オースティン・バーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オースティン・バーンズ
Austin Barnes
ロサンゼルス・ドジャース #15
20170718 Dodgers-WhiteSox Austin Barnes leaves the plate for Yasmani Grandal between innings.jpg
2017年7月18日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州リバーサイド郡リバーサイド
生年月日 (1989-12-28) 1989年12月28日(28歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手二塁手三塁手
プロ入り 2011年 ドラフト9巡目(全体283位)でフロリダ・マーリンズから指名
初出場 2015年5月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

オースティン・スコット・バーンズAustin Scott Barnes, 1989年12月28日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州リバーサイド郡リバーサイド出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBロサンゼルス・ドジャース所属。

愛称はサム[1]

オークランド・アスレチックスなどでプレーしたマイク・ガイエゴ叔父にあたる[2]

経歴[編集]

プロ入りとマーリンズ傘下時代[編集]

2011年MLBドラフトフロリダ・マーリンズから9巡目(全体283位)指名され、6月22日に契約。この年は傘下のA-級ジェームズタウン・ジャマーズ英語版で57試合に出場し、打率.288・1本塁打・19打点・6盗塁だった。

2012年はA級グリーンズボロ・グラスホッパーズ英語版で123試合に出場し、打率.318・12本塁打・65打点・9盗塁だった。

2013年はA+級ジュピター・ハンマーヘッズ英語版で98試合に出場し、打率.260・4本塁打・38打点・5盗塁だった。8月6日にAA級ジャクソンビル・サンズへ昇格。AA級ジャクソンビルでは19試合に出場し、打率.339・1本塁打・7打点だった。

2014年はA+級ジュピターで44試合に出場し、打率.317・1本塁打・14打点・3盗塁だった。6月1日にAA級ジャクソンビルへ昇格。AA級ジャクソンビルでは78試合に出場し、打率.296・12本塁打・43打点・8盗塁だった。オフの11月20日にマーリンズとメジャー契約を結び[3]40人枠入りした。

ドジャース時代[編集]

2014年12月10日ディー・ゴードンダン・ヘイレンミゲル・ロハスとのトレードで、アンドリュー・ヒーニークリス・ハッチャーエンリケ・ヘルナンデスと共にロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[4]

2015年は開幕を傘下のAAA級オクラホマシティ・ドジャースで迎えたが、5月23日に正捕手のヤズマニ・グランダルが7日間の故障者リスト入りしたことに伴い、メジャー初昇格を果たす[5]。翌24日のサンディエゴ・パドレス戦で8番・捕手で先発起用されてメジャーデビューし[6]デイル・セイヤーから初安打を放った[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 LAD 20 37 29 4 6 2 0 0 8 1 1 0 1 0 6 0 1 6 2 .207 .361 .276 .637
2016 21 37 32 3 5 1 0 0 6 2 0 0 0 0 5 0 0 9 0 .156 .270 .188 .458
2017 102 262 218 35 63 15 2 8 106 38 4 1 0 0 39 1 5 43 6 .289 .408 .486 .895
2018 100 238 200 32 41 5 0 4 58 14 4 3 1 0 31 4 6 67 7 .205 .329 .290 .619
MLB:4年 243 574 479 74 115 23 2 12 178 55 9 4 2 0 81 5 12 125 15 .240 .364 .372 .735
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 65 (2015年)
  • 28 (2016年 - 同年途中)
  • 15 (2016年途中 - )

脚注[編集]

  1. ^ Dodgers Players Weekend nicknames explained MLB.com (英語) (2017年8月25日) 2017年9月17日閲覧
  2. ^ 「2015年メジャーデビュー全254選手リスト」『月刊スラッガー』2016年3・4月合併号 日本スポーツ企画出版社 55頁
  3. ^ Joe Frisaro (2014年11月21日). “Nicolino among five to join Marlins' 40-man roster”. MLB.com. 2014年12月29日閲覧。
  4. ^ Dodgers acquire Howie Kendrick from Angels and three prospects from Marlins”. MLB.com Dodgers Press Release (2014年12月11日). 2014年12月29日閲覧。
  5. ^ Gurnick, Ken (2015年5月23日). “Grandal placed on 7-day concussion list”. mlb.com. 2015年7月26日閲覧。
  6. ^ Stephen, Eric (2015年5月24日). “Dodgers notes: Austin Barnes debuts, Juan Uribe's diminished role, Yasmani Grandal on the mend”. SB Nation. 2015年7月26日閲覧。
  7. ^ Padres 11, Dodgers 3 play-by-play”. mlb.com (2015年5月24日). 2015年7月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]