上地結衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上地 結衣 Wheelchair tennis pictogram (Paralympics).svg
Swiss Open Geneva - 20140712 - Semi final Women - Y. Kamiji vs K. Montjane 83.jpg
基本情報
フルネーム Yui Kamiji
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1994-04-24) 1994年4月24日(23歳)
身長 143cm
利き手
4大大会最高成績・シングルス
全豪 優勝(2017)
全仏 優勝(2014)
全英 ベスト8(2016)
全米 優勝(2014)
優勝回数 3
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(2014-2016)
全仏 優勝(2014,2016)
全英 優勝(2014-2016)
全米 優勝(2014)
優勝回数 9
キャリア自己最高ランキング
シングルス 1位(2014年5月19日)
ダブルス 1位(2014年6月9日)
獲得メダル
車いすテニス
パラリンピック
2016 女子シングルス
2016年9月14日現在

上地 結衣(かみじ ゆい、1994年4月24日 - )は、日本車いすテニス選手。エイベックス・グループ・ホールディングス所属。

2014年に、女子車いすテニスダブルスで史上3組目となる年間グランドスラムを達成した。女子車いす史上6人目の生涯グランドスラム制覇であり、21歳135日での達成は、「女子車いすテニスにおける最年少での年間グランドスラム」という記録としてギネス世界記録に認定された[1]

経歴[編集]

兵庫県明石市出身。明石市立明石商業高等学校卒業[2]。先天性の潜在性二分脊椎症で、元々は装具をつけて歩くことはできていたが、成長とともに歩行困難になった[3]

小学校4年の終わり頃から車いすバスケットボールを始め、そのメンバーの紹介により、11歳から車いすテニスを始める[3]

14歳の時、史上最年少で日本ランキング1位となった。

2008年NEC全日本選抜車いすテニス選手権大会で初優勝し、2015年現在8連覇中。また、ピースカップでもシングルスで初優勝し、2011年から2014年までは3連覇した。

2012年、高校3年でロンドンパラリンピック日本代表として参加し、シングルス・ダブルス(パートナーは堂森佳南子)ともにベスト8入賞した[4]。それまでは大会後にテニスを辞めるつもりだったが、パラリンピックという世界最高峰の舞台に立ったことでテニスプレーヤーとして生きていくことを決断した[5]

2013年NEC車いすテニスマスターズシングルスで、オランダ人選手以外では初となる優勝。男子シングルスの国枝慎吾と史上初の日本人男女優勝であった[6]

2014年全豪オープンダブルスでグランドスラム初優勝[7]全仏オープンではシングルス・ダブルス優勝[2][5]ウィンブルドン(ダブルスのみ開催)でダブルス優勝[8]。グランドスラム3大会連続優勝を果たした(ダブルスのパートナーは、いずれもジョーダン・ホワイリーである)。全米オープンでもシングルス・ダブルスで優勝し、ダブルスで年間グランドスラムを達成。

2015年全豪オープンダブルスで2連覇を果たしたが、全仏オープンシングルスは準決勝でアニーク・ファン・コートの前に敗れた。ダブルスは決勝で敗れグランドスラムダブルス連続優勝は5でストップした。

2016年全豪オープンダブルスで3連覇。全仏オープンダブルスでは2年ぶりの優勝。ウィンブルドンダブルスで3連覇。リオデジャネイロパラリンピックでは、シングルスで同種目日本人初の銅メダルを獲得した[9]二條実穂と組んだダブルスは3位決定戦で敗れ、メダル獲得はならなかった[10]

2017年全豪オープンシングルスに第2シードで出場。決勝まで進み、第1シードのイスケ・フリフィウンにフルセットで下し、初優勝を果たした。

成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

シングルス[編集]

グランドスラム[編集]

大会 2012 2013 2014 2015 2016 2017
全豪オープン QF F F SF W
全仏オープン QF W SF SF
ウィンブルドン NH QF
全米オープン NH SF W F NH

他大会[編集]

ダブルス[編集]

グランドスラム[編集]

大会 2012 2013 2014 2015 2016 2017
全豪オープン SF W W W F
全仏オープン F W F W
ウィンブルドン F W W W
全米オープン NH F W QF NH

他大会[編集]

  • ロンドンパラリンピック ベスト8(2012)
  • アジアパラ競技大会 銀メダル(2014)
  • ダンロップ神戸オープン 優勝(2010-2012,2015-2016)
  • ジャパン・オープン 優勝(2011,2013,2015-2016)
  • 大邱オープン 優勝(2011)

出演[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ギネス世界記録 特別インタビュー: 上地結衣選手”. ギネス世界記録. 2016年10月22日閲覧。
  2. ^ a b -四大大会で初めて日本人がアベック優勝!-車いすテニスプレーヤー上地結衣選手と国枝慎吾選手が全仏オープン優勝”. ダンロップスポーツ (2014年6月9日). 2014年7月13日閲覧。
  3. ^ a b Raito Hino (2012年7月31日). “パラリンピック 車いすテニス日本代表 上地結衣選手インタビュー”. GO豪メルボルン. 2014年7月8日閲覧。
  4. ^ ロンドン2012 パラリンピック競技大会/日本代表選手団成績 (PDF)”. 日本障がい者スポーツ協会. 2004年7月9日閲覧。
  5. ^ a b 【車いすテニス】全仏優勝の上地結衣。途絶えかけたテニス人生”. Sportiva (2014年6月7日). 2014年7月14日閲覧。
  6. ^ 「NEC車いすテニスマスターズ」で男女ともに日本人選手が優勝!”. NEC. 2014年7月14日閲覧。
  7. ^ 車いすテニス、国枝慎吾と上地結衣がダブルス優勝 [全豪オープン]”. ベースボール・マガジン社 (2014年1月24日). 2014年7月20日閲覧。
  8. ^ 上地結衣 GS3大会連続優勝”. tennis365.net (2014年7月7日). 2014年7月20日閲覧。
  9. ^ 上地結衣、日本初の銅メダル”. tennis365.net (2016年9月15日). 2016年10月22日閲覧。
  10. ^ リオパラリンピック特設サイト|スケジュール”. 日本パラリンピック委員会. 2016年10月22日閲覧。
  11. ^ いきものがかり“五輪応援曲”ロンドンのNHKテーマソングに続き盛り上げる”. スポーツ報知 (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

受賞
先代:
アニーク・ファン・コート
ITF車いすテニス 世界チャンピオン
2014
次代:
イスケ・フリフィウン
先代:
イスケ・フリフィウン
年間最終ランキング1位 – ダブルス
2014
次代:
-