きさらぎ駅 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きさらぎ駅
監督 永江二朗
脚本 宮本武史
製作 浅田靖浩
中島隆介
加瀬林亮
川上純平
出演者 恒松祐里
佐藤江梨子
本田望結
莉子
寺坂頼我
木原瑠生
瀧七海
堰沢結衣
芹澤興人
撮影 早坂伸
編集 遊佐和寿
制作会社 キャンター
製作会社 「きさらぎ駅」製作委員会
配給 イオンエンターテイメント
ナカチカ
公開 日本の旗 2022年6月3日(予定)
上映時間 82分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

きさらぎ駅』(きさらぎえき)は、2022年6月3日に公開予定の日本映画[1]。監督は永江二朗、主演は映画初主演となる恒松祐里[2][1]

匿名掲示板2ちゃんねる」への実際の投稿から始まった都市伝説きさらぎ駅」をもとにした物語。大学生の女性がこの世に存在しない異世界駅「きさらぎ駅」の謎に迫っていく様が描かれる。

キャッチコピーは「そこは、たどり着いてはいけない異世界」。

概要[編集]

2004年、「はすみ」と名乗る女性が新浜松駅から乗車した遠州鉄道の電車がなかなか停車せず、ようやく「きさらぎ駅」という見知らぬ無人駅に到着する。その時の状況を「2ちゃんねる」にリアルタイム実況していたが、やがて消息不明となってしまう。現代版「神隠し」と言われ、「はすみ」の状況や「きさらぎ駅」の所在地などを巡り、ネットで多くの議論が巻き起こった[3]。その後、アニメ・漫画など「きさらぎ駅」を舞台にした物語が登場し、SNSでのトレンド入りとなるなど、十数年の時を経ても根強く関心が持たれている[2][4]

真・鮫島事件』など都市伝説を元にした作品に定評がある永江が監督を務め、FPS(一人称視点)映像をふんだんに収録し、観客自らが「きさらぎ駅」を訪れたような疑似感覚を体験できるよう制作されている[5]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

主要人物[編集]

堤春奈(つつみ はるな)
演 - 恒松祐里
民俗学を学ぶ大学生。
都市伝説「きさらぎ駅」を卒業論文の題材に決め、謎に迫っていく。
葉山純子(はやま すみこ)
演 - 佐藤江梨子[6]
「きさらぎ駅」に行ったと噂される女性。春奈と出会い、物語の鍵となる。

純子が「きさらぎ駅」で出会った人たち[編集]

宮崎明日香
演 - 本田望結[6]
女子高生。
松井美紀
演 - 莉子[6]
ギャル。
飯田大輔
演 - 寺坂頼我[6]
おとなしい男。
岸翔太
演 - 木原瑠生[6]
乱暴な男。
花村貴史
演 - 芹澤興人[6]
サラリーマン。

純子の関係者[編集]

葉山凛
演 - 瀧七海[6]
純子と同居している姪。春奈と純子の会話を聞いてしまう。
大園葵
演 - 堰沢結衣[6]
凛の友人。

スタッフ[編集]

  • 監督 - 永江二朗
  • 脚本 - 宮本武史
  • 製作 - 浅田靖浩、中島隆介、加瀬林亮、川上純平
  • プロデューサー - 上野境介、伊藤修嗣
  • 撮影・照明 - 早坂伸
  • 録音・整音 - 指宿隆次
  • スタイリスト - 網野正和
  • ヘアメイク - 木内香瑠、西村桜子
  • 編集・VFX - 遊佐和寿
  • サウンドエディター - 花谷伸也
  • フォーリーアーティスト - 田久保貴昭
  • フォーリーエディター - 石澤飛鳥
  • カラリスト - 稲川実希
  • 助監督 - 廣瀬萌恵里
  • スチール - 中居挙子
  • キャスティング - 北田希利子
  • ラインプロデューサー - 酒井明
  • 和太鼓楽曲提供 - TAIKO-LAB「水花火」
  • 特別協力 - 遠州鉄道
  • 制作プロダクション - キャンター
  • 配給 - イオンエンターテイメント、ナカチカ
  • 製作 - 「きさらぎ駅」製作委員会(キャンター、イオンエンターテイメント、ナカチカ、BBB、博報堂DYミュージック&ピクチャーズ)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b “恒松祐里主演「きさらぎ駅」一人称視点で恐怖シーン映す予告公開、本田望結ら出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2022年3月28日). https://natalie.mu/eiga/news/471515 2022年4月22日閲覧。 
  2. ^ a b “キング・オブ・都市伝説『きさらぎ駅』映画化決定 主演に恒松祐里”. クランクイン! (ブロードメディア株式会社). (2022年1月19日). https://www.crank-in.net/news/99481/1 2022年4月22日閲覧。 
  3. ^ “ネットで騒然、恐怖「きさらぎ駅」はどこにある? 静岡のどこかに?小説、漫画、アニメにも登場”. 東洋経済ONLINE (東洋経済新報社). (2020年7月28日). https://toyokeizai.net/articles/-/364920 2022年4月22日閲覧。 
  4. ^ “都市伝説ついに映画化「きさらぎ駅」ってそもそも何?”. あなたの静岡新聞 (静岡新聞社). (2022年1月21日). https://www.at-s.com/news/shittoko/1015420.html 2022年4月22日閲覧。 
  5. ^ “恒松祐里主演『きさらぎ駅』、駅訪問を疑似体験!予告解禁 本田望結ら共演キャストも発表”. クランクイン! (ブロードメディア株式会社). (2022年3月28日). https://www.crank-in.net/gallery/news/102646/7 2022年4月23日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h “恒松祐里主演映画『きさらぎ駅』に本田望結、莉子ら出演 予告編&ポスタービジュアルも”. RealSound映画部 (株式会社blueprint). (2022年3月28日). https://realsound.jp/movie/2022/03/post-996970.html 2022年4月22日閲覧。 

外部リンク[編集]