星孝典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
星 孝典
埼玉西武ライオンズ コーチ #81
Hoshi takanori.jpg
西武選手時代
(2011年8月30日、こまちスタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県名取市
生年月日 (1982-05-04) 1982年5月4日(36歳)
身長
体重
175 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2004年 ドラフト6巡目
初出場 2005年10月4日
最終出場 2014年7月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
派遣歴
コーチ歴
  • 埼玉西武ライオンズ (2017 - )

星 孝典(ほし たかのり、1982年5月4日 - )は、宮城県名取市出身[1]の元プロ野球選手捕手、右投右打)、コーチ2016年シーズン限りで現役を引退。2017年シーズンから埼玉西武ライオンズの二軍育成コーチを務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

投手だった兄の影響で、小学校1年生の時に、捕手として下増田ブラックホークスで野球を始めた。中学3年生の時には、宮城県大会の決勝戦で、後に横浜DeNAベイスターズへ入団する後藤伸也が所属していたチームと対戦。相手のスクイズを3回連続で外すなどの好プレーで、優勝に貢献した。

仙台育英高校への進学後は、2年生の夏に第81回全国高等学校野球選手権大会、3年生の夏に第82回全国高等学校野球選手権大会の全国大会へ出場。いずれも2回戦で敗れている[2]

高校卒業後に、地元の東北学院大学へ進学。4年生だった2004年には、仙台六大学野球の秋季リーグ戦で打率.529を記録するとともに、捕手部門でベストナインに選ばれた[2][3]。ちなみに、後に西武でもチームメイトになる岸孝之投手は2年後輩で、在学中にもバッテリーを組んでいた[4]

2004年のプロ野球ドラフト会議で、読売ジャイアンツ(巨人)から6巡目で指名。契約金6,500万円、年俸720万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は38

巨人時代[編集]

巨人時代(2009年8月16日)

2005年には、イースタン・リーグ公式戦37試合に出場。2本塁打、11打点、打率.293という成績を残した[5]。一軍公式戦への出場は2試合だけだったが、10月4日の対広島東洋カープ戦(東京ドーム)に「8番・捕手」としてスタメンでデビューを果たすと、翌5日の同カードで一軍初安打を放った。

2006年には、一軍公式戦7試合に出場。5打数1安打(二塁打)という成績を残したが、シーズン終了後に背番号を58へ変更した。

2007年2008年には、いずれも二軍生活に終始。二軍では、チームの捕手で最も多く、イースタン・リーグの公式戦へ出場した[6][7]

2009年には、一軍公式戦9試合に出場したが、無安打でシーズンを終了。2010年以降は、一軍公式戦への出場機会がなかった。

西武時代[編集]

2011年5月9日、埼玉西武ライオンズに金銭トレードで獲得されたことが発表された[8][9]。翌10日付で公示され[10]、同日に行われた入団会見で背番号61が発表された[11]。なお、西武では同姓の星秀和がいた事から、スコアボード表記は星孝となった。5月17日に出場選手登録され[12]、21日の対中日ドラゴンズ戦で移籍後初出場および2季ぶりの一軍公式戦出場を果たした[13]。8月12日の対オリックス・バファローズ戦では9番・捕手で先発出場し、7回表の第3打席で左中間へ適時二塁打を放ち、プロ初打点を記録、また1試合4安打を放ち初の猛打賞も記録した[14][15]。18日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では、6回裏に初盗塁(二盗)を記録した[16]。そのほかこの年は出場試合数(40)や安打数(16)、打点(2)などで現役生活で最多を記録した。イースタン・リーグ公式戦には22試合に出場し、1試合で三塁手としても起用された[17]。シーズン終了後に背番号が25に変更された[18]

2012年はシーズン開幕を一軍で迎えたが[19]、出場試合数は前年より減った。

2013年も開幕を一軍で迎え[20]、チームの捕手としては炭谷銀仁朗に次いで2番目に多い39試合に出場した[21]。9月19日の対北海道日本ハムファイターズ戦では、試合の途中で一塁の守備に就いたが、一軍公式戦で捕手以外の守備位置に就いたのはこの試合が唯一だった[22]

2014年、3年連続で開幕を一軍で迎えたが[23]、出場試合数は11試合で、この年一軍公式戦に出場したチームの捕手の中では最も少なかった[24]。イースタン・リーグ公式戦では、一塁・二塁・三塁の守備にも就いた[25]

2015年以降は一軍での出場はなかった。

2016年5月30日、右有鈎骨の除去手術を受け、復帰まで約1,2か月かかる見込みと発表された[26]。10月7日に球団から戦力外通告を受けたが[27]、11日に2017年度のチームの二軍育成コーチに就任したことが発表され、背番号は81に決まった[28]。翌12日付で任意引退選手となった[29]

現役引退後[編集]

2017年から西武の二軍育成コーチを務める[28]

退場処分[編集]

2012年5月10日、対楽天戦の8回裏に捕手として守備に就いていた際、タッチアップによる本塁上のクロスプレーがセーフと判定されたことを不服として球審の森健次郎に抗議したが、その際に森の体に触れたことが暴力行為とみなされ退場処分を受けた。なお、この試合西武は既に星以外の捕手が全員退いていたため、プロ入り時に捕手でその後外野手に転向していた星秀和が「急造捕手」としてその後の守備に就いた[30][31]

人物[編集]

好きな言葉は「堅守賢運(けんしゅけんうん)」、「諦めたら終わり」。

巨人史上初の「星」姓の選手であったことから、入団当初は「巨人の」という触れ込みで注目された。本人もそれを意識していたとのことで、入寮時は、ちゃぶ台を持参したことが話題になった[32]。また、在籍中のホームゲームでは、打席に入る際の登場曲に「ゆけゆけ飛雄馬」を使用していた。

巨人時代の2007年1月18日に、高校時代の同級生との結婚を発表。2008年11月18日に長女を授かった。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う津波の被害で名取市にあった実家が全壊、そこで暮らしていた祖父母が流され、後に死亡が確認された[33]。 なお震災にあたり、チーム(巨人)の選手のメッセージを集めたビデオレターを被災地の避難所に届けることを提案したほか[34]、被災地に援助物資を届けたり[35]、被災者のための募金活動や[36]、この年に春の甲子園大会に出場予定だった宮城県の東北高校の選手に数珠を作って贈る活動に参加するなど[37]、被災者支援活動に尽力した。

プロ入り前はアマチュア野球の指導者になることを夢見ており、大学時代に教員免許を取得した。戦力外通告とほぼ同時にコーチ就任の打診を受けたが、小学2年生の娘の後押しで、コーチ就任を受諾する決心をしたという[38]。コーチ就任要請を受けたときの心境として、「ありがたいですよね。たいした成績も残せなかったのに、また野球に携われるチャンスをいただいたんですから」と述べており[39]、指導者の道を歩むことが叶うこととなった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2005 巨人 2 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .333 .667
2006 7 5 5 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .400 .600
2009 9 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2011 西武 40 73 66 6 16 2 1 0 20 2 1 0 3 0 2 0 2 14 3 .242 .286 .303 .589
2012 29 23 21 2 3 0 0 0 3 0 0 0 1 0 0 0 1 4 0 .143 .182 .143 .325
2013 40 29 28 0 5 0 0 0 5 1 1 0 0 0 0 0 1 6 0 .179 .207 .179 .385
2014 11 13 13 2 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 3 2 .077 .077 .154 .231
NPB:7年 138 151 141 10 27 4 1 0 33 3 2 0 4 0 2 0 4 30 5 .191 .224 .234 .459

年度別守備成績[編集]



捕手 一塁


































2005 巨人 2 7 0 0 0 0 1.000 0 0 0 - -
2006 6 7 0 0 0 0 1.000 0 0 0 - -
2009 9 9 0 0 0 1 1.000 1 1 0 .000 -
2011 西武 40 132 10 0 3 0 1.000 19 14 5 .263 -
2012 26 51 6 0 2 0 1.000 15 12 3 .200 -
2013 39 93 5 0 0 1 1.000 13 10 3 .231 1 2 0 0 0 1.000
2014 7 22 3 0 1 0 1.000 3 1 2 .667 -
通算 129 321 24 0 6 2 1.000 51 38 13 .255 1 2 0 0 0 1.000

記録[編集]

背番号[編集]

  • 38 (2005年 - 2006年)
  • 58 (2007年 - 2011年5月7日)
  • 61 (2011年5月8日 - 同年終了)[40]
  • 25 (2012年 - 2016年)
  • 81 (2017年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【決断】西武・星 プロ入り前の夢はアマ指導者 2軍育成コーチで第一歩 スポニチ Sponichi Annex 2016年12月2日配信
  2. ^ a b 2014年度西武ライオンズ選手名鑑 スポニチ Sponichi Annex
  3. ^ 歴代ベストナイン 仙台六大学野球連盟公式サイト
  4. ^ 星 大学の後輩・岸と再びバッテリー心待ち スポニチ Sponichi Annex 2011年5月11日掲載
  5. ^ 2005年度 読売ジャイアンツ 個人打撃成績(イースタン・リーグ)
  6. ^ 2007年度 読売ジャイアンツ 個人守備成績(イースタン・リーグ)
  7. ^ 2008年度 読売ジャイアンツ 個人守備成績(イースタン・リーグ)
  8. ^ 西武 巨人から金銭トレードで星を獲得 スポニチ Sponichi Annex 2011年5月9日掲載
  9. ^ トレードのお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2011年5月9日配信
  10. ^ 2011年度公示 トレード NPB.jp 日本野球機構
  11. ^ 星孝典選手入団会見 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2011年5月10日配信
  12. ^ 一軍登録情報 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2011年5月17日配信
  13. ^ 2011年5月21日 埼玉西武 対 中日 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  14. ^ 【西武】巨人で計2安打 星初の4安打 日刊スポーツ 2011年8月12日配信
  15. ^ 2011年8月12日 オリックス 対 埼玉西武 成績詳細テキスト速報 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  16. ^ 2011年8月18日 埼玉西武 対 楽天イーグルス テキスト速報 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  17. ^ 2012年度 埼玉西武ライオンズ 個人守備成績(イースタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  18. ^ 2012年 背番号のお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2011年11月13日配信
  19. ^ 2012年 開幕登録選手発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2012年3月28日配信
  20. ^ 2013年 開幕登録選手発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2013年3月27日配信
  21. ^ 2013年度 埼玉西武ライオンズ 個人守備成績(パシフィック・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  22. ^ 2013年9月19日 埼玉西武 対 北海道日本ハム 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  23. ^ 2014年 開幕登録選手発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2014年3月26日配信
  24. ^ 2014年度 埼玉西武ライオンズ 個人守備成績(パシフィック・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  25. ^ 2014年度 埼玉西武ライオンズ 個人守備成績(イースタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  26. ^ 西武 星が右有鉤骨除去手術、復帰まで1~2カ月 スポニチ Sponichi Annex 2016年5月30日配信
  27. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2016年10月7日配信
  28. ^ a b 2017年度 コーチングスタッフ発表!馬場 敏史、西口 文也、野田 浩輔、星 孝典、工藤 建太5コーチ 就任会見 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2016年10月11日配信
  29. ^ 2016年度公示 任意引退選手 NPB.jp 日本野球機構
  30. ^ 捕手の星退場 外野手の星が捕手 日刊スポーツ 2012年5月11日紙面から
  31. ^ 2012年5月10日 楽天イーグルス 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  32. ^ 【西武】星2軍育成コーチ「巨人に勝ちたい」“戦力外”から5秒後まさか…”. スポーツ報知. 2016年12月13日閲覧。
  33. ^ 津波で祖父母亡くした巨人捕手 実家全壊「親父もギリギリ助かった」 スポニチ Sponichi Annex 2011年3月23日掲載
  34. ^ 宮城出身・星が提案 スポニチ Sponichi Annex 2011年3月21日配信
  35. ^ 津波で祖父母が犠牲…巨人の星が物資を被災地へ スポニチ Sponichi Annex 2011年3月27日配信
  36. ^ 巨人が募金活動 約3300人が協力 スポニチ Sponichi Annex 2011年3月23日配信
  37. ^ 巨人・星ら、東北ナインに“甲子園の数珠” スポニチ Sponichi Annex 2011年3月28日配信
  38. ^ 【西武】星2軍育成コーチ「巨人に勝ちたい」“戦力外”から5秒後まさか…”. スポーツ報知. 2016年12月13日閲覧。
  39. ^ 【西武】星2軍育成コーチ「巨人に勝ちたい」“戦力外”から5秒後まさか…”. スポーツ報知. 2016年12月13日閲覧。
  40. ^ 西武では2005年から2007年までの2シーズン、ドラフト同期で同姓の星秀和が付けていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]