石井和義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
石井 和義
生年月日 (1953-06-10) 1953年6月10日(70歳)
出身地日本の旗 日本愛媛県宇和島市
別名石井館長
居住日本の旗 日本
スタイル正道会館 空手
師匠芦原英幸
著名な弟子角田信朗
佐竹雅昭

石井 和義(いしい かずよし、1953年昭和28年)6月10日 - )は、日本空手家実業家愛媛県宇和島市出身。愛媛県立宇和島東高等学校卒業。

空手団体である正道会館の創始者で、総合格闘技イベントの草分け的存在となったK-1の創立者として知られる[1]

経歴[編集]

愛媛県北宇和郡三間町(現在の宇和島市)生まれ。14歳の頃から空手を始め、16歳で極真会芦原道場入門し、17歳で黒帯を修得、22歳で大阪に極真会館芦原道場大阪支部を設立した[2]。その後は神戸市京都市奈良市堺市岡山市に支部を拡大した。これまでに門下生は約10万人を指導したとされる[2]

1980年昭和55年)に独立して新日本空手道連盟正道会館を創設。現在では全国に約300教室を展開する正道会館の宗師となる。空手普及の目的で1993年平成5年)にK-1グランプリを開催[2]

事件[編集]

2003年(平成15年)2月3日、証拠隠滅教唆容疑で逮捕。5月22日に保釈金4,000万円を支払い保釈される。ケイ・ワン脱税事件により表舞台から姿を消したが、正道会館専門誌『正道』では宗師として登場している。2004年(平成16年)1月14日、脱税と証拠隠滅教唆について東京地方裁判所は懲役1年10か月の実刑判決を下す。同年12月6日の控訴審でも地裁の判断を支持し石井の控訴を棄却。2006年(平成18年)11月21日に最高裁の上告棄却により懲役1年10か月の実刑が確定したが、健康状態が悪かったため収監は先送りとなる[3]

2007年(平成19年)6月11日に収監。その後、2008年(平成20年)8月7日静岡刑務所を出所した。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「難波道場」『第二章 放浪、四国へ』、327頁。
  2. ^ a b c 石井和義 プロフィール”. HMV&BOOKS. 2021年4月5日閲覧。
  3. ^ 石井和義は「逮捕までいかない」と楽観する声がなかったわけでもないが…”. 日刊ゲンダイ. 2023年9月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 谷川貞治、石井和義『アンディ・フグの生涯』(広済堂出版、2000年)
  • 佐藤猛『ブレイク・スルー K-1舞台裏の物語』(JPS、2004年)
  • 森功「石井館長初告白、大晦日「格闘技戦争」の内幕、TV3局激突、曙参戦の裏事情を語り尽くす」(『文藝春秋』2004年4月号)
  • 「学会系スポーツ選手、最新版54人リスト」(『週刊文春』2005年3月31日号)

外部リンク[編集]