蓑輪単志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
蓑輪単志
出生名 蓑輪単志
生誕 1959年12月17日
出身地 宮城県
学歴 東北学院大学経済学部
ジャンル J-POP
職業 ミュージシャン
作曲家
担当楽器 キーボード
活動期間 1980年
共同作業者 JUNGAPOP

蓑輪単志(みのわ ひとし、1959年12月17日 - )は、日本のミュージシャン作曲家HOUND DOGのキーボーディストで、現在はJUNGAPOPのメンバー。東北学院大学経済学部卒業。

概要[編集]

東北学院大学学生時代に、サークルの先輩大友康平らが結成したHOUND DOGに参加。1980年のプロデビュー以後、同バンドのキーボーディスト及び作曲者として、楽曲制作の中心的立場で活動した。「ff(フォルティシモ)」をはじめとするヒット曲のほとんどは蓑輪が作曲したものである。

2005年、大友が立ち上げた個人事務所イエホックへの移籍に難色を示していたところ、鮫島秀樹とともにバンドを脱退したことにされてしまった(蓑輪本人は、自分が辞めさせられたことを新聞報道で知ったという)。そこで鮫島とともに、大友らに対して自分たちのバンド復帰を要求する訴訟を起こした。詳しくはHOUND DOGの項を参照。

2006年に同じくバンドを辞めさせられた八島順一・橋本章司・西山毅らとは法的には和解したものの、彼らが「元の6人に戻ることを目指す」名目で行ったライブ活動などには一切参加せず、距離を置いている(西山とは交流がある模様)。マスコミに対しても、ほとんど話さず沈黙した。

現在は、会社員として働きながら、JUNGAPOP(2002年から参加)のメンバーとして音楽活動を続けている。川嶋あい「My Love」のレコーディングに参加したり、HOUND DOG初期アルバムのデジタルリマスター作業を監修するなどした。

みちのく(東北地方)を拠点とするM's Japan Orchestraというみちのく邦楽オーケストラの公演にピアノ、キーボード奏者としてゲスト参加をしている。

来歴[編集]

  • 1959年 - 宮城県石巻市に生まれる。
  • 1977年 - 東北学院大学学園祭に出演した大友のステージをみて衝撃を受け、同大入学を決意。
  • 1978年 - HOUND DOGに参加。
  • 1980年 - HOUND DOGの一員としてプロデビュー。
  • 1985年 - 作曲した「ff(フォルティシモ)」がヒットする。
  • 1990年 - 所属事務所が制作したドキュメンタリー映画「ベンポスタ子ども共和国」の音楽監督を担当。
  • 2001年 - ソロアルバム「Mt.Fuji」リリース(MATRIX RECORDSより)
  • 2002年 - JUNGAPOPに加入。HOUND DOGと並行して活動を続ける。
  • 2005年 - HOUND DOGから離脱させられる。
  • 2007年 - 「川嶋あいWith SUPER BAND」に参加。

代表曲[編集]

JUNGA POP[編集]