丸山茂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg 丸山 茂樹 Golf pictogram.svg
Sigeki Maruyama
Maruyama Shigeki 2006.jpg
基本情報
名前 丸山 茂樹
生年月日 1969年9月12日(46歳)
身長 169 cm (5 ft 7 in)
体重 73 kg (161 lb)
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県市川市
経歴
メジャー選手権最高成績
マスターズ 14位タイ: 2002
全米オープン 04位タイ: 2004
全英オープン 05位タイ: 2002
PGA選手権 22位タイ: 2001
成績
優勝回数 日本男子:10勝
米国男子:3勝
初優勝 日本男子:ペプシ宇部興産(1993年
米国男子:グレーター・ミルウォーキー・オープン(2001年
世界ランク最高位 19位
賞金ランク最高位 日本男子:2位 (1997)
米国男子:16位 (2002)
2012年9月24日現在
テンプレートを表示

丸山 茂樹(まるやま しげき、1969年9月12日 - )は、千葉県市川市出身のプロゴルファーである。現在はセガサミーホールディングス所属。

経歴[編集]

父丸山護は元総会屋で時間と金がある事からゴルフがうまく、息子の素質を見抜き小さい 時からゴルフに連れられて腕を磨かせた。その後、高校ゴルフ界の名門・日本体育大学の付属校である日体荏原高等学校に進学、日本大学経済学部卒業。日大在学中の1990年1991年に、日本学生ゴルフ選手権競技で優勝する。1992年にプロ入り。日本ツアー通算10勝は歴代24位タイである。

2015年には、過去の豊富な海外ツアー経験を買われ、翌年に行われるリオデジャネイロオリンピックゴルフ競技のヘッドコーチに選ばれた[1]。当初は男子のみを担当する予定だったが、同年12月の強化委員会で女子も指導することが決まった[2]

2016年3月、日本ゴルフツアー機構相談役に就任[3]

人物[編集]

その明るい性格からマルちゃんの愛称で親しまれる。海外メディアは「Smiley」の愛称で呼ばれ、笑顔と対照的なプレイスタイルの繊細さから「Smiling Assassin(笑顔の暗殺者)」と呼ばれることもある。シゲキックスという愛称もある。

身長は169センチと小柄な体格ながら、勝負強いゴルフで知られる。趣味はスポーツ観戦、ドライブ。

また、尾崎将司青木功TUBE前田亘輝田中邦衛などのモノマネを始め、テレビ的なギャグのセンスにも冴えているため、オフシーズンにはよくテレビ番組に出演する。喋り上手と芸達者さから、本業のテレビタレントを食ってしまうこともある。

光GENJI諸星和己とは旧知の仲で、(丸山の1歳下であるにも係わらず)諸星からはマルと呼ばれている。

戦績[編集]

日本ツアー[編集]

10歳からゴルフを始め、アマチュア時代から活躍。アマチュア時代に37勝をあげて頭角を現す。1992年、22歳の時にプロテストに一発合格し、プロ入り。翌年にはツアー初優勝を飾る。国内ツアー10勝をあげる。

PGAツアー[編集]

2000年から2008年までアメリカの「PGAツアー(USPGA)」に本格参戦。2000年2月10日~13日、ツアー参戦3戦目となるPGAツアー第6戦「ビュイック招待」にて2位タイ(同じ2位タイにはタイガー・ウッズもいた)。2001年の参戦2年目にはPGAツアー初優勝。その後も好成績を挙げ、日本人選手として初めてPGAツアー3勝を挙げており、国際クラスの選手に成長した。 ちなみに2000年の全米オープンの予選にて、最も低いスコア記録タイの58を叩き出している。シード権を二年連続で喪失したのを機に2009年からは再び日本に活躍の場を戻した。

2005年の主な成績[編集]

  • 2005年1月13日~16日、PGAツアー第2戦「ソニー・オープン」3位。
  • 2005年9月29日~10月2日、PGAツアー第40戦「クライスラー・クラシック・オブ・グリーンズボロ」2位。

2006年の主な成績[編集]

PGAツアー賞金ランキング[編集]

  • 2000年PGAツアー賞金ランキング37位(1,357,104ドル)
  • 2001年PGAツアー賞金ランキング37位(1,441,455ドル)
  • 2002年PGAツアー賞金ランキング16位(2,214,794ドル)
  • 2003年PGAツアー賞金ランキング37位(1,669,292ドル)
  • 2004年PGAツアー賞金ランキング22位(2,301,692ドル)
  • 2005年PGAツアー賞金ランキング32位(1,933,049ドル)
  • 2006年PGAツアー賞金ランキング79位(1,154,115ドル)
  • 2007年PGAツアー賞金ランキング103位(951,288ドル)
  • 2008年PGAツアー賞金ランキング202位(160,175ドル)
  • 2009年PGAツアー賞金ランキング181位(256,331ドル)
  • 2010年PGAツアー賞金ランキング234位(22,440ドル)
  • 2011年PGAツアー賞金ランキング198位(177,375ドル)

世界ゴルフ選手権[編集]

2002年12月12日~15日、メキシコで開催された「世界ゴルフ選手権」シリーズ第4戦「EMCワールドカップ」において、伊沢利光とコンビを組み優勝。日本に45年ぶりの栄冠をもたらす。

メジャー選手権成績[編集]

大会 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006
マスターズ DNP DNP CUT T31 T46 CUT T14 CUT CUT CUT CUT
全米オープン DNP DNP DNP DNP CUT DNP T16 CUT T4 T33 DNP
全英オープン T14 T10 T28 CUT T55 CUT T5 CUT T30 CUT DNP
PGA選手権 DNP T23 T65 CUT T46 T22 T43 T48 CUT CUT CUT

DNP = 出場せず
CUT = ハーフウェイ・カット
T =順位タイ
黄色はトップ10入り。

逸話[編集]

小学校の卒業アルバムの「将来の夢」の欄には「プロゴルファー」と書いてある。 尾崎将司(ジャンボ尾崎)のモノマネが得意で、アマチュア時代からの演芸ネタの十八番。プロになりゴルフ以外のテレビ番組に出演しては頻繁にジャンボのモノマネを度々披露していた。ツアーの最中、ラウンド終了後のゴルフ場のお風呂場でモノマネを披露している最中、ジャンボ本人と鉢合わせになったこともあったという。 二十代だった頃はポチャリした体型と陽気なプレイから、ゴルフの漫画あした天気になあれの主人公、向太陽に似ていると指摘されていた。当時本人はそれを否定していたが、衣服や髪型など意識しており、ゴルフの専門誌の表紙にツーショットの写真が掲載された時もある。その明るい性格は社交性の広さとなって現れている。戦績を見ても分かるとおり、タイガー・ウッズとの接点が多いが、プライベートでもタイガー・ウッズと遊ぶことがある仲だという。また、ゴルフ界にとどまらず、日本の芸能界などにも幅広い交友関係を持つ。

1998年、ゴルフを始めたばかりの子供の頃からの夢だった「マスターズ・トーナメント」の招待状がやってきた。しかし、舞台となる「オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ」のコースが分からない。そこで、丸山は任天堂コンピュータゲーム機「NINTENDO64」のゲームソフト『遙かなるオーガスタ MASTERS'98』でコースを研究。大会前にスタジオ生出演した「ニュースステーション」には、その「NINTENDO64」と『遙かなるオーガスタ MASTERS'98』を持参。司会の久米宏の前でプレイしてマスターズ対策の“練習方法”を紹介した。この時の大会の初日(1998年4月9日)の12番ホールまでは首位タイの好位置につけていたものの、途中で日没サスペンデッドとなり、翌日(1998年4月10日)のラウンドは散々な結果で、マスターズ初挑戦は予選落ちとなった。

PGAには莫大な運用資金による年金ファンドがある。PGAツアーの年間賞金ランキングで5年間30位以内をキープし続けると、60歳以降に総額約20億円、10年間(丸山の場合、2000年から2009年まで)70位以内をキープし続けると、同総額30億円から40億円もの年金を受け取れ、しかも、この年金は本人が亡くなった後、子供の世代に受け継がせられる手厚いものである。タイガー・ウッズは今引退したとしても総額300億円以上の年金が支給されるという。そして、PGAにはその計算をしてくれる通称「年金おばさん」がおり、窓口に訪ねに行くと「あなたは、あとこれだけ頑張れば、いくらの年金が貰えるのよ。頑張ってね」などと予定支給額を教えてくれるのだそうだ。丸山の2006年の賞金ランキングは79位。惜しくも70位以内に入ることができなかった。

2004年から毎年年頭にフジテレビの「ジャンクSPORTS」に出演するのが恒例となっている。2005年1月16日の放送日は「ソニー・オープン」の最終日。3位に入り、のちの番組では「ジャンクの御利益」として紹介された。

その他[編集]

プロゴルファーのマネージメント業務やゴルフスクールの経営を行う「株式会社マルエンタープライズ」という会社がある。これは丸山茂樹の父、丸山護の経営するゴルフ事業の会社である(現在は代表取締役会長)。2000年には同社が栃木県矢板市のゴルフ場を買収、同年の全米オープン予選で出したスコア「58」にちなんだ「ファイブエイトゴルフクラブ」に名称を変更して経営を行っていたが、2010年に経営権を手放している(その後2016年3月で閉場)[4]

2002年に「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2002」を受賞。

2003年6月、丸山自身をフィーチャーした『がんばれ丸ちゃん』というパチンコ遊技機がリリースされた。

2007年7月26日発売のプレイステーション3用のゴルフゲーム『みんなのGOLF 5』にも登場。キャラクター(「丸山茂樹プロ」)、キャディー(「マルちゃん」)両方で参加。モーションはモーションキャプチャを使用せずに写真を使ってモーションを再現した。

所属については、1994年にサメジマ(現在のサメジマコーポレーション)と契約した後[5]、2003年にはトヨタ自動車に移籍[6]。2008年末にトヨタとの契約が満了したあとはフリーの状態になっていたが[7]、2010年7月にはセガサミーホールディングスと所属契約を交わした。当初の契約は同年末までとなるが、同社では翌年以降も長期契約を結ぶ意向を明らかにしている。[8]

テレビ番組[編集]

  • 丸山茂樹のゴルフの旋風(テレビ東京)1997年4月~1998年
    • 1997年4月から1998年3月まで毎週日曜日9時から9時25分まで放送。1998年4月4日以降は毎週土曜日8時30分から8時55分まで放送。
  • NBAファイナル衛星第1テレビ放送 (BS1))2000年6月
    • ゲスト出演
  • マルちゃんの世界への架け橋~丸山茂樹・ジュニアファンデーション(制作:とちぎテレビ。同局とスカイ・エーにて放送)
    • 丸山が主催するジュニアゴルフ教室の模様を収録したレッスン番組

出演CM[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]