福福荘の福ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福福荘の福ちゃん
監督 藤田容介
脚本 藤田容介
製作 刈谷真
出演者 大島美幸
水川あさみ
荒川良々
音楽 エコモマイ
撮影 池内義浩
編集 堀善介
製作会社 テレビマンユニオン
配給 ファントム・フィルム
公開 日本の旗2014年11月8日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

福福荘の福ちゃん』(ふくふくそうのふくちゃん)は、2014年11月8日に公開された日本実写映画。主演は大島美幸森三中)で、男性役を演じている。

ストーリー[編集]

福ちゃんこと福田辰男は、32歳のぽっちゃりした北関東弁の中年男性。十数年前に上京して以来、ボロアパートの「福福荘」で暮らしながら、塗装職人として働いている。昼は職場の人間関係のトラブル、夜は福福荘の住人同士のトラブルを解決し、休日は河原で趣味の凧揚げをする日々を送る。

誰にでも親切な福ちゃんだが、女性には奥手な性格で、心配した親友のシマッチこと島木拓郎がお見合いをセッティングしても、その性格が災いしてお見合いもうまくいかない。

ある日、福ちゃんのもとに、杉浦千穂という美女が訪ねてくる。千穂は中学校の同級生で福ちゃんの初恋の人だった。そして、福ちゃんが女性恐怖症になってしまった原因を作った本人で、千穂はそのことを謝りに福ちゃんを訪ねてきた。

最初は彼女に冷たい態度を取っていたが、カメラマン修行中の千穂と過ごすうちに、再び想いを募らせていく。

キャスト[編集]

ぽっちゃりした体型で坊主頭。バカが付くほどのお人好し北関東弁がある。女性は過去のトラウマにより苦手。ペンキ塗装の仕事をしており、福福荘に一人暮らし。趣味は凧揚げ作り。シマッチとは公私共に仲が良い。人を全て受け入れる器を持っている。牛乳が好き。自らたこ焼きを作ることが出来る。
外資系企業のOL。沼倉ヒサシに憧れており写真に目覚めた。かなりの美人でスタイルも良い。いわゆる勝ち組である。福ちゃんとは同じ中学だった。心霊写真のライターなどの物書きをしている悠子と生活している。沼倉ヒサシの賞をもらってから人生が一変し、悪運に見舞われているのを喫茶店の霊が見えるママにアドバイスを受けて過去の過ちを清算すべく福ちゃんに再会する。
福ちゃんの仕事仲間であり親友。ブサイクだが美人な妻・良美とラブラブ。福ちゃんとは正反対でハッキリ物を言い、悪戯好きで女性も好き。しかし、福ちゃんと同じく優しい心を持つが、口が悪く天邪鬼な性格から素直に言えなかったり、キツく言ってしまう。
福福荘の住人。東京大学出身。大蛇をペットにしている。髭もじゃで冴えない見た目で空気が読めない発言をしてしまうが上手く伝えるのが下手なだけである。しかしその性格が災いし、今迄友達がいなかったが、ある事件がきっかけで福ちゃんと野々下くんと仲良くなる。将棋をしたことがないが初めてで福ちゃんを負かすほど強い。ピクニックにも行ったことが無い。
福福荘の住人。馬淵さんの事を福ちゃんに相談した。ある事件で過去に逮捕歴があり、四国八十八ケ所巡りを自らの足で行った。変わり者であり、巨大な肉まんを売っている店を知っていたり、今でも都内でお遍路をしている。
千穂と同居している。心霊写真のライターなどの仕事をしており、出版社に顔が効く。淡々と話し、千穂を諭したり、助けたりしている。
シマッチの妻。美人で明るい。AKB48が踊れる。福ちゃんが唯一気兼ねなく話せる相手だが気を許すまで長くかかった。パン屋さんで働いている。
良美と同じパン屋さんで働いている。良美が福ちゃんの写メを見せたら好意を持った。シマッチ曰く「個性的な美人」太っている人が好き。
悠子の知り合いの出版社社員。昔はかなり良い立場だったが今は危ない立場であり、冒険心が無くなりつつある。甘党。
アーティストを目指して九州の山奥から出てきた。まだ上京して1ヶ月もしていないため東京が怖い。恥ずかしがり屋で引っ込み思案。ある事件で福ちゃんを慕う。シマッチはやや苦手。歌はプロ並に上手い。
千穂が行った喫茶店のママ。霊能力があり、占いのようなアドバイスが出来る。不思議な魅力がある。悠子もその喫茶店に通っている。プリンを作るのが上手。
カレーにとんでもない持論を持ち、それを客に押し付けているインドカレー屋。
奇才の写真家。いつも不思議な服装をしている。奇抜なカメラを千穂にプレゼントする。エリートやインテリが嫌い。美女は大好き。秘書に美女を連れているがやや変わり気味な秘書である。

スタッフ[編集]

制作[編集]

企画[編集]

監督の藤田容介が、主演を務めた大島美幸がおっさんを演じるコントを見たことがきっかけで生まれたオリジナル作品[1]。大島がおっさん役を演じるにあたって、頭を丸刈りにする「断髪式」が執り行われ、共演者の水川あさみ荒川良々も参加した[1]

映画作品にあたって、藤田は大島以外でのキャスティングは考えておらず、キャスティングの理由については、「30歳を過ぎても女性と付き合ったことがない役を男性が演じたら生々しくなってしまうし、不細工でありながら、千穂に『いい顔だ』と言ってもらえるような両面が必要で、大島以外に考えられなかった。」と、第22回レインダンス映画祭の質疑応答にて語っている[2]

作品の評価[編集]

第6回沖縄国際映画祭の正式出品を皮切りに、ウディネ・ファーイースト映画祭2014レインダンス映画祭2014ほか、12の映画祭に正式招待され、イギリスドイツイタリア台湾での公開が決定した[3]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]