つむじ風食堂の夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つむじ風食堂の夜
著者 吉田篤弘
発行日 2002年12月10日
発行元 筑摩書房
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 160
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
つむじ風食堂の夜
監督 篠原哲雄
脚本 久保裕章
原作 吉田篤弘
音楽 村山達哉×TOKYO GRAND ORCHESTRA
撮影 上野彰吾
編集 和田剛
配給 ジョリー・ロジャー
公開 日本の旗 2009年11月21日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

つむじ風食堂の夜』(つむじかぜしょくどうのよる)は、2009年公開の日本映画。原作は吉田篤弘の「つむじ風食堂の夜」(筑摩書房・刊)。

「2009年東京国際映画祭・ある視点部門」参加作品[1]でもあるほか、文化芸術振興費補助金・助成作品でもある。

ストーリー[編集]

  • 月舟町にあるどこか妙に懐かしい雰囲気のつむじ風食堂は、毎晩常連客でにぎわっている。雨降りの研究をしている「私」はある晩その食堂の席に着き、帽子店を営む桜田さんに"二重空間移動装置"という名前の万歩計を売りつけられる。その様子を、売れない舞台女優の奈々津さんは、あきれ顔で眺めていた[2]・・・・・。

登場人物[編集]

雨降り研究家。学生時代に演劇の脚本を書いていたことがある。
売れない舞台女優。背が高い。
帽子屋を経営。この作品の重要な鍵を握る人物。
生前は引退するまで手品師だった。
  • 古本屋の店主(デニーロの親方) - 演:田中要次
この食堂の店員さん

スタッフ[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 東京国際映画祭・公式サイト内の関連ページ
  2. ^ 映画『つむじ風食堂の夜』 - シネマトゥデイ

外部リンク[編集]