ライアン・ハワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ライアン・ハワード
Ryan Howard
コロラド・ロッキーズ (マイナー)
Ryan Howard (18689970748).jpg
フィラデルフィア・フィリーズ時代
(2015年6月16日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミズーリ州セントルイス
生年月日 (1979-11-19) 1979年11月19日(38歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 2001年 MLBドラフト5巡目(全体140位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 2004年9月1日 ブレーブス
年俸 $25,000,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国代表

ライアン・ジェームズ・ハワードRyan James Howard, 1979年11月19日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス出身のプロ野球選手一塁手)。左投左打。MLBコロラド・ロッキーズ傘下所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1979年11月19日にミズーリ州セントルイスで、二卵性双生児のひとりとして誕生。ハワード家は父がIBM社員で母がマーケティング職という共働き家庭であり、アフリカ系アメリカ人でありながら住民の大半が白人という地域で暮らしていた[2]野球を始めたきっかけは2歳のときで、テレビの野球中継を観ながらおもちゃのバットを振っていたところ、たまたま部屋に入ってきた父がその滑らかなスウィングに才能を見出したことによる[2]セントルイス・カージナルスの当時の本拠地球場ブッシュ・メモリアル・スタジアムから車で20分ほどの場所に自宅があり、子供のころ憧れていた野球選手はオジー・スミスウィリー・マギーだったが[3]、ハワードは彼らと異なる長距離砲タイプとして頭角を現し始める。

その長打力はずば抜けており、母親から「お前は、どの子よりもずっと遠くにボールを飛ばせるね」と語りかけられるほどであった[4]。12歳のときには推定飛距離400フィート(約121.9メートル)の本塁打を放ったといい、その打球はフェンスをはるかに越えて、球場の向かいにあったレストラン "レッドロブスター" の店舗を直撃している[2]。同州ワイルドウッドラファイエット高等学校英語版では、アメリカンフットボールこそ怪我を恐れる母親に止められたものの、バスケットボールでは活躍した。しかしそのバスケットボールで徐々に落ちこぼれ、仕方なく野球を始める。1998年には、地元の書店でトニー・グウィンが新著発売記念イベントを行うと聞き、本人にサインを貰いに駆けつけた[5]

サウスウェスト・ミズーリ州立大学英語版(現:ミズーリ州立大学)へ進学後は、野球に専念する。

2000年にはアメリカ合衆国代表に選出されたが、木製バットに対応できずに評価を下げた[3]日米大学野球選手権大会では山村路直石川雅規と対戦するも、1試合4三振を含む3試合11打数2安打に抑えられ「日本投手フォークボールが多くて、あんまり好きじゃない」とコメントしている[4]

2001年にも、ドラフト会議開催直前にスランプに陥った[6]

1999年から2001年までの3年間の通算成績は、172試合で打率.335・50本塁打・183打点[7]

プロ入りとフィリーズ時代[編集]

2001年のMLBドラフトでは5巡目(全体140位)とやや低い順位でフィラデルフィア・フィリーズから指名された。およそ1か月後の7月2日にフィリーズと入団契約を交わし、傘下のマイナーリーグでプロとしてのスタートを切る。

2003年にはA+級クリアウォーター・フィリーズ英語版で所属するフロリダ・ステートリーグのMVPを受賞した[8]

2004年はAA級レディング・フィリーズでシーズン開幕を迎える。ここでハワードは102試合に出場し、打率.297・37本塁打・102打点・OPS 1.033という成績を残した。チームが本拠地を置くペンシルベニア州レディングは、フィリーズの本拠地である同州フィラデルフィアと60マイル(約96.5km)ほどしか離れておらず、そのためハワードの活躍は、球団広報が「記憶にない」と言うほどメディアの注目を集めた[9]。7月末にはAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レッドバロンズへ昇格し、ここでも29試合で9本塁打を放つ。両クラス合計での46本塁打・131打点という数字は1956年以降のマイナーリーグでは史上5人目という成績であり、シーズン終了後にはAA級イースタンリーグのMVPを受賞した[8]

イースタンリーグMVPが発表されるおよそ1か月前の9月1日にメジャー昇格し、同日のアトランタ・ブレーブス戦でデビュー。5回裏一死一塁の場面で代打として登場するも、ジャレット・ライトの前に見逃し三振に倒れた[10]。このときのフィリーズはジム・トーミを正一塁手としていたため、ハワードの起用法は10月3日の閉幕まで代打中心に。メジャー初本塁打は9月11日ニューヨーク・メッツ戦で、7回表無死二塁の場面でやはり代打として登場、バルトロメ・フォルトゥナートから放っている[11]。フィリーズはトーミとハワードの両立を図り、シーズン終了後のアリゾナ秋季リーグや翌2005年スプリングトレーニングでハワードに外野守備の練習をさせたが、結果はあまり良くなかった[12]

最終的にコンバートは立ち消えとなり、ハワードは開幕メジャー入りはならず。2005年もシーズン開幕をAAA級スクラントン・ウィルクスバリで迎えることになる。5月3日にトーミが背中を痛めて故障者リスト入りしたため、一度はメジャーへ昇格するも[13]、12試合で打率.214・OPS.660と結果を残すことができず、21日のトーミ復帰とともにAAA級スクラントン・ウィルクスバリへと戻された。しかし7月1日になって、トーミが今度は右肘を痛めて再び故障者リスト入りとなり、ハワードは再昇格を果たす[14]。このときハワードは、5月の不振の反省から「自分で余計なプレッシャーをかけないようにした」という[12]。その結果、翌2日から前半戦終了までの9試合で打率.278・2本塁打・10打点・OPS.825を記録。後半戦に入っても、7月19日ロサンゼルス・ドジャース戦では延長10回に逆転サヨナラ本塁打[15]8月10日の同じカードでは9回に勝ち越し満塁本塁打[16]、と印象的な活躍を続けた。9月には月間10本塁打。最終的なシーズン成績は、88試合で打率.288・22本塁打・63打点・OPS.923となった。シーズン終了後、ハワードはナ・リーグ新人王を受賞した[17]

ハワードの台頭を受け、フィリーズはハワードを正一塁手として起用することを決断する。これにより、まだ契約が3年残っているトーミはホワイトソックストレードで放出された。2006年、開幕戦に6番・一塁として先発出場したハワードは[18]、前半戦だけで28本塁打・71打点を挙げ、7月にはオールスター初選出。前日に行われた本塁打競争で優勝した[19]。後半戦は打順が4番になってさらに成績を上げ、75試合で打率.355・30本塁打・78打点・OPS 1.259を記録。8月と9月の2か月連続でナ・リーグ月間MVPを受賞した。特に8月の41打点は、フランク・ハワード1962年7月に記録して以来の多さであった[20]。シーズン通算成績は打率.313・58本塁打・149打点・OPS 1.084となり、本塁打王打点王の二冠を獲得。58本塁打は、1980年マイク・シュミットが記録した球団記録を10本上回っていた。また敬遠37はメジャーで2番目に多い。この活躍が評価され、シーズン終了後にハワードはナ・リーグMVPに選ばれた[21]

シーズン終了後に日米野球で訪日すると、6試合で5本塁打を記録した。

2007年は左膝を痛めたこともあり開幕から不調で、5月10日から5月25日にかけて故障者リスト入りを余儀なくされた。しかし復帰後は本塁打・打点を量産。6月27日レッズ戦で本塁打を放ち、通算325試合目で100本塁打を達成した。これはラルフ・カイナーの385試合を上回るメジャー最速記録である[22]。シーズン通算では47本塁打・136打点(共にリーグ2位[23])を記録している。しかしその一方で、左投手の変化球攻めにてこずるなどしたため三振も多く[24]、9月27日のブレーブス戦では2三振を喫し、シーズン197三振を記録。アダム・ダンが2004年に記録した195三振を超えシーズン三振記録を更新し、その後199三振まで記録を伸ばした。

3シーズンを過ごしたことで年俸調停権を得たハワードは、2008年の年俸として1,000万ドルを要求。これに対して球団側は700万ドルを提示し、交渉は平行線を辿った。調停の結果ハワード側の主張が認められ、年俸1,000万ドルの契約を勝ち取った。これは調停権取得初年度の選手としてはMLB歴代最高額の契約であり[25]、また前年の年俸90万ドルから10倍以上の大幅昇給となった。

2008年序盤は前年同様不調で、50試合に出場した5月23日終了時点で打率.202・出塁率.302と低迷。それでも監督のチャーリー・マニエルは、ハワードがかつてのアルバート・ベルのように味方打線全体にいい影響を及ぼす打者であるとの評価から、4番打者として起用し続けた[26]。結局、オールスターゲームまでに28本塁打・84打点(共にリーグトップ)を挙げたが、低打率や他チームの一塁手との兼ね合いのためオールスター選出を逃す。本塁打・打点の2部門でリーグ1位にいながらオールスターに選ばれなかったのは1948年ハンク・サウアー以来60年ぶりだった[27]。それでもオールスター終了後の後半戦になると調子を上げ、9月には打率.352・11本塁打・32打点・OPS 1.274という成績を残して月間MVPを受賞。この時期にはチームも17勝8敗・勝率.680と勝ちを重ね、同月終了=レギュラーシーズン終了時にはチームは2年連続の地区優勝、そしてハワードは本塁打王と打点王のタイトルを2年ぶりに獲得した。

ポストシーズンでは、地区シリーズ及びリーグ優勝決定戦の9試合で本塁打なしに終わったが、レイズとの対戦となったワールドシリーズでは3本塁打・6打点を記録。特に第4戦では、1点差に迫られた直後の4回裏に3点本塁打を打って相手を突き放すと、8回裏にも2点本塁打を放った。チームは4勝1敗でシリーズを制し、28年ぶり2度目の世界一となった。

シリーズ終了後、ハワードは2009年の年俸として1,800万ドルを要求。これに対して球団側は1,400万ドルを提示した。2009年2月8日、両者は年俸調停突入を回避し、3年総額5,400万ドルで契約を延長することで合意に達した[28]。年平均では1,800万ドルとなり、事実上ハワードの要求が受け入れられた格好となった。同年のシーズンでは、7月17日のマーリンズ戦で本塁打を放ち、通算200本塁打を達成。この試合はデビューから658試合目であり、ラルフ・カイナーの706試合を抜く史上最速での200号到達となった[29]。また、3年ぶりにオールスター選出も果たした。生まれ故郷セントルイスでのオールスターゲームであったため、ブッシュ・スタジアムの観客からは地元カージナルスの選手にも劣らないほどの大声援で迎えられた[30]。また、このシーズンは自己最多の8盗塁を記録している。

2010年4月26日に2012年からの5年総額1億2500万ドルの契約を結んだ。既に契約が成立している2010年、2011年のものと合わせると7年総額1億6100万ドルとなる。この契約時点での年俸総額としては、CC・サバシアと並び、史上6番目である。 この年は打率.276・31本塁打・108打点という打撃成績を記録したが、規定打席に初めて到達(2006年)して以降、毎年45本塁打と135打点以上の数字を記録していた時と比べると、それらの数字に14本塁打・27打点も及ばない数字にとどまった。この原因として友成那智は、8月1日に足首を痛めて3週間DL入りした影響が大きいとしている[31]

2011年はフィリーズの地区5連覇に貢献し、打率.253・33本塁打・116打点を記録するも前年からの故障の影響もあり物足りない成績に終わる。さらにポストシーズン、セントルイス・カージナルスとのナ・リーグ地区シリーズ第5戦、9回に最後の打者でゴロを放って一塁に向かった直後、顔をしかめて倒れ込む。精密検査でアキレス腱断裂が確認され、腫れが引いてから手術を行うことになり、球団は「復帰時期は分からないが、来春のキャンプに間に合う保証はない」とコメント。復帰まで一般的には6カ月程度を要すため、来季開幕も絶望となった。[32]

2012年は前年にしたアキレス腱断裂の影響で復帰が遅れ、71試合で打率.219・14本塁打・56打点と大幅に成績を落とした。

2013年は2年連続で故障に苦しめられたシーズンとなる。7月の試合前の練習で膝を痛め、半月板断裂により手術を受ける事になった[33]。手術の影響で長期欠場を余儀なくされ、シーズン約半分に当たる80試合の出場に終わる。打率こそ大きく上昇させ.266とするものの、11本塁打・43打点はいずれも前年以下の数字に終わった。

2014年は3年ぶりとなるシーズンフル出場 (153試合) を果たし、規定打席に到達した。しかし打率.223・23本塁打・95打点 (リーグ4位) という成績に終わり、シーズン通じて低打率に終始した。リーグワーストの190三振を喫し、自身5度目となるシーズン180三振以上を喫した。

2015年は129試合に出場し、2年連続でぎりぎり規定打席に達した。打撃面では通算350本塁打を達成した事がハイライトで、打率.229・23本塁打・77打点・OPS0.720と2年連続で低調な成績に終わった。出場試合数を超える138三振を喫した。

2016年も開幕から調子が上がらず、5月終了時で8本塁打を放ったものの、5月の月間打率が.101に落ち込むなど打率は1割台半ばを推移した。11月3日にはフィリーズと契約しないことが発表される[34]

ブレーブス傘下時代[編集]

2017年4月6日にブレーブスとマイナー契約を結んだ[35]4月22日より傘下のAAA級グウィネット・ブレーブスに合流も、11試合で打率.184・1本塁打・5打点と振るわず、5月8日に自由契約となった[36]

ロッキーズ傘下時代[編集]

2017年8月12日コロラド・ロッキーズとマイナー契約を結び、傘下のAAA級アルバカーキ・アイソトープスに配属された[37]

選手としての特徴[編集]

ナショナルリーグMVPを1回、本塁打王を2回、打点王を3回獲得した強打者。かつてフィリーズで活躍した強打者であるマイク・シュミットは「私どころか、絶好調時のハワードは全盛期のバリー・ボンズよりさらに危険な打者かもしれない」と語っている[6]

ハワードのスウィング

長距離打者で、規定打席に到達した2006年から2010年までの5シーズンで平均45.8本塁打・136打点を挙げている。しかし打率は2006年から下降傾向にあり、それに伴い長打率も下落している。そのため、コラムニストのジョー・ポスナンスキーはハワードを「『最強打者』ではなく『最高のホームランバッター』である」と評価している[38]。打率の低さに対してハワード自身は「自分の役割は打点を稼ぐことだ。もちろん打率は高い方がいいけど、打率を上げるための打撃をするつもりはない。そのためにフォームを崩したり、自分の特長である長打力が消えてしまったりする危険性があるからね」と語っている[26]

打撃フォームは、最初の構えからスウィングが始まるまでグリップ位置をほとんど動かさず、その代わりに左肘を高く上げることによって腕にパワーを蓄え、右足で壁を作ってスウィングすることで溜め込んだパワーをボールに伝えている[39]。元々の体が大きいので[2]、このスイングによって生み出されるパワーはMLBでも屈指のものとなる。また、打撃の特徴として、左翼方向へ流し打っての本塁打が多い。デビューした2004年から2010年までの計253本塁打のうち、左翼・左中間方向へのものが全体の40.3%にあたる102本あり、右翼・右中間方向へのもの(89本 / 35.2%)より多い[40]。本人は「(打席で)リラックスすればするほどスウィングは鋭さを増し、集中すればするほどバットの出だしは遅くなる(=左翼方向への打球が増える)」と語っている[41]

シーズン終盤に大きく成績を伸ばすことでも知られている。2010年までの7年間におけるハワードのレギュラーシーズン9月・10月の成績は、打率.307・OPS 1.084と他の月よりも向上している[42]。これについて本人は「9月に好調な理由? いろいろ言われているけど、はっきりした答えはないよ」としつつも、チームのポストシーズン進出争いを挙げ「やはりビッグゲームになるほど燃えるタイプなんだと思う」と話している[26]。その一方で、左腕投手には打率.234・OPS.767と抑え込まれ[42]三振数では2006年から2009年まで4年連続で180以上を喫してリーグ2位以内に入るなど、短所もある。

走塁や守備は平均以下である。盗塁はほとんど試みず、メジャー初盗塁は2007年8月21日のドジャース戦で、通算1572打席目に中前打を放った後で達成した。初盗塁までに費やした打席数としては史上5位(投手は除く)であり、この試合の翌日にはチームメイトから記念の二塁ベースを贈られたという[43]。一塁守備では、2010年に守備防御点-14という数値が算出されている[44]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 PHI 19 42 39 5 11 5 0 2 22 5 0 0 0 0 2 0 1 13 2 .282 .333 .564 .897
2005 88 348 312 52 90 17 2 22 177 63 0 1 0 2 33 8 1 100 6 .288 .356 .567 .924
2006 159 704 581 104 182 25 1 58 383 149 0 0 0 6 108 37 9 181 7 .313 .425 .659 1.084
2007 144 648 529 94 142 26 0 47 309 136 1 0 0 7 107 35 5 199 13 .268 .392 .584 .976
2008 162 700 610 105 153 26 4 48 331 146 1 1 0 6 81 17 3 199 11 .251 .339 .543 .881
2009 160 703 616 105 172 37 4 45 352 141 8 1 0 6 75 8 6 186 11 .279 .360 .571 .931
2010 143 620 550 87 152 23 5 31 278 108 1 1 0 3 59 11 8 157 14 .276 .353 .505 .859
2011 152 644 557 81 141 30 1 33 272 116 1 0 0 5 75 16 7 172 10 .253 .346 .488 .835
2012 71 292 260 28 57 11 0 14 110 56 0 0 0 3 25 7 4 99 8 .219 .295 .423 .718
2013 80 317 286 34 76 20 2 11 133 43 0 0 0 6 23 4 2 95 6 .266 .319 .465 .784
2014 153 648 569 65 127 18 1 23 216 95 0 0 0 5 67 7 7 190 10 .223 .310 .380 .690
2015 129 503 467 53 107 29 1 23 207 77 0 0 0 3 27 2 5 138 11 .229 .277 .443 .720
2016 112 362 331 35 65 10 0 25 150 59 0 1 0 3 27 2 1 114 7 .196 .257 .453 .710
通算:13年 1572 6531 5707 848 1475 277 21 382 2940 1194 12 5 0 55 709 154 59 1843 116 .258 .343 .515 .859
  • 2017年度シーズン終了時
  • 太字はリーグ1位

年度別守備成績[編集]



一塁(1B)












2004 PHI 8 59 6 0 9 1.000
2005 84 707 40 5 53 .993
2006 159 1373 91 14 139 .991
2007 140 1191 103 12 124 .991
2008 159 1408 101 19 128 .988
2009 156 1300 95 14 109 .990
2010 139 1266 59 14 117 .990
2011 149 1282 70 9 110 .993
2012 67 495 30 5 37 .991
2013 76 618 42 1 55 .998
2014 141 1224 80 9 103 .993
2015 116 871 66 6 75 .994
2016 83 557 45 11 47 .982
通算 1477 12351 828 119 1106 .991
  • 2017年度シーズン終了時


獲得タイトル[編集]

  • ナショナルリーグ本塁打王:2回(2006年、2008年)
  • ナショナルリーグ打点王:3回(2006年、2008年、2009年)

受賞[編集]

MiLB
MLB

記録[編集]

MiLB
MLB
  • 100本塁打最速記録「325試合」
  • 150本塁打最速記録「495試合」
  • 200本塁打最速記録「658試合」
  • 250本塁打最速記録「855試合」
  • 通算1000打数での本塁打数「85」
  • 通算満塁本塁打数「9」(フィリーズ球団記録)
  • 9イニング試合での故意四球数「5」(ナ・リーグタイ記録 2006)
  • 1シーズンでの本塁打数「58」(フィリーズ球団記録 2006)
  • 故意四球数「37」(フィリーズ球団記録 2006)
  • シーズン三振数「199」(フィリーズ球団記録 2007 2008)
  • オールスターゲーム選出:3回(2006年2009年2010年

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ryan Howard Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年5月20日閲覧。
  2. ^ a b c d Michael Sokolove. “Ryan Howard, No Asterisk”. New York Times. 2007年3月4日閲覧。
  3. ^ a b 福島良一 「FACE IN THE CROWD」 『週刊ベースボール』2005年12月5日号、ベースボール・マガジン社、2005年、雑誌20441-12/5、85頁。
  4. ^ a b 臼田雄一イオン日米野球2006 11月2日開幕(1) R・ハワード(フィリーズ)自然体の長距離砲」 『読売新聞』2006年10月24日付朝刊、24面。
  5. ^ Ken Mandel / MLB.com, "Notes: Phils' pair admires Gwynn / Rollins, Howard glad to witness Saturday's ceremony," MLB.com, July 22, 2007. 201年5月3日閲覧。
  6. ^ a b 杉浦大介 「パワー全開/ナ・リーグ二冠王 ライアン・ハワード[フィリーズ]」 『月刊スラッガー』2006年12月号、日本スポーツ企画出版社、2006年、雑誌15509-12、14-17頁。
  7. ^ Courtesy: MSU Athletics Communications. “Ryan Howard Returns to Campus Saturday for Jersey Retirement Ceremony”. MissouriStateBears.com. 2011年7月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年12月15日閲覧。
  8. ^ a b "Howard named Eastern League MVP," phillies.com, September 30, 2004. 2011年5月1日閲覧。
  9. ^ Benjamin Hill / MLB.com. “Path of the Pros: Ryan Howard / Future MVP's career really took flight in Double-A Reading in '04”. The Official Site of Minor League Baseball. 2009年9月21日閲覧。
  10. ^ "Sep 1, 2004, Braves at Phillies Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2011年5月1日閲覧。
  11. ^ "Sep 11, 2004, Phillies at Mets Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2011年5月1日閲覧。
  12. ^ a b 大冨真一郎 「新人王★ライアン・ハワード[フィリーズ] RYAN HOWARD/恐るべき爆発力」 『月刊メジャー・リーグ』2006年1月号、ベースボール・マガジン社、2005年、雑誌08625-1、30-31頁。
  13. ^ Ken Mandel / MLB.com. “Phils put Thome, Lofton on 15-day DL / Recall Howard, Byrd from Triple-A Scranton/Wilkes-Barre”. phillies.com. 2005年5月3日閲覧。
  14. ^ Ken Mandel / MLB.com. “Thome lands on 15-day disabled list / Pain in right elbow sidelines slugger; Howard called up”. phillies.com. 2005年7月1日閲覧。
  15. ^ "Jul 19, 2005, Dodgers at Phillies Play by Play and Box Score," Baseball-Reference.com. 2011年5月1日閲覧。
  16. ^ "Aug 10, 2005, Phillies at Dodgers Play by Play and Box Score," Baseball-Reference.com. 2011年5月1日閲覧。
  17. ^ Associated Press. “Street wins AL Rookie of Year; Howard wins NL”. ESPN.com. 2005年11月7日閲覧。
  18. ^ "Apr 3, 2006, Cardinals at Phillies Box Score and Play by Play," Baseball-Reference.com. 2011年5月1日閲覧。
  19. ^ Associated Press. “Howard's end: Phillies 1B wins Home Run Derby”. ESPN.com. 2006年7月11日閲覧。
  20. ^ Conor Nicholl / MLB.com. “Howard NL's best player in August / Slugger belted 14 homers, kept Phils in Wild Card race”. phillies.com. 2006年9月5日閲覧。
  21. ^ Associated Press. “Howard beats out Pujols to win NL MVP award”. ESPN.com. 2006年11月22日閲覧。
  22. ^ Ken Mandel / MLB.com. “Howard fastest in history to 100 homers / Phillies first baseman tops Kiner's record in 325th career game”. phillies.com. 2007年6月28日閲覧。
  23. ^ ただし、レギュラーシーズンが終了した時点ではハワードの136打点はリーグ1位だった。この年はワイルドカード争いでコロラド・ロッキーズサンディエゴ・パドレスが90勝72敗で並んだため、ワンゲーム・プレイオフが行われることに。このプレイオフの成績はレギュラーシーズンの成績に含まれ、そこでマット・ホリデイ(ロッキーズ)が2打点を挙げてシーズン137打点でハワードを逆転したため、ハワードは2年連続の打点タイトルを逃すこととなった。
  24. ^ 友成那智村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑 2008』 廣済堂出版、2008年、259頁。ISBN 978-4-331-51300-2
  25. ^ Associated Press. “Howard's $10M win in arbitration sets new high-water mark”. ESPN.com. 2008年2月22日閲覧。
  26. ^ a b c 中井凛 「人物クローズアップ ライアン・ハワード[フィリーズ]打率.251の脅威」 『週刊ベースボール別冊初冬号 メジャー・リーグ記録集計号 ザ・スタッツブック2008』、ベースボール・マガジン社、2008年、雑誌20449-11/20、68-69頁。
  27. ^ Associated Press. “Pujols powers way to 2nd NL MVP award”. ESPN.com. 2008年11月17日閲覧。
  28. ^ Todd Zolecki / MLB.com. “Howard agrees to $54 million contract / Phillies come to terms on three-year deal with 2006 NL MVP”. phillies.com. 2009年2月8日閲覧。
  29. ^ Alden Gonzalez / MLB.com. “Howard fastest in history to 200 homers / Phillies slugger eclipses Kiner's record by 48 games”. phillies.com. 2009年7月16日閲覧。
  30. ^ Bryan Burwell,Ryan Howard is having happy homecoming in St. Louis,STLtoday.com(2009/07/14)
  31. ^ 友成那智村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』 廣済堂出版、2011年、257頁。ISBN 978-4-331-51518-1
  32. ^ [1]フ軍ハワードがアキレス腱断裂していた
  33. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』 廣済堂出版、2014年、316頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  34. ^ フィリーズ、ハワードと契約更新せず 10億違約金日刊スポーツ 2016年11月4日掲載
  35. ^ Ryan Howard reaches minor league deal with Braves” (2017年4月6日). 2017年4月17日閲覧。
  36. ^ Mark Bowman (2017年5月8日). “Braves release former MVP Howard”. MLB.com. http://m.braves.mlb.com/news/article/229077202/former-mvp-ryan-howard-released-by-braves/ 2017年5月11日閲覧。 
  37. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年8月14日閲覧。
  38. ^ Joe Posnanski. “There's a lot more to baseball statistics than the Big Three”. SI.com. 2008年11月21日閲覧。
  39. ^ 掛布雅之 「連続写真に見る大リーガーのテクニック/R・ハワード[フィリーズ]」 『月刊メジャー・リーグ』2007年1月号、ベースボール・マガジン社、2006年、雑誌08625-1、58-59頁。
  40. ^ "Ryan Howard Career Home Runs," Baseball-Reference.com. 2011年5月1日閲覧。
  41. ^ Alan Schwarz. “In the Right Direction, the Opposite Field”. New York Times. 2006年6月25日閲覧。
  42. ^ a b "Ryan Howard Career Batting Splits," Baseball-Reference.com. 2011年5月1日閲覧。
  43. ^ Ken Mandel / MLB.com. “Howard fondly recalls first stolen base / Phils slugger, reliever Seanez look back one year after theft”. MLB.com. 2008年8月21日閲覧。
  44. ^ "Ryan Howard Fielding Statistics and History," Baseball-Reference.com. 2011年5月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]