車いすの金メダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

車いすの金メダル』(くるまいすのきんメダル)は、1998年2月2日から3月27日TBS系列の「ドラマ30」枠で放送された昼のテレビドラマMBS制作。放送時間は月曜から金曜13:30-14:00(JST)。全8週、39回(全40回でないのは期間中、長野五輪の中継のため1回分削られたため)。実在の車いすマラソンの世界記録保持者・畑中和選手をモデルに、ハンディキャップを背負いながらも明るく生きる女性の姿を描く。

あらすじ[編集]

銀行の電話交換室で働く和は、日本を代表する車いすマラソンの選手である。父の宗彦は、自分の運転中の事故により和が車いす生活を送ることになったため、いまだに罪の意識を拭いきれずにいた。ある時、和は石塚徹也と名乗る男に声をかけられ、フォームを酷評される。徹也のコーチによる和の練習が始まった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

MBSCBC 平日13時台後半(ドラマ30枠)
前番組 番組名 次番組
これで家族
(1997.12.1 - 1998.1.30)
車いすの金メダル
(1998.2.2 - 3.27)
いのちの現場から5
(1998.3.30 - 5.29)