北村克哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北村 克哉(きたむら かつや、1985年12月14日 - )は、日本ボディビルダー[1]、元プロレスラー、元アマチュアレスリング選手である。東京都杉並区出身。

来歴[編集]

アマチュア時代[編集]

日本工業大学駒場高等学校専修大学卒業。高校・大学時代はフリースタイルの選手で、2003年国体少年の部フリースタイル97kg級優勝、2005年に全日本学生選手権フリースタイル120kg級優勝などの実績がある。2006年には全日本選抜フリースタイル120kg級を制し、同年の世界選手権に日本代表として出場した。2004年、2005年、2006年、2007年大学生時代のタイトルは全て制した。

その後グレコローマンに転向し、大学卒業後はFEGに入社。FEGがK-1の運営母体でもあることから総合格闘技転向も取りざたされたが、本人はアマチュアレスリング専念の意思を示し、2008年の全日本選手権ではグレコローマン96kg級を制する(以後大会成績は、特記しない限り全てグレコローマン96kg級の成績)。

2009年にはアジア選手権・世界選手権の日本代表となった他、全日本選手権で優勝し2連覇。

2010年、全日本選手権で優勝し3連覇。その後、FEGからドン・キホーテに所属を移す。

2011年4月の全日本選抜を制し再び世界選手権の日本代表に選ばれた。これを最後にレスリングの試合には出ていない。

その後ドン・キホーテを退社し、ケビン山崎率いる「トータル・ワークアウト」ジムのトレーナーに転身する。

プロ格闘家時代[編集]

北村 克哉
プロフィール
リングネーム 北村克哉
本名 同じ
ニックネーム

和製カレリン

マッスルバルクレスリング・モンスター[2]
身長 182cm[3]
体重 135kg[3]
誕生日 (1985-12-14) 1985年12月14日(34歳)[3]
出身地 東京都杉並区[3]
所属 フリー
スポーツ歴 レスリング
デビュー 2017年3月13日[3]
テンプレートを表示

2015年7月に専修大レスリング部の先輩である馳浩のすすめで、格闘技イベント『巌流島』の第2回公開検証へ参戦[2]。 ボロドバートル・オンダラルを下し、プロデビュー戦を勝利で飾った[4]。 その後大会に観に来ていた、新日本プロレスの木谷オーナーから新日本プロレスにスカウトされる。

2016年に新日本プロレスへ入団、1年間の修行生活を終えて、2017年にプロデビュー、デビュー戦の相手はIWGPヘビー級チャンピオンのタマ・トンガ、タンガ・ロア組その後も活躍し20年ぶりのヤングライオン杯も優勝している。

2016年1月3日、ディファ有明で開催されたプロレス祭りの公開記者会見にて新日本プロレスへの入団を発表[5]

約1年以上の練習生期間を経て、2017年3月13日、福井県産業会館・1号館展示場大会にて岡倫之とのタッグでゲリラズ・オブ・デスティニータマ・トンガ & タンガ・ロア)を相手にプロレスデビューを果たした。

2017年11月5日、POWER STRUGGLEの第0試合でデビッド・フィンレーとシングルマッチで対戦。試合後、フィンレーにWORLD TAG LEAGUE出場のためのパートナーに誘われ、快諾する。これによりフィンレーとのタッグでWORLD TAG LEAGUEに初出場するが、全敗に終わった。

2017年10月12日から12月21日にかけてヤングライオン同士の総当たり戦方式で行われたヤングライオン杯に出場し、5戦全勝で優勝した[6]

2018年1月5日からは北村克哉7番勝負として先輩レスラーとのシングルマッチが組まれた。最終戦が3月6日の旗揚げ記念日で行われる予定であったが、3月4日の茨城大会で脳震盪を起こした為欠場となり、最終戦は延期となった[7]

復帰前に左手を怪我した。会社との話し合いの結果、2019年1月31日をもって新日本プロレスを退団したことが分かった[8]

ボディビルダー時代[編集]

2019年4月1日に自身のInstagramにてIFBBプロボディビルダーを目指すことを示唆した。InstagramやYouTubeにて主に話題性、怪我の防止を重点においた筋トレの様子や、プロボディビルダーを目指す上での心境を荒れ狂う心境を公開している。


脅迫騒動[編集]

2019年10月19日に初出場したボディビルディング大会では最下位に終わり、2019年11月16日に本命の大会が控えていた。そんなシーズン真っ只中の2019年10月23日に、自身のInstagramにおいて「オフですか?」というコメントに対し、「よくそんな酷いことがいえたもんですね!!181.5センチ109キロのステータスの持ち主なんですか!?」「アスリートでもヘビー級でもないんですねw何様!?」「僕は格闘技の方がキャリアも実績があります。ザコは大口叩くべきではないです!下半身不随にして一生車椅子生活にしてあげましょうか??」と暴言を返し、翌日に自身のtwitterにて謝罪文を投稿した。その後、北村の所属しているYoutubeチャンネル、バルクアカデミーにて、児玉晋一郎に「あんなコメントに返事してる暇あったら、有酸素!ポージング!その日頃の積み重ねがステージで出るんでしょうよ!」と叱責された[[1]]

得意技[編集]

ゴールドバーグを彷彿とさせるようなパワー技から、アマチュア時代から築いてきたレスリング技術の両方を持ち合わせている。

  • ジャックハマー
  • スピアー
  • 逆水平チョップ
  • ブレーンバスター

タイトル履歴[編集]

新日本プロレス

出演[編集]

ウェブドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ザテレビジョン. “菊池風磨が“マッチョ界”で話題の人物に密着! 一緒にトレーニング&爆食も (2/2) | 芸能ニュースならザテレビジョン” (日本語). ザテレビジョン. 2019年11月24日閲覧。
  2. ^ a b “マッスルバルクレスリング・モンスター” 巌流島に超怪物、参戦!! 実行委員長・馳浩の秘蔵っ子、レスリング王者、北村克哉出場決定!”. 巌流島チャンネル公式ブロマガ (2015年7月3日). 2015年1月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e 選手名鑑”. 新日本プロレス公式サイト. 2017年3月13日閲覧。
  4. ^ Welcome”. 巌流島 (1941年1月3日). 1954年1月3日閲覧。
  5. ^ 【WK10】“期待の新星”岡倫之&北村克哉が新日本プロレス入団! 新プロジェクト『LION’S GATE』第1回大会は2月25日(木)新宿FACEに決定!【入団会見】”. 新日本プロレス公式サイト. 2016年1月3日閲覧。
  6. ^ 北村克哉が5戦全勝制覇、新日ヤングライオン杯 - プロレス : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年2月17日閲覧。
  7. ^ 旗揚げ記念日”. 新日本プロレス公式サイト. 2018年4月17日閲覧。
  8. ^ 北村克哉選手、退団のお知らせ”. 新日本プロレス公式サイト. 2019年2月5日閲覧。
  9. ^ LION’S GATE PROJECT10 – 東京・新宿FACE” (日本語). www.njpw.co.jp. 2020年2月3日閲覧。
  10. ^ [MONSTER COOKING]特大☆中西ジャーマンポテトに挑戦!! 2/11(日)『99.9 SEASONⅡ』#5【TBS】”. TBS公式 YouTuboo (2017年2月4日). 2018年2月5日閲覧。
  11. ^ 同名テレビドラマ第4話で登場した番組内番組のフルバージョン。99.9時間限定配信

外部リンク[編集]