J.P.ハウエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
J.P.ハウエル
J.P. Howell
トロント・ブルージェイズ (マイナー)
J. P. Howell on April 19, 2013.jpg
ドジャース時代(2013年4月19日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州スタニスラウス郡モデスト
生年月日 (1983-04-25) 1983年4月25日(34歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 MLBドラフト1巡目追補(全体31位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名
初出場 2005年6月11日
年俸 $3,000,000(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2009年

ジェームズ・フィリップ・ハウエルJames Phillip Howell, 1983年4月25日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州スタニスラウス郡モデスト出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBトロント・ブルージェイズ傘下所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2001年MLBドラフト2巡目(全体52位)でアトランタ・ブレーブスから指名を受けたが、契約せずテキサス大学オースティン校へと進学。

プロ入りとロイヤルズ時代[編集]

2004年MLBドラフト1巡目追補(全体31位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名され、プロ入り。

2005年には早くもメジャーデビューを果たし、先発投手として15試合に登板したが、2006年はマイナーリーグで開幕を迎えたまま、6月20日までメジャー昇格は叶わなかった。

レイズ時代[編集]

2006年6月20日にフェルナンド・コルテス英語版ジョーイ・ギャスライトとのトレードで、タンパベイ・デビルレイズへ移籍した。デビューから2007年までは全試合で先発を務めていた。

先発として結果が出ないハウエルは、球団名がレイズとなった2008年に一度もメジャーで経験のないリリーフに配置転換。64試合にリリーフ登板し、防御率2.22を記録。ロングリリーフとしても活躍した。

2009年第2回WBCのアメリカ合衆国代表にも選出された[2]。同年のレギュラーシーズンではクローザーが固定されていなかったことから、日替わりで務めたこともあった。

2010年スプリングトレーニング中に左肩を痛めてシーズンを全休した。

2011年は2年ぶりにメジャー復帰を果たし、この年のみ背番号74を着けた。

2012年10月29日FAとなった。

ドジャース時代[編集]

2013年1月7日ロサンゼルス・ドジャースと1年285万ドルで契約した。10月31日にFAとなったが、12月16日にドジャースと年俸400万ドル+ボーナス350万ドルの2年総額1125万ドル、さらに3年目の年俸625万ドルの球団オプション付きで再契約したことが報道され[3]、24日に球団が発表した[4]

ドジャースでは2016年まで4年連続で60試合以上に投げた。同年オフの11月3日にFAとなった[5]

ブルージェイズ時代[編集]

2017年2月9日トロント・ブルージェイズと1年300万ドルで契約した[1]8月16日DFAとなった[6]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 KC 15 15 0 0 0 3 5 0 0 .375 328 72.2 73 9 39 0 6 54 7 0 55 50 6.19 1.54
2006 TB 8 8 0 0 0 1 3 0 0 .250 187 42.1 52 4 14 0 3 33 1 0 25 24 5.10 1.56
2007 10 10 0 0 0 1 6 0 0 .143 244 51.0 69 8 21 0 3 49 3 0 45 43 7.59 1.76
2008 64 0 0 0 0 6 1 3 14 .857 370 89.1 62 6 39 1 4 92 5 0 29 22 2.22 1.13
2009 69 0 0 0 0 7 5 17 4 .583 278 66.2 47 7 33 3 3 79 3 1 22 21 2.84 1.20
2011 46 0 0 0 0 2 3 1 10 .400 138 30.2 30 5 18 1 2 26 2 2 24 21 6.16 1.57
2012 55 0 0 0 0 1 0 0 3 1.000 203 50.1 39 7 22 2 4 42 1 0 17 17 3.04 1.21
2013 LAD 67 0 0 0 0 4 1 0 11 .800 246 62.0 42 2 23 3 1 54 3 0 14 14 2.03 1.05
2014 68 0 0 0 0 3 3 0 27 .500 199 49.0 31 2 25 1 1 48 3 0 14 13 2.39 1.14
2015 65 0 0 0 0 6 1 1 10 .857 259 44.0 47 3 14 1 2 39 3 1 9 7 1.43 1.39
2016 64 0 0 0 0 1 1 0 2 .500 220 50.2 56 4 15 2 3 44 3 0 23 23 4.09 1.40
通算:11年 531 33 0 0 0 35 29 22 81 .547 2603 608.2 548 57 263 14 32 560 34 4 277 255 3.77 1.33
  • 2016年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 53(2005年)
  • 39(2006年 - 2009年、2012年)
  • 74(2011年)
  • 56(2013年 - 2017年)

代表歴[編集]

アメリカ合衆国代表

脚注[編集]

  1. ^ a b Chisholm, Gregor (2017年2月9日). “Blue Jays make deals with Howell, Smith official”. MLB.com. 2017年2月11日閲覧。
  2. ^ 2009 Rosters” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月1日閲覧。
  3. ^ Dodgers reportedly ready to bring back Howell MLB.com
  4. ^ Dodgers sign J.P. Howell MLB.com
  5. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年2月1日閲覧。
  6. ^ Blue Jays designate J.P. Howell, Mike Ohlman for assignment”. Sportsnet (2017年8月16日). 2017年8月16日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]