20-20-20クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

20-20-20クラブ20-20-20 club)は、メジャーリーグにおいて、シーズンで二塁打三塁打本塁打をそれぞれ20以上を記録した選手の集団。2015年現在達成者は7人。最近では2007年カーティス・グランダーソンジミー・ロリンズの2人が達成した。また、これに加え盗塁20以上を同時に記録した選手の集団は「20-20-20-20クラブ」といわれ、7人のうち4人が達成している。

ちなみに日本プロ野球ではシーズン20三塁打を記録した選手がまだ出ておらず(1951年の金田正泰の18が最高)、達成者はいない。

20–20–20 達成者[編集]

(*)は打率3割達成

名前 チーム 二塁打 三塁打 本塁打
フランク・シュルト シカゴ・カブス 1911年 30 21 21
ジム・ボトムリー(*) セントルイス・カージナルス 1928年 42 20 31
ジェフ・ヒース英語版 クリーブランド・インディアンス 1941年 32 20 24
ウィリー・メイズ(*) ニューヨーク・ジャイアンツ 1957年 26 20 35
ジョージ・ブレット(*) カンザスシティ・ロイヤルズ 1979年 42 20 23
カーティス・グランダーソン(*) デトロイト・タイガース 2007年 38 23 23
ジミー・ロリンズ フィラデルフィア・フィリーズ 2007年 38 20 30

20–20–20–20 達成者[編集]

(*)は打率3割達成者

名前 チーム 二塁打 三塁打 本塁打 盗塁
フランク・シュルト(*) シカゴ・カブス 1911年 30 21 21 23
ウィリー・メイズ(*) ニューヨーク・ジャイアンツ 1957年 26 20 35 38
カーティス・グランダーソン(*) デトロイト・タイガース 2007年 38 23 23 26
ジミー・ロリンズ フィラデルフィア・フィリーズ 2007年 38 20 30 41

関連項目[編集]