ブライス・ハーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブライス・ハーパー
Bryce Harper
フィラデルフィア・フィリーズ #3
Bryce Harper (33639746228) (cropped).jpg
2019年3月31日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ネバダ州ラスベガス
生年月日 (1992-10-16) 1992年10月16日(26歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2010年 MLBドラフト1巡目
初出場 2012年4月28日
年俸 $11,538,462(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブライス・エイロン・マックス・ハーパーBryce Aron Max Harper,1992年10月16日 - )は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガス出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。MLBフィラデルフィア・フィリーズ所属。

3歳年上の実兄ブライアン・ハーパー[2]もプロ野球選手である[注 1]

スポーツ・イラストレイテッド』から、「野球界のレブロン・ジェームズ」と称される逸材である[6]

生い立ち[編集]

3歳からティーボールを始める。7歳になると、10歳の子供たちに混じって野球の試合に参加するようになり、200フィート(約61m)の打球を飛ばす並外れたパワーを発揮し、相手チームから年齢詐称を疑われたため、出生証明書を常に携帯していた[7]。9歳からはアリゾナ州コロラド州などに遠征する選抜チームに参加するようになる。毎週のように週末に遠征に出かけていたため、移動の車の中で学校の宿題をしていた時期もあったという。12歳の時には既に5フィート10インチ(約177.8cm)の長身であった[8]

地元のラスベガス高等学校英語版に進学。2008年にはメキシコで行われたU-16パン・アメリカ大会のメンバーに選出されている[9]。同大会では打率.571の成績でMVPに選出される。キューバ戦では終盤に登板してセーブも記録した。ラスベガス高等学校での2008年シーズンは、38試合に出場して打率.590、11本塁打67打点を記録した。

2009年シーズンは39試合に出場。115打数で打率.626、14本塁打、22二塁打、9三塁打、36盗塁、 55打点、三振はわずかに5つという驚異的な成績を残している[10]。U-18アメリカ合衆国代表にも選出されている[9]

スポーツ・イラストレイテッドの表紙を飾る[編集]

アメリカ合衆国最大手スポーツ雑誌スポーツ・イラストレイテッド』は、2009年6月8日号において、表紙にハーパーを掲載した[11]NBAファイナルNHLスタンレーカップといった主要スポーツイベントの期間中に、アマチュア野球選手が同誌の表紙を飾るのは異例のことだった。同誌は、「570FOOT HOME RUNS(570フィート=約173.7mのホームラン)」「96MPH FASTBALL(96mph=約154km/hの速球)」「16 YEARS OLD(16歳)」という謳い文句でハーパーを紹介し、「BASEBALL'S CHOSEN ONE(野球界の選ばれし者)」と称した。また、同じく高校時代から抜きん出た存在であり、高校時代に同誌の表紙を飾ったこともあるNBAクリーブランド・キャバリアーズレブロン・ジェームズを引き合いに出し、ハーパーを「野球界のレブロン・ジェームズ」と称した。

自身が表紙を飾ったことを受けて、ハーパーは「信じられない」と語っているが、一方では「18歳か19歳になる頃には、メジャーリーグでプレーしたい」、「いつかニューヨーク・ヤンキースでプレーして殿堂入りしたい」と語り、自信を漲らせていた[10]

2011年MLBドラフトで全体1位指名が有力視[12][13]されていたが、代理人スコット・ボラスのアドバイスを受けたハーパーの家族は、当初の予定より1年早い2010年のMLBドラフトでの指名を模索[10]。その結果、2009年夏に一般教育修得程度試験(G.E.D)を受験し、秋からは2年制のサザン・ネバダ大学英語版に進学(飛び級)することになった[14]。2010年のシーズンは66試合で打率.443、31本塁打、98打点、OPS1.513を記録[15]。その活躍が評価され、最優秀アマチュア選手に贈られるゴールデンスパイク賞を受賞した[16]

経歴[編集]

ナショナルズ時代[編集]

2010年のMLBドラフト1巡目(全体1位)でワシントン・ナショナルズから指名された[17]。交渉期限直前の8月17日に総額990万ドル+出来高払い[注 2]の5年契約[注 3]を結んだ[19]

2011年はA級ヘイガーズタウン・サンズ英語版で72試合に出場し、打率.318、14本塁打、17二塁打、46打点を記録。オールスター・フューチャーズゲームにも出場し、7月からはAA級ハリスバーグ・セネターズに昇格。しかし8月にハムストリングを痛めて故障者リスト入りし、そのままシーズンを終えた。

新人時代のハーパー(2012年)

2012年はAAA級シラキュース・チーフスで開幕を迎えたが、マイケル・モースライアン・ジマーマンの故障者リスト入りに伴い4月28日にメジャー初昇格を果たした[20]。その日のロサンゼルス・ドジャース戦で7番・左翼手で先発出場してデビューした。第3打席にチャド・ビリングズリーから初安打(二塁打)を打ち、第4打席では犠牲フライによる初打点を記録[21]。5月6日のフィラデルフィア・フィリーズ戦でコール・ハメルズから背中へ死球を受ける。安打で三塁に進むと、一塁への牽制球の隙を突いてホームスチールを決めた。10代の選手によるホームスチールは48年ぶりだった[22]。その後もレギュラーに定着し、5月15日のサンディエゴ・パドレス戦ではティム・ストーファーから初本塁打を記録した[23]。5月下旬以降は2番打者に定着し、シーズンのほとんどを2番・中堅手として起用された。7月10日に行われたオールスターゲームには、膝の手術のため出場を辞退したマイアミ・マーリンズジャンカルロ・スタントンの代替選手として選出された。19歳での選出は野手としては史上最年少で、5回から出場し2打席に立ったが、結果は四球と見逃し三振で、安打は記録できなかった。8月26日には20号本塁打を放ち、トニー・コニグリアロ以来史上2人目の10代20本塁打を達成した[24]。98得点(リーグ5位)、9三塁打(同8位)も記録した。また、中堅の守備でも守備防御点(DRS)+13と優れた数値を示した。ポストシーズンではセントルイス・カージナルスとのディビジョンシリーズに出場したが、1本塁打を記録したものの打率.130、8三振と結果を残せず、チームも敗退した。レギュラーシーズンでの活躍が評価され、野手として史上最年少でナショナルリーグ新人王に選出された[25]。翌年に行われる第3回WBCのアメリカ代表入りも期待されたが、12月5日に代理人のスコット・ボラスが不参加を明言した[26]

2013年5月17日に左膝を負傷したため2試合欠場し、5月20日に復帰したが、5月27日に再び左膝を故障し、6月1日に15日間の故障者リスト入りした。7月1日に復帰した。オールスターゲームではファン投票の外野手部門の3位で選出され、9番・中堅手で先発出場し、2打席に立ったが結果はともに凡打で安打は記録できなかった。この年は118試合に出場し、打率.274、20本塁打、58打点、11盗塁だった。

2014年は、故障の影響で規定打席には届かなかったが、デビューから3年連続2桁本塁打となる13本塁打を放ち、打率も3年連続.270台を維持した。ポストシーズンのサンフランシスコ・ジャイアンツとのディビジョンシリーズでは打率.294、3本塁打、4打点と活躍したが、チームは敗退した。10月1日にはホセ・アルトゥーベジャスティン・モルノーと共に日米野球2014の追加メンバーとして発表された[27]が、怪我で辞退した[28]。12月15日にナショナルズと総額750万ドルの2年契約[29]に合意した[30]

2015年5月6日の対マイアミ・マーリンズ戦にて、自身初めて1試合3本塁打を記録した。1試合3本塁打は球団史上4人目[注 4]の快挙だった。また、22歳202日での1試合3本塁打は、1969年6月11日にジョー・ラホード英語版が22歳53日で記録達成して以来の若さだった[31]。また翌日の試合でも2本塁打を記録し、2試合で5本塁打を記録した[32]。5月8日のアトランタ・ブレーブス戦で、サヨナラ本塁打を記録し3試合で6本塁打を記録した[33]。5月11日に、週間最優秀選手賞を受賞した[34]。5月18日に、週間最優秀選手賞を2週連続で受賞した[35]オールスターゲームではファン投票の外野手部門の1位で選出され、3番・右翼手で先発出場し、3打席に立ったがまた安打を記録できなかった。9月16日の対フィラデルフィア・フィリーズ戦では、7回に右中間深くに本塁打を放り込み、自身初のシーズン40本塁打に到達した[36]。最終的には42本塁打で本塁打王を獲得。打率.330(3差のリーグ2位)、99打点(リーグ5位)、38二塁打(同5位タイ)、124四球(同2位)、15故意四球(同2位タイ)、118得点(同1位)、出塁率.460、長打率.649、(いずれも両リーグ1位)だった。この活躍が評価され、満票でナ・リーグのMVPに選出された。22歳と353日でのMVP受賞は史上3番目の若さ[注 5][37]、満票の受賞者としては史上最年少という快挙だった[38]ハンク・アーロン賞シルバースラッガー賞も受賞した。

2016年4月14日のアトランタ・ブレーブス戦、3回裏の満塁の場面でフリオ・テヘランから通算100号となる本塁打を放った。23歳181日での達成は史上8番目の若さであった[注 6][39]。この週は週間MVPも獲得した。5月8日、0打数7出塁(0打数6四球1死球で)のメジャー記録を残した[40]。1試合6四球はジェフ・バグウェルと並んでタイ記録。5月は33四死球と勝負を避けられ、月間打率は.200と低迷した。前半戦は打率.256、19本塁打に留まったが、ファン投票で4回目のオールスター出場となった。後半戦はさらに調子を落とし、打率はキャリアワーストの.243だった。一方で盗塁はキャリアハイの21盗塁を記録した。

ナショナルズ時代(2017年)

2017年は開幕から好調で、4月は.391・9本塁打という数字を残し、週間MVPも獲得した[41]。5月29日の対サンフランシスコ・ジャイアンツ戦で、ジャイアンツのハンター・ストリックランドより死球を受けたことに激高しヘルメットを投げつけて殴り合いの乱闘となり退場処分を受け[42]、翌30日にMLBより4試合の出場停止と罰金の処分を受けた[注 7]が、この処分について異議申し立てをした[44]結果、31日に3試合の出場停止に軽減された[45]。5月以降成績はやや落ち着いたが、それでも前半戦をリーグ3位となる打率.325、本塁打、打点でもリーグトップ10という成績を収め、リーグ最多得票で3年連続となるオールスターゲームに選出された。8月7日のマーリンズ戦で通算150本塁打を達成し、24歳295日での達成はマイク・トラウトと同じだった[46]。8月12日の試合で左膝の骨挫傷を負い[47]、故障者リスト入りした(9月27日に復帰[48])。その影響もあり出場試合こそ多くなかったものの、OPSが1.を超えるなど良い成績を収めた。ポストシーズンではNLDSでシカゴ・カブスと対戦し、自身はサヨナラ勝ちに繋がる同点本塁打を放つなどしたが全体としては打率.211と打てず、チームも敗退した。なお、5月13日にナショナルズと1年の契約延長の合意をしており、2018年の年俸は2165万ドル(約24億円)で、これは年俸調停の権利を持つ選手で史上最高額である[49]

2018年は開幕から不調で、前半戦終了時点での打撃成績は.214・23本塁打と本塁打こそ多かったものの、打率は低迷し三振も102と多く粗さが目立った。それでもオールスターゲームおよび本塁打競争に選出された[50]。ナショナルズの本拠地であるナショナルズパークで開催されたオールスターゲームの本塁打競争では父親のロンが投手を務め、決勝でカイル・シュワーバーと対戦すると残り47秒で14本塁打を放ち勝利するなど大会計45本塁打で優勝を飾った[51]。オールスターゲームでは2打数無安打に終わった。後半戦は復調し(打率.300)、9月には週間MVPを獲得した[52]。8月17日にはキャリア通算500打点に到達した。最終成績は打率.249・34本塁打・100打点で、自身初のシーズン100打点を記録した。また、130四球はリーグトップだった。しかし守備面では外野守備合わせてDRS - 26・UZR - 14.4で、ともにリーグ最下位だった。10月29日にFAとなった。

フィリーズ時代[編集]

2019年2月28日、フィリーズとFAでの史上最高額となる13年3億3000万ドルで契約合意した[53]。ナショナルズ時代の背番号『34』は殿堂入り選手のロイ・ハラデイがつけていたため永久欠番になる可能性があり、新しい背番号として『3』を選んだ[54]

選手としての特徴[編集]

アレックス・ロドリゲスケン・グリフィー・ジュニアといった高卒全体1位指名のスター選手と比較される逸材である[55]。身長6フィート3インチ(約191cm)・体重220ポンド(約100kg)という恵まれた体格を持ち、左打席から鋭いスイングを繰り出す。アマチュア時代のポジションは主に捕手であり、三塁手遊撃手を務めることもあった。プロ入り後は打撃と強肩をより生かすために、外野手にコンバートされることになった[56]

高校時代の守備位置は捕手であったが、投手としても活躍し、最速96mph(約154km/h)の速球に加え、カーブチェンジアップも操っていた[10]

人物[編集]

ビッグマウスで、目標を聞かれると「殿堂入りさ。史上最も偉大な野球選手と思われたいね」と語り、GQ誌で「球界にはもっとスーパースターが必要だ」「アルバートと俺は互いに尊敬し合っている」と発言した。A+級ポトマックでプレーしていた頃は、ホームランを打った後感触を味わうように打球を見送り、投手に何か言われるとホームインの時にキスの仕草で応じ、「エフ(ファック)・ユー」とつぶやいた。走攻守に秀でた才能と共にこういった部分を指して、GQ誌は「ネクスト・バリー・ボンズ」と形容した[57]

ピート・ローズミッキー・マントルのファン[58]

野球をより人気のあるスポーツにするためには、感情をもっとあらわにするべきだと考えており、MLBに存在する「不文律」を嫌っている[59]。この考えを広めるため「MAKE BASEBALL FUN AGAIN」というスローガンを掲げ、Tシャツや帽子などのグッズを販売した[60]

2019年6月、アメリカの経済誌フォーブスは2019年版の世界のアスリートの年収を公表した[61]。ハーパーの年収は4450万ドルであり、野球選手でマイク・トラウトに次ぐ2位、世界のスポーツ選手で23位にランクインした。

エピソード[編集]

天才ぶりは幼いときから知られ、9歳のときには、すでに、「雇われ選手」として、全米各地の大会に出場するようになっていた(米国では少年野球がビジネス化、名門チームが戦績を上げて名を売るために、大会ごとに優秀選手を金で雇う行為が常態化している)。ハーパーが12歳のときに大会に出場した際、彼は大会が行われたアラバマから電話で母親のシェリに「まあまあの成績だった」と言ってきたが、その後コーチから「まあまあ」の中身が12打数12安打・11本塁打であることを知らされた。母親が「息子は天才」とはっきり認識するようになったのは、その瞬間だったという[62]

2018年、ナショナルズは本塁打競争を前に特定の5試合について、ハーパーが本塁打を放つごとに1ドルずつチケットの代金を下げると告知していた。実際に本塁打競争でハーパーが打球を45本スタンドに運んだことで、販売中のチケットの最低価格は1ドルになり、ナショナルズはツイッター上で球団の経理部に対して公に謝罪の言葉を伝えている[63]

ハーパーとフィリーズの契約合意が発表されてからの24時間で試合チケットが10万枚を売り上げた。また、新天地のユニフォームは発売から最初の24時間、48時間でともに米プロスポーツ史上最高の売り上げた[64][65]。それはNBAのスーパースター、レブロン・ジェームズの記録を超えるものだった。さらに、フィリーズのグッズは前年同期比5000%増の売り上げを記録した[66]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 WSH 139 597 533 98 144 26 9 22 254 59 18 6 3 3 56 0 2 120 8 .270 .340 .477 .817
2013 118 497 424 71 116 24 3 20 206 58 11 4 3 4 61 4 5 94 4 .274 .368 .486 .854
2014 100 395 352 41 96 10 2 13 149 32 2 2 3 1 38 4 1 104 6 .273 .344 .423 .768
2015 153 654 521 118 172 38 1 42 338 99 6 4 0 4 124 15 5 131 15 .330 .460 .649 1.109
2016 147 627 506 84 123 24 2 24 223 86 21 10 0 10 108 20 3 117 11 .243 .373 .441 .814
2017 111 492 420 95 134 27 1 29 250 87 4 2 0 3 68 11 1 99 15 .319 .413 .595 1.008
2018 159 695 550 103 137 34 0 34 273 100 13 3 0 9 130 16 6 169 7 .249 .393 .496 .889
MLB:7年 927 3957 3306 610 922 183 18 184 1693 521 75 31 9 34 585 70 23 834 66 .279 .388 .512 .900
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF) 一塁(1B)
















































2012 WSH 92 200 4 4 1 .981 7 14 0 0 0 1.000 65 97 4 3 2 .971 -
2013 9 16 1 0 0 1.000 97 150 11 5 1 .970 16 36 1 1 0 .974 -
2014 7 10 0 1 0 .909 90 147 9 3 0 .981 10 9 0 0 0 1.000 -
2015 13 28 1 0 0 1.000 - 140 269 8 7 2 .975 -
2016 - - 143 256 5 2 1 .992 -
2017 - - 110 173 8 2 2 .989 -
2018 63 141 1 2 0 .986 - 116 144 0 1 0 .993 1 0 0 0 0 .---
MLB 184 395 7 7 1 .983 194 311 20 8 1 .976 600 984 26 16 7 .984 1 0 0 0 0 .---
  • 2018年度シーズン終了時

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

MiLB
MLB

背番号[編集]

  • 34(2012年 - 2018年)
  • 3(2019年 - )

代表歴[編集]

  • 2008 U-16 アメリカ合衆国代表
  • 2009 U-18 アメリカ合衆国代表

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2008年にナショナルズから31巡目[3]、2010年にカブスから27巡目[4]、2011年に再びナショナルズから30巡目で指名され[5]、8月15日に契約を結びプロ入りを果たした。
  2. ^ 2014年と2015年は、25人枠に30日間・60日間・90日間・120日間に在籍するたび、12万5000ドルが追加され、1年間で最大50万ドル、2年間で最大100万ドルが追加される。
  3. ^ 2011年と2012年はそれぞれ50万ドル、2013年は75万ドル、2014年は90万ドル、2015年は100万ドル。契約金は625万ドル[18]
  4. ^ 過去の3人はアルフォンソ・ソリアーノアダム・ダンライアン・ジマーマン
  5. ^ 上位2人はジョニー・ベンチスタン・ミュージアル
  6. ^ 上位7人はメル・オットトニー・コニグリアロエディ・マシューズアレックス・ロドリゲスアンドリュー・ジョーンズミゲル・カブレラジョニー・ベンチ
  7. ^ これは前年のマニー・マチャドとタイ記録である[43]

出典[編集]

  1. ^ Bryce Harper Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年3月1日閲覧。
  2. ^ Bryan Harper Minor Leagues Statistics & History” (英語). Baseball-Reference.com. 2019年3月1日閲覧。
  3. ^ Washington Nationals 2008 Draft Selections MLB.com Washington Nationals (英語) 2016年9月19日閲覧
  4. ^ Chicago Cubs 2010 Draft Selections MLB.com Chicago Cubs (英語) 2016年9月19日閲覧
  5. ^ Washington Nationals 2011 Draft Selections MLB.com Washington Nationals (英語) 2016年9月19日閲覧
  6. ^ Baseball's Lebron
  7. ^ Teen bopper The Boston Globe(2009/03/10)
  8. ^ 2005 Baseball For The Ages Baseball America
  9. ^ a b USA Baseball Alumni: Players (Since 1984) USABaseball.com: The Official Site of USA Baseball: Home (英語) 2017年6月4日閲覧
  10. ^ a b c d Just 16, prep phenom lands SI cover MLB.com(2009/06/04)
  11. ^ Sports Illustrated discovers Las Vegas High baseball standout reviewjournal.com(2009/06/02)
  12. ^ Article from the Las Vegas Review Journal
  13. ^ International Power Showcase page about Bryce Harper
  14. ^ Harper ready to give college try Las Vegas Review-Journal.(2009/06/14)
  15. ^ Southern Nevada - Season Statistics,2010年8月17日閲覧
  16. ^ Award honors Harper as nation's top amateur baseball player,Las Vegas ReviewJournal.com(英語),2010年8月17日閲覧
  17. ^ Washington Nationals select outfielder Bryce Harper first overall in 2010 First-Year Player Draft MLB.com Washington Nationals Press Release (英語) (2010年6月7日) 2016年9月19日閲覧
  18. ^ Nationals sign Bryce Harper for $9.9M”. ESPN MLB (2010年8月17日). 2014年12月21日閲覧。
  19. ^ Washington Nationals agree to terms with Bryce Harper, first overall selection in 2010 First-Year Player Draft”. MLB.com Nationals Press Release (2010年8月17日). 2014年12月21日閲覧。
  20. ^ 【MLB】2010年“ドラ1”B.ハーパーがメジャー昇格へ
  21. ^ 超有望株B.ハーパー、上々デビューもチームは敗戦
  22. ^ 浜雄一郎「ストラスバーグ&ハーパー 怪物伝説」『月刊スラッガー』2012年8月号、日本スポーツ企画出版社、2012年、雑誌15509-8、12頁。
  23. ^ 注目新人B.ハーパーがメジャー初本塁打 ナショナルズ勝利
  24. ^ Harper hits 20th home run, Nats beat Phillies
  25. ^ Bryce Harper wins National League Rookie of the Year award”. Washington Post. 2019年3月1日閲覧。
  26. ^ Boras: Bryce Harper will not play in the World Baseball Classic
  27. ^ Altuve, Morneau, Harper to play in Japan series MLB All-Stars to participate in five games against national team in November
  28. ^ 日米野球のMLB選手確定!今季16勝のシューメーカーら追加発表
  29. ^ 2015年は250万ドル、2016年は500万ドル。
  30. ^ Bill Ladson (2014年12月15日). “Harper, Nats reach 2-year deal, avoiding grievance”. MLB.com. 2014年12月21日閲覧。
  31. ^ Bill Ladson. “Harper hits three homers, one a 445-foot blast Youngest player since 1969 to accomplish feat”. MLB.com. 2015年5月21日閲覧。
  32. ^ Harper clubs 5 homers in 2-game span MLB.com 英語 (2015年5月9日) 2015年5月28日閲覧
  33. ^ Harper 'doing everything well' in hot stretch MLB.com 英語 (2015年5月9日) 2015年5月28日閲覧
  34. ^ Bryce Harper of the Washington Nationals named NL Player of the Week MLB.com 英語 (2015年5月11日) 2015年5月28日閲覧
  35. ^ Nationals RF Bryce Harper named National League Player of the Week MLB.com 英語 (2015年5月18日) 2015年5月28日閲覧
  36. ^ September 16, 2015 WSN VS PHI] - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年9月18日閲覧。
  37. ^ Harper unanimous BBWAA NL MVP after huge year” (英語). [MLB.com (2015年11月19日). 2016年4月16日閲覧。
  38. ^ メジャーのMVPにハーパーとドナルドソン ハーパーは史上最年少の満票受賞”. BASEBALL KING (2015年11月20日). 2015年12月5日閲覧。
  39. ^ Bryce Harper is eighth-youngest to reach 100 home runs” (英語). ESPN (2016年4月14日). 2016年4月16日閲覧。
  40. ^ 【米国はこう見ている】昨季MVP打者が「0打数7出塁」のMLB記録 1試合6四球も最多タイ記録に
  41. ^ Bryce Harper wins NL Player of the Week” (英語). MLB.com. 2018年12月3日閲覧。
  42. ^ Giants, Nats scrap after Harper hit by pitch MLB.com (英語) (2017年5月29日) 2017年6月4日閲覧
  43. ^ Strickland (6 games), Harper (3) suspended MLB.com (英語) (2017年5月31日) 2017年6月4日閲覧
  44. ^ 大リーグ機構 乱闘騒ぎの2選手に出場停止処分スポーツニッポン 2017年5月31日
  45. ^ Harper's suspension cut to 3 games MLB.com (英語) (2017年5月31日) 2017年6月4日閲覧
  46. ^ Bryce Harper hit his 150th career homer ... at the same exact age Mike Trout did MLB.com (英語) (2017年8月7日) 2017年8月8日閲覧
  47. ^ Nationals' Bryce Harper injured, exits game” (英語). MLB.com. 2018年11月25日閲覧。
  48. ^ “Nationals' Harper 0-for-2 in return from DL” (英語). ESPN.com. http://www.espn.com/mlb/story/_/id/20827741/bryce-harper-washington-nationals-reinstated-disabled-list 2018年11月25日閲覧。 
  49. ^ Harper, Nationals agree to 2018 contract”. MLB.com. 2017年9月10日閲覧。
  50. ^ “Mookie Betts, Bryce Harper headline All-Star rosters” (英語). SI.com. https://www.si.com/mlb/2018/07/08/mlb-all-star-rosters-complete-names-teams 2018年12月3日閲覧。 
  51. ^ Harper wins 2018 HR Derby”. MLB.com. 2018年7月18日閲覧。
  52. ^ Bryce Harper wins NL Player of the Week” (英語). MLB.com. 2018年12月3日閲覧。
  53. ^ Bryce Harper deal with Phillies”. MLB.com. 2019年3月1日閲覧。
  54. ^ フィリーズ入りブライス・ハーパーは、なぜ背番号3を選んだのか?”. www.sportingnews.com. 2019年4月7日閲覧。
  55. ^ Bryce Harper's Goal Is To Play For The New York Yankees
  56. ^ Bill Ladson,2010年8月17日,Nats, Harper agree right before midnight,MLB.com(英語),2010年8月17日閲覧
  57. ^ 浜雄一郎「ストラスバーグ&ハーパー 怪物伝説」『月刊スラッガー』2012年8月号、日本スポーツ企画出版社、2012年、雑誌15509-8、12頁。
  58. ^ 浜雄一郎「ストラスバーグ&ハーパー 怪物伝説」『月刊スラッガー』2012年8月号、日本スポーツ企画出版社、2012年、雑誌15509-8、12頁。
  59. ^ Bryce Harper rips baseball's unwritten rules: 'It's a tired sport'”. USA TODAY. 2019年3月5日閲覧。
  60. ^ Bryce Harper's mission make baseball fun again”. ESPN NEWS. 2017年8月8日閲覧。
  61. ^ The World's Highest-Paid Athletes Forbes 2019年6月13日閲覧。
  62. ^ 『Sports Illustrated』2009年6月号。
  63. ^ “ハーパーの本塁打競争優勝でナショナルズ悲鳴、チケット代金が1ドルに”. (2018年7月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/3182797 
  64. ^ ハーパーがレブロン超え!フィリーズは早くもホクホク 新ユニ売り上げが史上最高記録を更新”. ベースボールチャンネル. 2019年3月5日閲覧。
  65. ^ Bryce Harper sets pro sports jersey sale record”. MLB.com. 2019年3月5日閲覧。
  66. ^ Bryce Harper's Phillies jersey sets 24-hour sales record” (英語). www.sportingnews.com. 2019年3月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]