アンドレ・イーシアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アンドレ・イーシアー
Andre Ethier
Andre Ethier CU.jpg
現役時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州フェニックス
生年月日 (1982-04-10) 1982年4月10日(36歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2003年 MLBドラフト2巡目
初出場 2006年5月2日
最終出場 2017年10月1日
年俸 $18,000,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アンドレ・エバレット・イーシアーAndre Everett Ethier, 1982年4月10日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックス出身の元プロ野球選手外野手)。左投左打。

実弟も元プロ野球選手で、2010年のMLBドラフト32巡目でロサンゼルス・ドジャースに入団したデボン・イーシアー

経歴[編集]

2001年MLBドラフト37巡目(全体1121位)でオークランド・アスレチックスから指名されたが、契約には至らなかった。

2003年MLBドラフト2巡目(全体62位)で再びアスレチックスから指名され、プロ入り。

2005年オフにミルトン・ブラッドリーアントニオ・ペレス英語版とのトレードロサンゼルス・ドジャースへ移籍した。

2006年は開幕を傘下のAAA級ラスベガス・フィフティワンズで迎えたが、5月2日にメジャーデビューを果たした。デビュー2戦目となる翌3日には本塁打を記録。5月19日には5打数5安打を記録。ルーキーイヤーは126試合に出場し、持ち前のミート力を生かしてシーズン打率.308・11本塁打・55打点を記録。新人王の投票で5位に入った。

2007年は、153試合に出場し、初の規定打席に到達。打率は.284と落としたものの、13本塁打・64打点を記録。2008年は打率.305・20本塁打・77打点と成績を伸ばした。

2009年はチームの主軸を担い、フル出場に近い160試合に出場。MLBタイ記録となるシーズン4本のサヨナラ本塁打を含む31本塁打、6本のサヨナラ安打を記録した[2]。同時に100打点超えも果たし、シルバースラッガー賞を初受賞した。

2010年オールスターに初選出された。シーズンでは、30本塁打・100打点は逃したものの、前年よりも高い打率.292をマークし、3年連続で20本以上のホームランを記録した。

2011年、2年連続での打率.292を記録。しかし、本塁打と打点は更に減少し、2009年と比べてそれぞれ20本塁打減、44打点減。前年と比べても12本塁打減、20打点減となった。一方で守備面では無失策に抑え、自身初のゴールドグラブ賞に選出された。

2012年、149試合に出場し打率.284・20本塁打・89打点という成績をマーク。本塁打は2年ぶりに20本を超え、打点も自己2位の数値だった。

2013年、142試合の出場で打率.272・12本塁打・52打点という成績をマーク。打率は低下したが、四球が4年ぶりに60を超えると出塁率も2年ぶりに.360を超えた。ただ、打撃三部門(打率、本塁打、打点)については、打点が自己最少、打率も自己最低(2009年が.2718、2013年は.2717)、本塁打は自己3番目に少なかった。これはそれまで中軸を任されていたが、この年はヤシエル・プイグエイドリアン・ゴンザレスハンリー・ラミレスなどの活躍で、2番または下位打線を打つことが増え、長打狙いから出塁重視の打撃に変わった。そのため、長打の減少は、打撃不振ではなく意図的だった結果の数字の低下であり、自身のすべき役割は果たしている。守備ではそれまで右翼手だったが、右翼と中堅手の併用となった。

2014年、外野陣がカール・クロフォードマット・ケンプ、プイグとなり、4番手の外野手となった。そのため、メジャー1年目の2006年以来となる規定打席未満に終わり、また打撃三部門ではいずれも自己ワーストの成績に終わった。

2015年、142試合に出場したが、2年連続で規定打席に届かなかった。しかし、打率.294・出塁率.366と復調した。

2016年2017年の2年間でわずか38試合・64打席の出場に留まり、オフに250万ドルの違約金で2018年における契約オプションを破棄されてFAとなった[3]

2018年は無所属で開幕した。7月25日に現役引退が発表され[4]8月3日にはドジャー・スタジアムで引退セレモニーが行われた[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 LAD 126 441 396 50 122 20 7 11 189 55 5 5 0 6 34 2 5 77 11 .308 .365 .477 .842
2007 153 505 447 50 127 32 2 13 202 64 0 4 0 8 46 12 4 68 10 .284 .350 .452 .802
2008 141 596 525 90 160 38 5 20 268 77 6 3 1 7 59 0 4 88 6 .305 .375 .510 .885
2009 160 685 596 92 162 42 3 31 303 106 6 4 0 4 72 10 13 116 19 .272 .361 .508 .869
2010 139 585 517 71 151 33 1 23 255 82 2 1 0 6 59 11 3 102 11 .292 .364 .493 .857
2011 135 551 487 67 142 30 0 11 205 62 0 1 0 3 58 9 3 103 8 .292 .368 .421 .789
2012 149 618 556 79 158 36 1 20 256 89 2 2 0 3 50 6 9 124 13 .284 .351 .460 .812
2013 142 553 482 54 131 33 2 12 204 52 4 3 0 3 61 11 7 95 9 .272 .360 .423 .783
2014 130 380 341 29 85 17 6 4 126 42 2 2 1 1 31 3 6 74 5 .249 .322 .370 .691
2015 142 445 395 54 116 20 7 14 192 53 2 3 0 3 43 2 4 75 11 .294 .366 .486 .852
2016 16 26 24 2 5 1 0 1 9 2 0 0 0 0 2 1 0 6 1 .208 .269 .375 .644
2017 22 38 34 3 8 1 0 2 15 3 0 0 0 0 4 1 0 10 0 .235 .316 .441 .757
MLB:12年 1455 5425 4800 641 1367 303 34 162 2224 687 29 28 2 44 519 68 58 938 104 .285 .359 .463 .822

年度別守備成績[編集]



左翼(LF) 中堅(CF) 右翼(RF) 一塁(1B)
















































2006 LAD 109 172 8 6 1 .968 - - -
2007 60 73 2 1 0 .987 - 102 176 8 4 1 .979 -
2008 41 48 3 2 0 .962 - 109 171 8 0 0 1.000 -
2009 - - 158 279 6 7 0 .976 -
2010 - - 132 223 6 1 2 .996 1 0 0 0 0 .---
2011 - - 126 243 8 0 0 1.000 -
2012 - 1 4 0 0 0 1.000 146 234 3 3 1 .988 -
2013 8 10 1 0 0 1.000 74 132 5 2 2 .986 54 105 2 0 2 1.000 -
2014 16 13 0 0 0 1.000 68 120 0 1 0 .992 15 20 1 0 0 1.000 1 5 0 0 0 1.000
2015 51 54 3 2 1 .966 1 0 0 0 0 .--- 80 123 3 2 1 .984 -
2016 4 5 0 0 0 1.000 - - -
2017 8 7 0 1 0 .875 - - -
通算 297 382 17 12 2 .971 144 256 5 3 2 .989 922 1574 45 17 7 .990 2 5 0 0 0 1.000

表彰[編集]

記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Andre Ethier Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Baseball-Reference.com. 2016年3月28日閲覧。
  2. ^ a b 野茂の16番の後継者はサヨナラ男(第537回): 蛭間豊章記者の「Baseball inside」”. スポーツ報知 (2010年5月7日). 2018年6月3日閲覧。
  3. ^ ドジャース イーシアとの来季契約選択権を破棄 ここ2年間は故障に泣く”. スポーツニッポン (2017年11月6日). 2018年6月3日閲覧。
  4. ^ Rowan Kavner (2018年7月26日). “Dodgers to honor Andre Ethier with retirement ceremony Aug. 3” (英語). Dodgers.mlblogs.com. 2018年8月7日閲覧。
  5. ^ Andy McCullough (2018年8月3日). “Andre Ethier says goodbye to Dodgers in pregame ceremony” (英語). LA Times. 2018年8月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]