ジャスティン・ターナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャスティン・ターナー
Justin Turner
ロサンゼルス・ドジャース #10
Justin Turner.jpg
ロサンゼルス・ドジャース時代
(2017年7月18日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロングビーチ
生年月日 (1984-11-23) 1984年11月23日(34歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 2006年 MLBドラフト7巡目(全体207位)でシンシナティ・レッズから指名
初出場 2009年9月8日 ボストン・レッドソックス
年俸 $19,000,000(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジャスティン・マシュー・ターナーJustin Matthew Turner, 1984年11月23日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチ出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。MLBロサンゼルス・ドジャース所属。

愛称はレッドターン2で、2はニューヨーク・メッツ時代に二塁手であったことに由来する[2]

経歴[編集]

プロ入りとレッズ傘下時代[編集]

2006年MLBドラフト7巡目(全体207位)でシンシナティ・レッズから指名され、6月26日に契約。

オリオールズ時代[編集]

2008年12月9日にラモン・ヘルナンデスとのトレードで、他2選手と共にボルチモア・オリオールズへ移籍した[3]

2009年9月8日のボストン・レッドソックス戦でメルビン・モーラ代打で登場してメジャーデビュー。9月11日のニューヨーク・ヤンキース戦で初安打を打った。

2010年5月21日にDFAとなった[4]

メッツ時代[編集]

ニューヨーク・メッツ時代
(2011年9月1日)

2010年5月25日にウェイバー公示を経てニューヨーク・メッツへ移籍。

2011年5月にはナ・リーグルーキー・オブ・ザ・マンスに選出された[5]。メッツでは内野の控えとしてメジャーに定着した。

2013年シーズン終了後にノンテンダーFAとなる[6]

ドジャース時代[編集]

2014年2月5日にロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結び、3月16日にメジャー契約を結んだ[7]。この年は109試合で打率.340、7本塁打、43打点を記録するなどレギュラーに定着した。

2015年は規定打席に到達しなかったものの、それまでの内野ユーティリティ枠から三塁手に定着し、自己最多となる126試合に出場して打率.294、16本塁打、60打点を記録した。特にポストシーズンでは5試合で打率.526に加え、6本の二塁打を放った。

2016年は151試合に出場しメジャー8年目にして自身初めて規定打席に到達。5月終了時点では打率.236、3本塁打に留まるも、6月以降は調子を上げ、最終的には共にチームトップタイとなる27本塁打、90打点を記録した。オフの11月3日にFAとなり、球団は1720万ドルのクオリファイング・オファーを提示したが、11月14日に拒否した[8]。12月23日ドジャースと4年総額6400万ドルで契約を結んだ[9]

2017年は開幕から好調で、5月18日のマイアミ・マーリンズ戦で負傷して離脱するまで打率は.379だった[10]。復帰は6月9日と3週間近く離脱していたが、オールスターゲーム最終投票で史上最多となる2080万票を集め、オールスターゲームに初選出された[11]。最終成績は打率.322・21本塁打・71打点・OPS.945を記録した。ポストシーズンでは、シカゴ・カブスとのNLCSの第2戦でサヨナラ3ランを放ち、同僚のクリス・テイラーと共にNLCSのMVPに選出された[12]。サヨナラ本塁打でベースを回っているときに、ターナーが4歳だった29年前のちょうど同じ日、1988年のワールドシリーズでドジャースのカーク・ギブソンのサヨナラ本塁打を思い出したと語った[13]ワールドシリーズは打率.160と結果を残せず、チームも敗退した。しかし、1回のポストシーズンにおける球団史上最多打点(14打点)を記録した[14]

2018年3月19日、スプリングトレーニングで左手首に死球を受けて骨折し、自身の開幕は1ヶ月以上遅れた[15]。7月23日には右足の付け根を痛めて故障者リストに登録された[16]。8月には自身初の月間MVPを獲得した[17]。この影響で103試合の出場に留まり、3年ぶりに規定打席に到達しなかった。成績は打率.312、14本塁打、52打点だった。ポストシーズンでは、NLDSで出塁率.500を記録し、ワールドシリーズでも打率.333だった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2009 BAL 12 22 18 2 3 0 0 0 3 3 0 0 0 0 4 0 1 3 3 .167 .318 .167 .485
2010 5 9 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
NYM 4 9 8 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .125 .222 .250 .472
'10計 9 18 17 1 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .059 .111 .118 .229
2011 117 487 435 49 113 30 0 4 155 51 7 2 2 1 39 2 10 59 9 .260 .334 .356 .690
2012 94 185 171 20 46 13 1 2 67 19 1 1 0 1 9 0 4 24 9 .269 .319 .392 .711
2013 86 214 200 12 56 13 1 2 77 16 0 1 1 1 11 1 1 34 6 .280 .319 .385 .704
2014 LAD 109 322 288 46 98 21 1 7 142 43 6 1 0 2 28 1 4 58 6 .340 .404 .493 .897
2015 126 439 385 55 113 26 1 16 189 60 5 2 1 4 36 1 13 71 10 .294 .370 .491 .861
2016 151 622 556 79 153 34 3 27 274 90 4 1 0 8 48 1 10 107 16 .275 .339 .493 .832
2017 130 543 457 72 147 32 0 21 242 71 7 1 1 7 59 5 19 56 12 .322 .415 .530 .945
2018 103 426 365 62 114 31 1 14 189 52 2 1 0 2 47 3 12 54 10 .312 .406 .518 .924
MLB:10年 937 3278 2892 398 844 201 8 93 1340 405 32 10 5 26 282 14 73 469 79 .292 .366 .463 .830
  • 2018年度シーズン終了時

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 83(2009年)
  • 6(2010年 - 同年途中)
  • 2(2010年途中 - 2013年)
  • 10(2014年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Justin Turner Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年3月6日閲覧。
  2. ^ Dodgers Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月17日閲覧
  3. ^ Fordin, Spencer (2008年12月10日). “Trade starts dominoes falling for O's”. MLB.com. 2015年4月23日閲覧。
  4. ^ Justin Turner”. Baseball Prospectus (2015年). 2015年4月23日閲覧。
  5. ^ Justin Turner Of The New York Mets Voted Winner Of The Gillette Presents National League Rookie Of The Month Award For May (press release)”. MLB.com (2011年6月2日). 2015年4月23日閲覧。
  6. ^ Mets Non-Tender Valdespin, Hefner, Atchison, Quintanilla And Turner”. CBS Radio New York (2013年12月3日). 2015年4月23日閲覧。
  7. ^ Stephen, Eric (2014年3月16日). “Justin Turner makes team, Dodgers reassign Miguel Olivo”. True Blue LA. 2015年4月23日閲覧。
  8. ^ Ken Gurnick (2016年11月14日). “Turner, Jansen reject Dodgers' offers”. MLB.com. 2016年11月15日閲覧。
  9. ^ Manny Randhawa (2016年12月23日). “Turner officially back with Dodgers on 4-year pact”. MLB.com. 2016年12月26日閲覧。
  10. ^ Stephen, Eric (2017年6月9日). “Dodgers activate Justin Turner from DL”. SB Nation. 2017年6月9日閲覧。
  11. ^ Stephen, Eric (2017年7月6日). “All-Star Game 2017: Justin Turner wins Final Vote”. SB Nation. 2017年7月6日閲覧。
  12. ^ AJ, Cassavell (2017年10月19日). “Turner, Taylor share NLCS MVP honors” (英語). mlb.com. 2017年10月20日閲覧。
  13. ^ 球史に残る一発から29年 ドジャース、同じ日に再び劇的勝利”. スポーツニッポン (2017年10月16日). 2018年9月30日閲覧。
  14. ^ Stephen, Eric (2017年10月24日). “Justin Turner continues his October to remember”. SB Nation. 2017年11月28日閲覧。
  15. ^ ドジャース痛手 正三塁手ターナーが手首骨折 復帰は5月以降か”. スポーツニッポン (2018年3月20日). 2018年9月30日閲覧。
  16. ^ ドジャース・ターナーがDL入り、マチャドがサードへ - MLB”. 日刊スポーツ (2018年7月24日). 2018年9月30日閲覧。
  17. ^ Justin Turner named National League Player of the Month for August”. Dodger Insider. 2019年2月14日閲覧。
  18. ^ ドジャース・ターナーが勝ち越し2ラン PS通算26打点は球団タイ記録”. スポーツ報知 (2017年10月25日). 2018年9月30日閲覧。
  19. ^ ドジャース・ターナーが決勝弾 28グラムの工夫で勝利を呼び込む”. デイリースポーツ (2017年10月25日). 2018年9月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]