ディック・スチュアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディック・スチュアート
Dick Stuart
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州
生年月日 1932年11月7日
没年月日 2002年12月15日(満70歳没)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
212 lb =約96.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1951年
初出場 MLB / 1958年7月10日
NPB / 1967年4月19日
最終出場 MLB / 1969年5月27日
NPB / 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ディック・スチュアートDick Stuart , 1932年11月7日 - 2002年12月15日)は、アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手内野手)右投げ右打ち。

来歴・人物[編集]

ピッツバーグ・パイレーツに入団。パイレーツ時代1960年には23本塁打、83打点を記録し、ワールドシリーズ優勝に貢献。 この年のワールドシリーズ第7戦のビル・マゼロスキーのサヨナラ本塁打の時には、ネクスト・バッタースボックスにいた。 1961年には35本塁打、117打点を記録し、自己唯一のMLBオールスターゲーム出場を果たす。

1963年ボストン・レッドソックスに移籍するが、この年いずれも自己最多の42本塁打、118打点を記録しアメリカンリーグ打点王に輝いた。 1964年も28本塁打、95打点を記録するが、1965年フィラデルフィア・フィリーズ1966年にはニューヨーク・メッツさらにロサンゼルス・ドジャースに移籍。

強打の一塁手であったが、守備力が低く、ドジャース時代には「Dr. Strangeglove」という有難くないニックネームをつけられた。

1967年に当時の大洋ホエールズに入団。大リーグ時代は3打席連続本塁打を打つなど、来日までに通算227本塁打。チーム初の現役大リーガー入団で期待は大きく、来日初打席初本塁打を放つなど来日1年目は打率.280、33本塁打と活躍した。しかし翌年は打撃成績が半減し、守備の怠慢も目立ったため同年で解雇。翌1969年カリフォルニア・エンゼルスと契約し、大リーグに復帰した。

エピソード[編集]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1958 PIT 67 271 254 38 68 12 5 16 138 48 0 0 0 1 11 1 5 75 6 .268 .310 .543 .853
1959 118 450 397 64 118 15 2 27 218 78 1 1 2 7 42 7 2 86 11 .297 .362 .549 .911
1960 122 483 438 48 114 17 5 23 210 83 0 0 1 5 39 5 0 107 15 .260 .317 .479 .797
1961 138 576 532 83 160 28 8 35 309 117 0 3 1 5 34 1 4 121 22 .301 .344 .581 .925
1962 114 433 394 52 90 11 4 16 157 64 0 1 0 5 32 1 2 94 9 .228 .286 .398 .685
1963 BOS 157 659 612 81 160 25 4 42 319 118 0 0 1 1 44 2 1 144 24 .261 .312 .521 .833
1964 156 651 603 73 168 27 1 33 296 114 0 0 1 7 37 7 3 130 11 .279 .320 .491 .811
1965 PHI 149 586 538 53 126 19 1 28 231 95 1 0 0 6 39 8 3 136 10 .234 .287 .429 .716
1966 NYM 31 96 87 7 19 0 0 4 31 13 0 1 0 0 9 2 0 26 5 .218 .292 .356 .648
LAD 38 104 91 4 24 1 0 3 34 9 0 1 0 0 11 0 2 17 3 .264 .356 .374 .729
'66計 69 200 178 11 43 1 0 7 65 22 0 2 0 0 20 2 2 43 8 .242 .325 .365 .690
1967 大洋 125 474 432 62 121 18 0 33 238 79 1 1 0 1 37 4 4 100 15 .280 .342 .551 .893
1968 83 275 253 28 55 9 0 16 112 40 0 1 0 1 18 1 3 78 7 .217 .276 .443 .719
1969 CAL 22 54 51 3 8 2 0 1 13 4 0 0 0 0 3 0 0 21 2 .157 .204 .255 .459
MLB:10年 1112 4363 3997 506 1055 157 30 228 1956 743 2 7 6 37 301 34 22 957 118 .264 .316 .489 .806
NPB:2年 208 749 685 90 176 27 0 49 350 119 1 2 0 2 55 5 7 178 22 .257 .318 .511 .829

タイトル[編集]

MLB

記録[編集]

MLB
NPB

背番号[編集]

  • 7(1958年 - 1965年)
  • 17(1966年)
  • 7(1966年)
  • 10(1967年 - 1968年)
  • 5(1969年)

脚注[編集]

  1. ^ 厳密に言うとラリー・レインズ阪急ブレーブスを退団後、1955年にメジャー(クリーブランド・インディアンズ)でプレイしているが、レインズは来日前にはメジャーでのプレイ経験がなく、「復帰」ではないため。なお、レインズはその後1962年に阪急に復帰し、一年だけプレイしている

関連項目[編集]

外部リンク[編集]