃えてレッグ・ドロップを浴びせる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『日本プロレス事件史 vol.24 悪党の世紀』P54(2016年、ベースボール・マガジン社ISBN 458362462X

関連項目[編集]